*

カラダについて ホルモンバランス めまい 健康 免疫力 女性のからだ 妊婦さん 産後 睡眠

「 母親 」という重みを感じ、知らず知らずのうちに頑張りすぎていませんか?

WBCで日本代表の4番を務めた横浜の筒香選手の調子が上がり出しました。テイクバック、ボールの捉え方、逆方向へのバッティングと去年と変わらないスイングを見せてくれているので、そろそろ量産体制に入りそうですね。

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

今日の黒板はこんな感じでした。

そんな変なところに筋肉痛が出てきたボクですが、ブログはマジメに書きますね。笑

知らず知らずのうちに、頑張りすぎていませんか?

「 親だからちゃんとしないといけない 」

先日初めてお越しになった「 動悸・めまい・胃の不快感・からだがだるく力が入らない・何かが乗っかったように肩が凝る・円形脱毛症 」というお悩みを訴えておられた女性の根っこの部分の原因が、この感情でした。

人って、ある程度までは頑張れるんですけど、ある一線を越えると頑張れなくなるんです。

そのある一線とは心が疲れた時

色んな感情がうごめき、緊張、不安、ストレス、責任感、怒り、悩みなど、一つではなく複数の出来事が同時にやってきた時にそういう状態になりやすいんです。

自律神経は「 他者によって乱される 」ともう何度も書いていますが、何も上司や苦手な人から受ける「 ストレス 」という感情がなくても、それが起こることがあるんです。

そういったことが起こりやすい方とは、お子さんを2人、3人と出産をして自分の時間が取れていない女性、そして、新しい環境にまだ慣れていない産後すぐ~1年前後のママさん。

結婚をするにあたっての準備段階からバタバタと忙しく過ごし、住み慣れない町での新しい生活が始まります。

環境に慣れずのまま、友達や頼れる人が近くに居ない中で授かった小さな命。

食べ物や飲み物、外出や運動など、お腹の中の赤ちゃんの負担にならないよう大切に毎日を過ごし、ボクたち男性陣には想像も出来ない程の痛みに耐えながら新しい命をこの世に宿します。

ホッとした気持ちもそこそこに、出産で使った体力を回復させる間もなく始まる「 母親 」としての生活。

母親であっても「 鉄人 」じゃなく一人の人間なんで、しんどくなる時も、辛い時も、気が乗らない時だってあると思うんです。

上手くいかない時も、腹が立つ時だってあるはずです。

そんな時に、仕事を休ませてもらっているから自分が頑張らないと…、こどものために…、母親だから…ってあんまり思い過ぎないようにしてほしいんです。

責任を持つこと、頑張ることは大切ですが、時には「 頑張りすぎない 」という感情を持つことも大切です。

この世に、どんな状況であっても心を乱さず、全てを器用にこなす完璧な人間なんて居ないわけですから。

高校時代に甲子園で春夏連覇を達成し、ドラフト1位で阪神に入団。1年目から10勝を達成したあの藤浪投手でも、今はたった18メートル先のキャッチャーミットめがけてストライクが入らない「 イップス 」という心の病気と闘っています。

頑張りすぎたり、気にしすぎたりすると、知らず知らずのうちに心が疲れてからだに影響を与えてしまうんです。

先日お越しになったその女性が「 独身時代は何にも気にせず、自由に楽しく過ごすのが好きだった 」と話してくれていたように、少しは育児の手を休め、自分らしく過ごすことも大切です。

「 大人 」や「 母親 」という責任を自覚することは大切ですが、重みを感じすぎないようにして下さいね。

まだまだ子育ても、人生も長くあるわけですから、本来の自分にフタをせず、適度に肩の力を抜きながら楽しく過ごしましょう^^

先日書いた「 夫婦共働き 」のことを書いたブログと少し似てしまいましたが、本日は以上です!それではまた明日~♪

 

頭痛やめまい、
不眠や食欲不振などの自律神経症状、
逆子や不妊症、
生理不順や冷え性などでお悩みなら、
城東区・段上はり灸整骨院
日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-カラダについて, ホルモンバランス, めまい, 健康, 免疫力, 女性のからだ, 妊婦さん, 産後, 睡眠