*

健康 豆知識

GW中、こどもさんに起こりやすい熱中症。炎天下で過ごす時の6つの対策。

このところスタメンを外れることの多かった阪神タイガースの鳥谷選手と高山選手が、代打で存在感を見せましたね。新外国人のキャンベル選手や若手の中谷選手のスタメン起用により、去年よりも競争が激化。そんな起用の中でも結果を残してくれると監督としては有り難いですね。

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

先日の黒板に書いたように、だんじり中心のゴールデンウィークですが、今日はゆっくりだったので近くのカフェに行ってきました。

気を付けたいこどもさんの熱中症

お仕事中心で連休のない方もおられるかと思いますが、一般的に見ればゆっくりと過ごすことが出来る方が多いゴールデンウィーク。

全国的にお天気も良いそうなので、ご家族やママ友たちと一緒にバーベキューやキャンプ、公園で遊んだりと屋外で過ごす時間が多くなるのではないでしょうか。

大阪でも最高気温が25~26度近くになると言われるそんなゴールデンウィークで、何よりも気を付けていただきたいのが熱中症です。

「 いやいや、真夏に比べてまだまだ大したことないやん 」と感じるかもしれませんが、夏のように暑さに慣れていないこのぐらいの時期にも実は結構多いんです。

特に、動くとすぐに体温が上がってしまう小さなこどもさんには注意が必要なので、熱中症にならないための対策を少しお伝えしたいと思います。

覚えておきたい6つの熱中症対策

1.帽子をかぶる

東洋医学では「 熱 」は上にあがる性質があると言われています。動き回って熱が上にあがることと、太陽の光が直接当たることにより頭に熱を帯びやすくなります。

こどもさんは動き回って帽子を落とすことも多いと思いますが、キャップや麦わら帽などは極力かぶるように心掛けて下さいね^^

2.濡らしたハンドタオルで汗を拭く

こどもさんは休むことなく動き回るので、汗もいっぱいかきますよね。

人間は、そうやって汗をかくことでからだにこもってしまった熱を外に逃がし、体温を下げようとします。なので汗をかくことは悪いことではありません。

ただ、かいた汗を蒸発することで体温を下げていくので、乾いたタオルで拭いてしまうと上手く蒸発しにくくなり、熱がこもりやすくなってしまいます。

そのため、乾いたタオルではなく、少し水に濡らしたタオルで汗を拭きとる方が、蒸発しやすく体温も下がりやすくなります。

塩分が生むベタベタも解消できるのでやってみて下さいね~♪

3.首筋や脇の下を冷やす

それでもやはり熱がこもり、体温が上がってしまうので、こまめにからだを冷やす時間を作ることが大切です。

こどもさんは、どうしても楽しさのあまり、休むことなく動き回ってしまう癖があるので、長時間外に居る場合は適度に日陰に入り、大きな血管が通る首筋や脇の下を氷水や濡れタオルなどで冷やしましょう。

4.こまめに水分と塩分を補給する

ここ数年メディアでもよく取り上げられているのでもう十分ご存知だと思いますが、水分だけでなく塩分もこまめに補給するようにしましょう。

スポーツドリンクを飲んだり、熱中飴やラムネなど、こどもさんが好んで口に出来るような物をカバンに入れておきましょう^^

5.睡眠をしっかりと摂る

どんなにしっかりと対策を摂っても、体調が良くないと熱中症は起こりやすく、症状もキツくなりやすいです。

長期の休みが続くと寝る時間も遅くなり、翌日に疲れが残りやすくなってしまうので、外で遊ぶことが分かっている前日は早めに布団に入るよう心掛けましょう^^

6.脱ぎ着をしやすい服装で着替えも用意しておく

たくさん対策をお伝えしましたが、一日中外に出ていると汗もたくさんかき、エネルギーも消費してしまうので、熱中症だけでなく風邪も引きやすくなってしまいます。

動き回ることと朝・昼・晩の寒暖差が大きいことを考え、脱ぎ着がしやすい服装で行き、暑ければ脱ぐ、寒ければ着るという風に心掛けましょう。

そして、汗をかいたり水に濡れたりすることも考えて、着替えは多いめに持って行きたいですね。ちょっと荷物が多くなってお母さんが大変ですが、休み明けに風邪を引いて仕事を休んだりするよりはいいですよね^^

 

今挙げた対策は、こどもさんだけでなく大人の方にも当てはまることなので、そういったことを少し頭に入れながら、事故・ケガのない楽しいゴールデンウィークを過ごして下さいね♪

本日は以上です!それではまた明日~♪

連休の日程はコチラです^^

慢性的なからだの不調、
生理痛や冷え症、不妊症や逆子、
頭痛やめまい・不眠や食欲不振などの自律神経症状でお悩みなら、
城東区・段上はり灸整骨院
日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、城東区鴫野にパーソナル施術の鍼灸院をオープン。完全予約制、1日7名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年以上毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-健康, 豆知識