*

カラダについて ダイエット 健康 女性のからだ 産後 豆知識

お正月で「 2~3キロ体重が増える 」けれど、しんどいダイエットはしたくないという方に向けたブログ。

大谷翔平選手に対して元メジャースカウトの小島さんが「 ケガのリスクもあるのでどちらかに絞るべき 」と書いた記事がNewspicsに上がっていました。日本でも数年前まで起こっていた議論ですが、それを誰よりもわかっているのは大谷翔平選手本人。承知の上でのチャレンジなのだから、たとえ短命に終わったとしてもやりたいように突き進んでほしいですよね。

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

新年2日目の今日は、朝からおせちを食べ、特に予定も入れずゆっくりと過ごしていました。

お正月ぐらいはこんな生活もアリですよね。

お正月になると体重が増えてしまう方へ

ですがそんな感じの生活を続けていると、お正月明けの仕事が始まった辺りには「 2~3キロ体重が増えていた 」なんていうことがありますよね。

そんな増えた体重。筋肉ならいいですが、脂肪として蓄えてしまった体重の増加は決していいものではありません。

姿勢が崩れてしまうために腰も痛くなるし、肩こり・頭痛も出やすくなるし、お腹が少し出るためにスタイルも綺麗に見えなくなってしまいます。

そんな増えてしまった体重を落とす一番の対策としては「 食べるな! 」「 飲むな!! 」と言いたいところですが、せっかくのお正月なんである程度食べたいですし、しっかりと飲みたいですよね。笑

特に年神様の御魂を分けていただくという意味合いがあるお餅は、食べないよりは食べている方がいいとボクは感じています。

ボクもめっちゃ食べますし。笑

なので、食べること、飲むことを前提にその対策を少し書きますね。

2~3キロ増えた体重を落とすために大切なこと

5キロほど増えたのなら落とすのは大変ですが、2~3キロならすぐに戻ります。

最も効率的で良い方法は筋トレ。

しっかりと筋肉を付けて、脂肪を燃焼し、キレイにカッコよく痩せる。

それがベストです。

でも、正月早々しんどいですよね。笑

出来る人はそれをやって下さいね、絶対にそっちの方が圧倒的に早くて効率的ですから。

ですが「 そんなしんどいことはしたくない! 」けど「 増えた2~3キロの体重を落としたい 」という方は、日常生活に「 プラスα 」をして1ヶ月ぐらい過ごして下さい。

ちょっとだけ手間を加えるってことです。

誰でも知っているかと思いますが、体重が増減する仕組みはカンタンで、

① 消費量 < 摂取量 = 太る

② 消費量 > 摂取量 = 痩せる

という図式で表すことが出来ます。

なので、摂取量( 食べること+飲むこと )が増えたなら、痩せるためにはそれ以上に消費量を増やさないといけないわけです。

その上で筋トレをしないという選択をするのであれば「 普段の生活 」にプラスαをして筋トレっぽくすることが必要になります。

どんな形であれ、結果的に

消費量 > 摂取量 = 痩せる

という図式を作ってあげればいいだけです。

例えば、福袋やセール品を買い物に行く時に目的地まで敢えて少し遠まわりをしたり、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使ったり、家でごろごろと過ごす場合なら、冷蔵庫の一番下の物を取る時に腰を曲げずにしっかりとお尻を落として取ったりといった形で「 ひと手間 」を掛けて下さい。

その他、親戚の家に行く際の駅までの道のりを早歩きで歩くとか、仕事が始まった通勤の際にしっかりと手を振って歩くとか、電車に乗っても座らずにお尻と太ももにチカラを入れて立って過ごすとか、普段おこなっている「 いつもの生活 」に意識をしてプラスαをすれば、1ヶ月もあれば元に戻ってきます。

ダイエットで最も良くないのは、数日で体重を落とそうとすること。

筋トレせずに2~3日で落とそうとすると「 過度な食事制限 」が必要になりますが、それをすると今ある筋力が落ちてしまい、キレイな痩せ方が出来ません。

見かけ上は同じ体重になっても、体脂肪率は上がっていることが多いので冷えもキツくなるし、代謝も落ちてしまうので、焦らずゆるやか~に落としていくという考え方が大切です。

そんなことを知っていれば、お正月に多少食べ飲みしても大丈夫ですよね。

ゆっくりと自由に過ごせるお正月なので、ぜひぜひ楽しんで下さいね~^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

 

辛い頭痛やめまいを伴うメニエール、
不眠や食欲不振などの自律神経症状、

逆子や不妊症、生理不順や冷え性などの
婦人科系症状でお悩みで
「 体質改善 」をご希望なら、
城東区・段上はり灸整骨院
日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-カラダについて, ダイエット, 健康, 女性のからだ, 産後, 豆知識