*

だんじり 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常 町会 趣味

「 だんじり 」そして「 住んでいる町 」を通じて受けた恩は、やっぱり返していきたい。

阪神の島田選手、楽天の西巻選手が評価を上げているそうですね。どちらの選手も守備や走塁の評価が高かった選手ですが、そこに加えて打撃も注目され始めています。長所を最大限に生かしながらどんどんレベルアップしていってほしいですね。

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

今日の黒板はこんな感じでした。

昨日のブログ( だんじょー氏、ミラーレス一眼買ったってよ。 )にも書きましたが、先日一眼レフを買いました。レンズに興味を抱き始めたボクにぴったりの相田みつをさんの日めくりカレンダー。き、肝に銘じますっ!!

昨日は仕事終わりに天王田地車保存会の役員会( 寄り合い )に行ってきました。

少し祭の多い特殊な地区ですが、5月から始まる祭に向けて、こうやって着実に準備を重ねていっています。

そこで出た意見やこれからのことについて、そして4月22日の縁日BBQに関しての打ち合わせも兼ねて城東区鴫野のガード下にある「 ら・Seek! 」さんに行ってきました。

写真がこれしかなくてすみません。

それぐらいなかなかアツくなり、話も盛り上がっていました。

▼肉スタグラマーのインカメをお借りました

どんな話をしてたかっていうと、結局自分たちが住む鴫野・天王田という町のことについて。

先日の( 住んでいる町と、人の関わり方について )というブログでも書きましたが、ボクたちは「 だんじり 」というものを通じてたくさんのことを経験させていただきました。

たくさんの縁やつながりといった目に見えるものもそうですし、目に見えない温かさなんかも含めて、ホントに色んなものをこれまでにいただいてきました。

町に住む方たちとこれだけ近い関係で居られたのも、だんじりというものがあったから。

これがなけりゃ、今ほどに町の方と顔を合わす機会も少なかっただろうし、一回りも二回りも離れた人間に対して「 互いに名前を覚える 」という関係性でもなかったと感じています。

そんな色んな恩恵を受けさせていただいている鴫野・天王田の「 だんじり 」というものは、当たり前ですがボクたちの手で買ってきたわけではありません。

ボクたちの先輩たちが買ってきて下さいました。

そこにはきっと「 この町を良くしていこう 」という想いがたくさん詰まっていて、また色んな大変なこと、障害を乗り越えて持ってきて下さったはず。

そのお陰でボクたちは今がある。だからね、この恩はやっぱり次の世代のこどもだちに返していきたいって思うんです。

もちろんその想いは「 だんじり 」だけじゃなく「 生まれ育った町 」に対しても同じこと。

平穏に暮らせて、友達と無邪気に遊び、こうやって祭を楽しんでこれたのも、そんな環境を作ってくれた町の人たちが居たから。

たしかにね、町に対して何か行動を起こすって大変なんです。

でも、大変だからといって見て見ぬ振りをするんじゃなく、やっぱり「 将来のこども達のため 」に、自分達が経験してきたことを体験させてあげられる環境を作っていかないといけないと思うんですよね。

祭を楽しくおこなうことも大切だしそこが大前提、だけどこうやって恩恵を受けてきたからこそ、今まで以上に広い視野で捉えることも大切なんです。

ボクたち3人は高校生ぐらいから、写真後ろ側の3人は中学生ぐらいから「 町の行事 」にほぼほぼ全て参加してきました。だからこそ、みんなその想いが強いし、全員の意見がまとまっているんです。

それでもまだまだ力不足。年下のメンバーを含め、天王田地車保存会全体としても、まだまだその意識の共有が出来ていません。

でも少しずつみんなが行動していけば、きっと楽しい未来にできるはず。

そう信じて、一つでも多くことにチャレンジしていきたいなと感じています。

いつかボクたちが50~60歳ぐらいになった時に「 こいつらアホなこと考えよるな~ 」なんて言える後輩が出てくるのを信じて。

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸整骨院は、
カラダ本来が持つ「 治すチカラ 」を高め、
薬に頼らないカラダを取り戻していく治療院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状、

不妊症やPMS、逆子や冷え症などの
婦人科系症状でお悩みなら、
お力になれますので、お気軽にご相談下さい

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-だんじり, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常, 町会, 趣味