*

SNS 日記 普段の日常 野球

スマホから、時代の進歩を感じた何気ない一日。

阪神タイガースでも監督を務めた闘将・星野仙一さんが亡くなられたそうですね。朝のニュースを見てビックリしました。2003年の優勝の時に赤星選手と抱き合った姿に代表されるように、選手を大切にした監督でしたね。寂しいですが、たくさん夢を見させていただきありがとうございました!心よりご冥福をお祈りいたします。

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

今日の黒板はこんな感じでした。

明日が来る保証なんてどこにもないので、せっかく与えられた一日を楽しく過ごしたいですね♪

日々新しいことが生まれる世の中

昨日はたくさんの刺激を受けた一日でした。

▼まずはコチラ

福山雅治さんが、秋元康さんや天海祐希さんをはじめとするクリエイティブな方々から発せられる無茶なフレーズをまとめて「 歌を作る 」という番組を見ていました。

「 溶岩とバービー 」とか、そんな無茶苦茶な文章ある?ってぐらい歌詞にするには難しいフレーズをまとめて見事に歌を作ってしまいました。

ね、すごいですよね!フレーズにメロディーを載せて順番に読み上げるのではなく、ストーリーが繋がっていくように意味合いを持たせていくところがさすがプロですよね。

一人で「 すげぇー! 」って叫びながら見てました。笑

▼その他にコチラも

阪神・西岡剛選手のインスタライブ。

Instagramを使って、日本ハム・中田翔選手や西川遥輝選手と共におこなっている自主トレの様子をライブ中継してくれていたんです。

▼こんな近くで見れるなんて嬉しすぎます

プロ野球選手の自主トレ風景を見れるなんて、ひと昔前なら全く考えられなかったこと。

それを覗けるだけでなく、その場に居るかのような臨場感のある動画が自分のスマホで見れるなんて、ただただ感動でした。笑

▼コチラも嬉しい体験

Youtuberのクーニンさんが、ダルビッシュ投手の投球を実際に受けるという動画。

これまたダルビッシュ投手の速球のスピード感や変化球のキレを体感できるようなアングルで撮ってくれていて、疑似体験をしているようでした。

これもだいぶやばいです!

あ、すみません、空いた時間があると、いつもこんなことをしているただの野球バカです。笑

で、そんな刺激を受けた一日の極めつけが6年生の甥っ子の冬休みの宿題。

「 冬休みに家族と行った場所を書く 」という日記に、先日行ったスパワールドのことを書いていました。

「 僕は人生初の経験をしました。 」からの書き出しで、なかなか上手に書けているな~とオジさんバカぶりを発揮していると、今度はおもむろにスマホを触り出しました。

何してんの?と聞いたら「 スパワールドの絵を書いてんねん 」と答える甥っ子。

書いた日記の端っこに、その様子を「 絵 」として表現するところがあったんですが、スマホで「 スパワールド 」とGoogle検索し、それを参考にしながら絵を書いていたんです。

いやこれ、今では当たり前な日常ですが、ボクらがこどもの頃には到底考えられないような出来事ですよね。

昔なら見た記憶を辿って書くか、もらってきたパンフレットを眺めながら書くか、バカチョンカメラで撮った写真を現像して見ながら書くかという選択肢しかありませんでした。

そんな話を甥っ子にアツく説明すると「 ふーーん。 」って軽くかわされちゃいましたが、こういったことが当たり前になっている世の中ってホントにすごいなーって強く感じました。

インスタライブもYoutubeもGoogle検索も、甥っ子たち世代のこどもたちにはとっては当たり前の価値観。

これからどんどん新しいことが生まれていく世の中で、この子たちが将来を担う頃には一体どんな世の中に待っているんだろうって率直に思いました。

「 iモード 」が最先端だと思っていた人たちが、たった10年ほどでスマホ中心の世の中を作りました。

その10年後はきっと、我々には想像も出来ないような革新的な世の中になることだと思います。

そんな状況になった時に「 おっちゃんよう知ってるやん! 」と言われ続けるように、これからも新しいことにどんどん触れて、楽しんでいきたいと思います!笑

ゆるーいブログでしたが本日は以上です!

それではまた明日~♪

 

 

辛い頭痛やめまいを伴うメニエール、
不眠や食欲不振などの自律神経症状、

逆子や不妊症、生理不順や冷え性などの
婦人科系症状でお悩みで
薬に頼らない「 体質改善 」をご希望なら、
城東区・段上はり灸整骨院
日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。中学時代全国大会に出場するも、野球で右ひじを骨折し、左投げに転向。思うように好きな野球が出来なかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。その後数々の治療院で経験を積み、2012年10月、生まれ育った町・城東区鴫野で段上はり灸整骨院を開院。お灸とハリを用いて、頭痛・めまい・不眠の元となる「 自律神経の乱れ 」、生理痛・PMS・不妊の元となる「 ホルモンバランスの乱れ 」を調整する治療を専門におこなう。「 ほんの少し息が抜ける空間 」を作るため、施術はお一人ずつパーソナル、1日7~8名様限定で施術をおこなっている。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは2年6ヶ月以上毎日更新中!「 鍼灸師 ブログ 」でGoogle検索すると日本で最上位表示されるまでに。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, 日記, 普段の日常, 野球