*

だんじり 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常 趣味

「 町をもっと大切に、こどもをもっと大切に 」休止状態のだんじりを再開させた方々のお話をたっぷりと聞けた、天王田地車保存会・新年会。

阪神のドラフト2位ルーキー・高橋遥投手が、ほぼストレートのみで2回を無失点に抑えました。あれだけ腕を振って球持ちの良い投手はなかなか居ないので、ケガには気を付けて杉内投手や和田投手のようにビックな選手になってほしいですね。

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。そこにも書いたように、昨日は天王田地車保存会の新年会でした。

場所は今年もKKRホテル・オリオンの間。夜景が綺麗で、大阪城も通天閣もあべのハルカスも見渡せる場所。

前・決起大会、現在は新年会となったこの集まりは、だんじりを守る僕たち保存会メンバーだけでなく、天王田町会・鴫野3‐5町会・鴫野3‐6町会の方々、女性部さんや子供会さん、天咲会さんたちと一緒に年一回楽しくお話出来る貴重な場。

たくさんの方にお集まりいただきました。

平野副会長の挨拶からスタート。

ちょっとコワモテの人も、見るからに優しそうな人も、

いつ何時でもブレた写真になってしまう先輩も、

お肉を食べ過ぎている人も、

現役を引退してサポート役にまわってくれている天咲会( てんしょうかい )メンバーも、

みんな良い笑顔でしたね^^

▼貫禄ありますが、右の彼は同級生です。笑

おちゃらけた感じなだけかよ、と言われるとそうでもなく、今年一年の役員の発表や、町元・曳行責任者・若頭から、今年の抱負や町に対する想いを述べる場もあります。

▼町会の中野さん撮影

もちろんそれは一方的なだけでなく、町会長をはじめ、

町の大先輩方から厳しくも温かいご意見も頂戴いたします。

どの方も言わんとすることは同じで「 ただ楽しいとか、酒を飲んで騒ぐということじゃなく" 天王田 ”のだんじりを守る立場にあることを自覚し、周りの地区や町会からも嘱望の眼差しを届けられるような行動をとり続けていってほしい 」と。

それは、長く祭を見てこられた方が感じる、今の祭の形態への危惧でもあります。

この会の後に70歳を越える方々とご一緒させていただきましたが、ホントにその部分を強く感じました。

「 町をもっと大切に、こどもをもっと大切に。これからの未来を作るのは君たちじゃなく、君たちのこども世代なんだから。 」

「 おれたちの飲み食い代のお金なんて減らしてもいいから、鳴物の練習を見に来てくれた小さなこどもたちにジュースやお菓子を買ってあげなさい。鳴物もどんどん叩かせてあげて。そうしてもらった体験は、こども達の頭の中に残るんや。それがないといつか祭は止まってしまう。 」と。

その上で、祭なんやからもっと楽しく、もっと優雅にやりなさいと仰っていただきました。

数十年前に曳かれなくなってしまった天王田のだんじりを「 もう一度おれたちの手で動かそうぜ 」と再開させた熱を持つ方々の意見は深く、貴かったです。

ボクたちがイメージし、実際に動いてきた道上にあるお話ばかりだったので、ものすごく響きました。

「 おれたちの頃は500人のこどもが天王田のだんじりを曳きに来ていた。時代は違うけど、おれらが生きてる間に八軒道路( メインの通り )に200人のこどもが居てる状態を作ってくれよ 」と温かい言葉をいただいので、各自ひとりひとりがたくさん行動し、想いを持って実現させたいと思います!

有意義な時間でした^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸整骨院は、
カラダ本来が持つ「 治すチカラ 」を高め、
薬に頼らないカラダを取り戻していく治療院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状、

不妊症やPMS、逆子や冷え症などの
婦人科系症状でお悩みなら、
お力になれますので、お気軽にご相談下さい

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。中学時代全国大会に出場するも、野球で右ひじを骨折し、左投げに転向。思うように好きな野球が出来なかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。その後数々の治療院で経験を積み、2012年10月、生まれ育った町・城東区鴫野で段上はり灸整骨院を開院。お灸とハリを用いて、頭痛・めまい・不眠の元となる「 自律神経の乱れ 」、生理痛・PMS・不妊の元となる「 ホルモンバランスの乱れ 」を調整する治療を専門におこなう。「 ほんの少し息が抜ける空間 」を作るため、施術はお一人ずつパーソナル、1日7~8名様限定で施術をおこなっている。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは2年4ヶ月以上毎日更新中!「 鍼灸師 ブログ 」でGoogle検索すると日本で最上位表示されるまでに。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-だんじり, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常, 趣味