*

SNS 仕事への想い 日記 普段の日常

飽和状態の治療院業界で、選ばれるためにしないといけないことは囲い込みなのか?

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

オリックスの金子千尋投手が早くも4勝目を挙げましたね。剛速球を投げるわけではない彼の強みは素早い腕の振りと球のキレ。しなやかな関節の使い方と「 脱力 」が大事だということを改めて気付かせてくれる投手ですね。

専門学校時代の同級生が顔を出してくれました

昨日はお昼の空き時間に、柔道整復師養成学校・明治東洋医学院時代の同級生・花岡くんが遊びに来てくれました。

彼は柔道整復師・鍼灸師の免許を持ち、大阪の茨木市で整骨院を経営しています。開院前も色々と話をさせていただいていたんですが、開院後は互いに時間が合わず久々の再会でした。

そんな彼の整骨院でも、ボクの治療院と同じく保険診療を辞め、自費診療に切り替えたそうです。

理由は複数あるようですが、その中でも「 やりがい 」や「 将来への想い 」が大きなウェイトを占めているそうです。

自費診療は保険診療よりも金額は上がりますが、切り替えてからも今のところ順調に進み、患者さんにも喜んでいただけているとのことで安心しました。

ボクたちが進むべき道について

そして色んな話をする中で、治療院業界に身を置く自分たちの将来についても話していました。

今がどうとかという話ではないんですが、これから先、時代が変わっていく中でどうしていくことが正解で、どういう形で進めていくのがいいのかなど、お互いに想いをぶつけていました。

整骨院、整体院、鍼灸院はもう飽和状態ですからね。そんな溢れかえって選ばれなくなっているご時世のせいか、生き抜くために、あの手この手を使って患者さんを集めている治療院さんが本当に増えてきました。

グーグル先生を使って治療院を検索すると、ちょっと笑いたくなるようなところもたくさん出てきます。笑

以前にも書きましたが、ボクたち治療院業界の人間は、修業時代に経営の勉強なんてする人はまず居ないので、開業後に壁にぶち当たる方が多いんです。

それで経営状態が苦しくなったり、先行きが不安になった時にいざ勉強を始めようと思ったら、目につくところはグレーな経営方法、ブラックな経営方法を教えてくれるところばかり。これが正解なのかなって思ってみんなそっちに進んでしまうんです。笑

患者さんに喜ばれているのであれば、もしかしたらそれでもいいのかもしれませんが、ボクは個人的には好かないです。

だって、自分がされたらイヤですもんね。

目先のお金を求め、売り上げを上げることだけに注視するなら「囲い込むような方法」を取った方がいいのかもしれませんが、それでは仕事にやりがいなんて感じなくなりそうですよね。

それにもし仮にボクが選ぶ側の人間なら、お金ばっかり求めているのが見えるところに自分のからだは預けたくないです。

そりゃ、人間なんでボクも目先のお金に目がいくこともあります。優雅に暮らせるならその方がいいです。

ただ、そうやって囲い込むような形でお金をいただいても、仕事自体は楽しくなくなるだろうな~って思います。

だから、ボクはやらないです。

そんなボクみたいなやり方はたしかに時間は掛かるかもしれませんが、ひとりひとりの患者さんに求められていること・必要とされていることをしっかりと提供し続け、想いを伝え続けていれば、それを求めて来て下さる方も出てくるだろうし、その想いが伝わる時がくると思うんですよね。

自分を知ってもらうことの大切さ

ボクが開業して今年の10月で丸5年になりますが、その間ににたくさん情勢が変わりました。

業界の動向も変わりましたし、社会の動向も変わりました。スマホなんて当時こんなに普及していませんでしたよね。

これから5年先の未来なんて誰にも分からないし、10年先なんてもっと分かりません。

そんな目まぐるしく社会が動いていく中で、囲い込むような手法で選ばれる時代がいつまで続くのかなって思います。

選ぶ方々にも知恵はついてきますし、もう薄々感じている人も多いので、おそらくそう長くは続かないですよね。

だからこそ、自分の想いを自分の言葉でしっかりと伝えることが、これから先もっともっと大事になってくると思うんですよね。

ゆっくりしたい休憩時間や仕事終わりにそんな時間を割くのはたしかに大変かもしれませんが、相手にとって役立つことや自分の人間性が分かるようなことを伝え続けていくことは、どんなに大きく時代が変わっても大切にすべきことだとボクは思います。

ま、色んな考え方があるので、ボクのだけが正解だとは言いませんけどね^^

同級生と共に話していたのは概ねそんなことでした。

花岡くん、来てくれてありがとー!

本日は以上です!それではまた明日~♪

慢性的なからだの不調、
生理痛や冷え症、不妊症や逆子、
頭痛やめまい・不眠や食欲不振などの自律神経症状でお悩みなら、
城東区・段上はり灸整骨院
日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年9ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, 仕事への想い, 日記, 普段の日常