*

SNS 日記 普段の日常 黒板

互いに好きなことを伝えていたからこそ生まれた結果。

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

巨人・菅野投手の4試合連続完封を防いだ阪神タイガース。リーグ最多失策を記録しながら首位に居られるのはチームが上手く機能しているから。開幕から盤石のリレーを見せている中継ぎ・抑えが崩れ出した時が正念場になるでしょうね。

わざわざお越しいただき、お選びいただいたことの有難さ。

「 治療を受けたいのはもちろんのこと、野球談議もしたいです。いや、むしろ野球談議がしたいです。 」

と、Facebookのメッセンジャーでそれを送ってきて下さったのは、千葉県習志野市を拠点に活動する「窓サッシの専門家」高橋俊生さん

今まで一度もお会いしたことがありませんでしたが、ボクのブログを見て興味を持って下さり、去年 ご丁寧にメッセージを添えてSNSのご申請をいただきました。

それからボクもFacebookやブログを見に行かせていただくようになり、高橋さんが、野球が好きなこと、千葉ロッテ愛が強いこと、誕生日が同じであることを知りました。

これぐらい同じ趣味や共通点があると、親近感って湧いてきますよね。ボクはこの時点で勝手にそう思っていました。笑

そんなやり取りを続けていて、一昨日 こんなメッセージがありました。

「 火曜日に出張で大阪に行く予定があり、一泊することになりました。せっかく大阪に来たのだから、それなら絶対に段上さんに会いたいなって。プラスして、からだも診てもらいたいって思ったんですが午前中で予約を取れませんか?? 」

ちょうど午前中に一軒キャンセルがあり、そのお時間にご予約を入れさせていただきました。

それを受けて書いた今日の黒板はこんな感じでした。

はい。千葉には一度も行ったことがないので、土地の話は全く出来ません。ですが、野球の話ならなんぼでも出来ると思ったのでこんなことを書きました。

そして本当にご来院いただきました!!

 

新大阪駅のホテルから電車を乗り継いで下町の鴫野までお越しいただいただけでなく、お土産にと千葉ロッテマリーンズのタオルまでいただきました!

本当にありがとうございます!!

好きなことを伝えるということ

毎日SNSやブログの投稿を欠かさない高橋さん。空き時間がないぐらいお仕事も忙しいそうなんですが「 これから先、何もしないままでも順風満帆に仕事があるとは限らないから。 」と、先を見据えて取り組まれているそうです。

何もしなくてもいつまでも仕事があり続ければいいですが、将来のことなんか誰にもわかりません。「 それに自分ひとりじゃなく、働いてくれている従業員も居ますから。 」という言葉が特に印象的でした。

だからこそ、少し先を見据えて、時代に合ったことを取り入れられているんですよね。それはどんなお仕事でも同じことで、ボクたちの業界だって同じです。

道を歩けば治療院。美容室。コンビニ。そんな飽和状態にある中で選ばれることなんて、これから先もっともっと難しくなっていきます。

そう考えるとこうやって自分の想いや好きなことを伝えるというのはやっぱり大切なことなんですよね。

実際に、高橋さんもボクもこういった取り組みをしていなかったら、こうやってお会いする機会もなかったわけですし、改めてそんなことを強く感じさせられました^^

そういった気付きがあっただけでなく、野球の話もたくさん出来て、楽しい時間を過ごさせていただきました。お選びいただき本当にありがとうございました!嬉しかったです!!

ぜひぜひまたお会いしましょーっ!

本日は以上です!それではまた~♪
慢性的なからだの不調、
生理痛や冷え症、不妊症や逆子、
頭痛やめまい・不眠や食欲不振などの自律神経症状でお悩みなら、
城東区・段上はり灸整骨院
日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市城東区生まれ。毎年、徳島県の阿波踊りまで掛け付けるほどの生粋の祭好きで、自身も城東区鴫野のだんじり祭に参加する鍼灸師。
本格的な鍼灸治療を学ぶため、明治東洋医学院専門学校講師・並川一利氏に師事。4年間ほぼ無給で修業をし、生まれ育った町・鴫野で2012年10月、段上はり灸整骨院を開院。
家事を頑張り、仕事に励み、子育てや目標に向かって一生懸命走り続ける女性に、ゆっくりと過ごしていただけるようお一人ずつ施術するプライベート空間を提供。生理痛や冷え症、頭痛やめまい・不眠、不妊症や逆子など、自律神経やホルモンバランスを整える治療をメインにおこなっている。ブログは1年以上毎日更新中。姉2人の影響か、カフェやスイーツなど女子力高めな面も。

-SNS, 日記, 普段の日常, 黒板