*

日記 普段の日常 豆知識

「 食のテーマパーク 」と言われるくら寿司で感じたワクワク感と、未来像。

熊本工業の山口翔投手が151キロを記録しましたね。前回テレビで見た時よりもバランスが数段良くなっていました。きっとこの期間に下半身と体幹の強化をテーマにやってきたんでしょうね。これからの成長が楽しみです!

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

今日の黒板はこんな感じでした。

鴫野南之町・今西会長様、情報のご連絡をいただき誠にありがとうございました。

2017年城東だんじり夏祭の詳細ブログに、上記の情報を追加しておりますので、良ければご覧下さい。

食のテーマパークへ

先日、母親の誕生日のお祝いで、姉の家族と共にご飯に行ってきました。

甥っ子、姪っ子のリクエストもあり、行ったのはやはりココでした。

▼こどもたちが喜ぶくら寿司

誕生日などのお祝い事や、みんなで外食をする時はこのくら寿司に来ることが多いです。

何でそんなに行きたがるかというと、一番はやはり「 楽しいから 」だと思います。

で、楽しいだけじゃなくて、お寿司も美味しいんです。

▼カツオのネギしょうが乗せ

まわらないお高いお寿司にしょっちゅう行くわけじゃないので、それがどのレベルなのかと言われてもよくわかりませんが、こどもだけじゃなく大人でも十分美味しいと感じる味です。

▼マグロユッケも美味しかった~

こどもたちの一番人気はやはり王道のマグロ!そしてこのハンバーグ!!

なかなかのフォルムですよね。笑

甥っ子なんかは最初に2個頼んで、後で1個追加して、計3個も食べていました。

その他にも牛肉が一枚べろ~んと乗っているお寿司があったり、

あぶりえびチーズなるものがあったり、

味玉なんかがあったり。笑

「 味玉 」はさすがに頼みませんでした。笑

でもホントに色んな種類のお寿司があって、どれにしようか楽しみながら食べることが出来るんです。

ボクらが小学生だった頃のくら寿司にはココまでの種類が無かったので、何かちょっと羨ましいな~なんて思います。笑

そんなことを思いながら眺めいるところを、知らない間に隠し撮りされていました。笑

▲もう興味津々です。笑

そんな大人たちこどもたちをワクワクさせる仕掛けは他にもあるんです。

▼言わずと知れたビッくらポン

食べ終わったお皿を専用の穴に投入し、5枚溜まるとガチャガチャみたいなのが出来る権利が与えられるんです。

▼1回目は外れました

▼2回目は見事あたりをゲット

今回の景品はポケモンのおもちゃでした。これは嬉しいでしょうね♪

ボクらの頃は「 机にお皿を何枚積み上げられるか 」みたいなことに楽しさを覚えていましたが、今のこどもたちはこの「 ビッくらポン 」に楽しさを見出しているんでしょうね。

これでお皿を数える手間も省けて「 あと1枚食べたらもう1回出来る! 」という風に、食べる枚数も増えますもんね。笑

コレ考えた人は天才ですね(笑)

▼他にもこんな楽しいものも

シャ、シャリコーラ!?笑

シャリコーラシュークリームに、プレミアかき氷シャリコーラなるものまで。笑

もう、興味津々です(笑)

で、気になりすぎて「 何事も経験だ! 」ということで注文しました。

飲んでビッくらポンでした!

これね、案外美味しいんです。笑

炭酸が効いてて、甘すぎず、シャリの酸味は全くなく、ほのかなコーラっぽさは残っている。

お酢の酸味があるのかなって思ったらそれが全然なくて、コーラに近いカルピスソーダみたいな感じです。

ボクの姉はこれを少し味見した後に、プレミアかき氷シャリコーラを頼んでいました。笑

▼その他に、うな丼なんかもありました

コーヒーもあるし、デザートもあるし、ラーメンもあるし、カレーなんかもあるんです。

もう何屋さんかわからないぐらいサイドメニューが充実していて、とにかく楽しい。

そんな中でも注文履歴が席にあるパネルで確認でき、ミスがないんです。

そして伝票もいらない。

枚数を自動的に数えるから、わざわざお皿を数えに来る必要もない。

注文も、流れてくるレーンのお寿司を取ったり、電子パネルで注文するので「 接客 」というものがそもそも必要ないんです。

テレビでよく見るお寿司屋さんの「 ヘイ、お待ち! 」的なスタイルじゃないので、お寿司を握る人の姿を目にすることもない。

それどころか、お店の予約も「 くら寿司専用アプリ 」を使うため、電話を受けるスタッフすらもいらない。

これから先「 人間の仕事がなくなる時代が来る 」なんてことをよく言われていますが、まさにくら寿司がそれを体現しているんじゃないかなって思います。

ボクらの頃にはあんなにたくさん居たスタッフさんも、今はかなり少ない人数で賄っていました。

そうやって色んなことを「 自動化 」しつつも、親子3世代で楽しむことが出来るという発想は本当に素晴らしいと思います。

くら寿司が「 食のテーマパーク 」と言われ、いつまでも流行り続ける理由が少しわかった気がします。

治療院には置き換えられないのかもしれませんが、そんなワクワク感のようなものを、もう少し感じてもらえるように出来ればいいな~なんて考えながらブログを書いていました。

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

頭痛やめまい、
不眠や食欲不振などの自律神経症状、
逆子や不妊症、
生理不順や冷え性などでお悩みなら、
城東区・段上はり灸整骨院
日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、城東区鴫野にパーソナル施術の鍼灸院をオープン。完全予約制、1日7名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年以上毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-日記, 普段の日常, 豆知識