*

SNS オススメのお店 仕事への想い 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常 黒板

鴫野という小さな町に、少しでも多くの方がやってくるように、これからもたくさん行動をしていきたい。

球団ワースト記録の13連敗を喫していた巨人がついに連敗を止めました。先発陣がしっかり抑えて中軸が打つ、昨日のような試合が出来れば失った貯金も取り返せるかもしれませんね。

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

今日はこんな黒板でした。

ご覧になられていない方は意味がわからないと思うので、まずはコチラのブログをご覧ください。

って見るほど価値があるものでもないですが。笑

その時に片方のすね毛を綺麗に全部剃り、残されたもう片方のすね毛も剃りました。そしたらとんでもない痒みに襲われて、今に至る次第です。笑

もしも剃るのなら、ちゃんとクリームを塗らないといけないことがわかりました(笑)

あ、おちゃらけたことばかりじゃなく、マジメな投稿もちゃんとしますよ。笑

昨日書いた黒板なんてマジメですよね。

ね、ちゃんとしたところもあります。

ただ実際、カタ~イ人間でもないので、理路整然と繕っていてもウソがバレてしまうし、自分もしんどくなるので、自分らしく投稿することを心掛けています。

同じものを買うなら、できれば知り合いから買いたい。

そんな想いも込めながら書いた昨日の黒板。あたかも知り合いのお店の雰囲気を出してますが、ひだまり菓子店さんに行ったことは一度もありません。笑

だから実際にどんな方がされているのかも知らないんです。

TwitterやInstagramに載せたように、お菓子はいただきましたが、それもつい先日の話です。

ボクは生まれ育った町で開業をしています。

地域のだんじり祭にも参加していて、町会の役員も務めています。

だから自ずと、何かを買う時、何かを食べる時なんかは地元のお店で消費することが多いんです。

院内に掲示してある地元のお店屋さんの名刺も、行ったことがあるお店ばかりで、そこがどんなところなのか、どんな人に合うのかを逐一説明できるぐらい、この町に愛着があります。

でもなぜ、オープンから11年も経つひだまり菓子店さんに行ったことがなかったのか。

それは全く「 つながり 」がなかったから。

物を買う時に、できるなら、知らない人よりも知っている人から買いたいし、つながりのないお店よりもつながりのあるお店から買いたい、見ず知らずの人よりも患者さんとしてボクのところを選んで来て下さっている方を応援したい、これは誰でもそうだと思うんです。

そしてボクの場合は少し特殊で、だんじりでご祝儀をいただくところというのは「 いただいた分以上は還す 」という先輩方からの教えで、何かある度に極力伺うようにしています。( からだは一つしかないので、しょっちゅうは行けませんが )

まぁ、だんじりの世界に限った話ではなく、義理ってそんなものだと思います。

でも、ひだまり菓子店さんは「 そこ 」に当たらなかったので「 行ってみたいな~ 」と心では思いながらも、なかなか足が赴きませんでした。

小さな飲食店さんが、SNSでファンを作ることの大切さ

今回ひだまり菓子店さんでシュークリームを買ったのは、ボクもそうですが、母親も、姉もみんな気になっていたからなんです。

何でそんなに気になっていたかというと、SNSで色んな方が「 美味しい 」と教えて下さったから。

趣味や好きなことで繋がるInstagramは、カフェやパン・お菓子などの投稿をするフォロワーさんが多く居られます。

そんな方たちがこぞって、遠方からひだまり菓子店さんに来られていたんです。そして実際に「 素敵なお店ですよ 」「 どれも美味しいですよ 」「 近くにあったら毎日でも行きたい 」といった投稿をされていたんです。

それをずーーっと見ていると、だんだん興味が湧いてきて、知り合いでもなんでもないんですが「 知っているお店 」のような感覚になってきたんです。

SNSは「 遠い知り合い 」のような不思議な感覚になります。出来れば知り合いから買いたいってさっきも言いましたが、まさにそういう感覚になっていました。

それに、こうやって地元のお店屋さんが頑張っている姿を見ると、応援したいという気持ちになりますよね。

これまで、美味しいお店なのに「 人が来ない 」と言って潰れていく鴫野のお店屋さんをたくさん見てきました。

出来ればそんな姿はあまり見たくないです。

町全体が盛り上がり、「 わざわざ 」人が集まって来て下さるような町になっていってほしいのが本音です。

そのためには、ボクを含めたお店の店主ひとりひとりが、ひだまり菓子店さんのように行動を起こしていくことが大切だと強く感じます。

美味しい物を提供するお店なんて日本中どこにだってあります。だから「 ただ美味しい 」だけではなかなか選ばれない時代になっているんです。

結局のところは「 誰から買うか 」ですよね。

出来れば知り合いから消費したい、そういった意味で言えば、飲食店さんにとってSNSは最高のツールですね!今回改めてそんなことを感じました。

いつの日か、鴫野という町に、たくさんの人が集まる姿を待ち望みながら、これからもドンドン行動していきたいと思います!

少しウザめでしたが本日は以上です!

それではまた明日~♪

 
ひだまり菓子店さん→公式Instagram

頭痛やめまい、
不眠や食欲不振などの自律神経症状、
逆子や不妊症、
生理不順や冷え性などでお悩みなら、
城東区・段上はり灸整骨院
日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、城東区鴫野にパーソナル施術の鍼灸院をオープン。完全予約制、1日7名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年以上毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, オススメのお店, 仕事への想い, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常, 黒板