*

SNS 仕事への想い 日記 普段の日常

年末の恒例行事の終焉と、フォロワー数・いいね数に応じて割引がある奄美大島のホテルについてのお話。

西武から巨人へ移籍した野上投手の人的保障の選手として、ルーキーイヤーに活躍した高木投手が指名されました。まだまだ年齢的にも若く、野上投手の穴を埋められる存在だと思うので、新天地でも頑張ってほしいですね!

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

今日の黒板はこんな感じでした。

と、こんなことを書いていたら最終日・29日のご予約が埋まってしまいました。

まだ他の日は空いていますので、ケアが必要な方はお早めにご連絡下さいね^^

そんな感じで年末感がずいぶん出てきましたが、この時期恒例の年賀状もついに終焉を迎えました。

▼並べるとインクが気になりますね。笑

今年は去年同様少なくしたので280枚。

12月8日から20日までの12日間を目安として「 1日23枚メッセージを書く 」という目標を掲げ、実行しました。

280枚書こうとすると途方もない数字に感じますが、1日23枚ならちょっと気持ちを入れれば書けますよね。

そんな感じで毎日積み重ねていったら、当初予定した通りの日に終わりました。

▼やっぱりちょっと達成感はあります。笑

ほんとにひとこと・ふたことぐらいしか書いていませんが、この思い出す作業がボクは結構好きだったりするので、楽しんで出来ました。

といっても、まだ師匠や兄弟子、前職の社長さん達用の数十枚が残っているんですけどね。笑

▼まぁ一応一段落したので、いっぷくを

タバコも吸わないしお酒も飲まないので、甘いもので体力回復です。笑

そんなことをTwitterに投稿していたら、おもしろいものを見つけました。

▼フォロワー数・いいね数に応じて割引があるホテルのツイート

奄美大島にある「 ホテル THE SCENE 」さんが打ち出した「 フォロ割 」という企画で、Facebook・Twitter・Instagramの友達数・フォロワー数を合算した分を「 1円 」として換算し、宿泊代からマイナスしてくれるというとてつもなく面白いサービス。

例えば、1泊2日夕食付・26000円のプランだとして、ボクの場合( Facebook約900人、Twitter約3300人、Instagram約1200人 )であれば、合算すると5400円分のマイナスになり、20600円で奄美大島のホテルに泊まれちゃうってことです。

で、これまたすごいのが、滞在中に投稿した写真のいいね数も「 円 」に換算され、割り引いてくれるとのこと。

Instagramの投稿1つにつき200のいいねが付いたとして、5つ投稿すれば1000円割引になるわけです。

ホームページにも書いていましたが、人によっては「 タダ 」になることも有り得ると…笑

いやー、これまじでハンパないですね。笑

今Twitterで話題沸騰中なので、これから行く人が一気に増えるかと思いますが、これはさすがに興味をそそられますよね。

一応期限は2月28日(水)までだそうなので、行ってみたいと思う方はぜひぜひ一度調べてみて下さいね^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

( ホテル THE SCENE )

 

 

辛い頭痛やめまいを伴うメニエール、

不眠や食欲不振などの自律神経症状、

逆子や不妊症、生理不順や冷え性などの
婦人科系症状でお悩みで
「 体質改善 」をご希望なら、
城東区・段上はり灸整骨院
日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年9ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, 仕事への想い, 日記, 普段の日常