*

SNS だんじり ブログ 仕事への想い 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常 鍼灸

師匠に怒られるであろう、どっからどう見ても「 仕事用の名刺 」がここに完成。

西武ライオンズに移籍した榎田投手が、移籍後初先発初勝利を飾りました。ルーキーの時から活躍した良いピッチャーなので、環境を変えて大きく飛躍してほしいですね。

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功( だんじょう いさお )です^^

今日の黒板はこんな感じでした。

今までは別のアプリを通してしかダウンロードすることが出来なかったInstagramの写真。ユーザーが不便に感じることをどんどん潰していく視点と行動力はさすがですね。

スキマ時間に進めていたある事について

昨日も仕事終わりに縁日BBQの打ち合わせへ。

集計を取っているとついに参加される方の人数が400人を突破。当日の天候や体調によって前後はあると思うので、ホントにそれだけの方がお越しになられるかはわかりませんが、楽しんでもらえるようにもう少し頑張りますね♪

そんな縁日BBQ、先日の結婚式二次会の段取りの合間に、実はもう一つ進めていたものがあったんです。

▼それがコチラ

はい。仕事用の名刺です。

もう今はあまり名刺を渡す機会が少なくなってきているのでそこまで必要性を感じていないんですが、今まで使っていた名刺があと数枚になったので、これはアカンと思って新しく作ることに。

▼以前の名刺はコチラ

ね、この名刺やばいでしょ。笑

昔からある形の超フォーマルな名刺なんで、たしかにこれはこれでいいと思うんですが、名刺を渡すってことは顔を覚えてもらったり、名前を覚えてもらう、もしくは自分ってこんな人なんです、なんていうことを知ってもらうツールなわけですよね。

で、あれば、これだけ色んな情報が目に飛び込んでくる時代に「 顔が載ってない名刺 」ももうやばいし、そもそも「 院長 」ってわざわざ名乗らなくてもいいし、保険の診療もしてないので「 柔整師( 整骨院の先生の資格 ) 」という表記ももう別にいらないなって。

名刺を「 自分を知ってもらうツール 」という観点で見るなら、ボクの場合は毎日書いてるこのブログを見ていただいた方が早いわけじゃないですか。なので、その導線を作りました。

「 鍼灸師 ブログ 」で検索すると日本で一番上に出てきますと書きましたが、お金を積んで検索の上位に持ってくる方が居ればボクの順位はどんどん下がっていくわけですが、現状日本で一番上なので、名乗っていいかなと。

で、そんな名刺の裏面はというと…

はい、だんじりの法被を着ています。笑

いやー、あんまりこんな名刺ないですよね。特に医療系の仕事をしている人で。

法被を着て、ハチマキを撒いて、黒板を持って、自己紹介やSNSの紹介をする。

ボクの周りにはこういうちょっと「 アホな人 」が多い分、特別頭を捻ったわけでもないですし、特別型破りな感じもしなかったんですが、出来上がって見てみると、あんまり普通じゃないですね。笑

そんな名刺をデザインして下さったのはもちろん、ニューズレターや縁日BBQのチラシ・パンフレットを作ってくれている天才デザイナーの昌美さん。

「 こんなイメージで 」とラフ画を持ち込んで、口頭で雰囲気を伝えて、素材となる写真を送ったら「 ものの2日程 」で名刺が完成。まじで仕事が早いし、天才です。そしてめちゃめちゃコスパがいい。いやー、まじで昌美さんにお願いすれば間違いないので「 自分もデザインを頼んでみたい 」という方はぜひボクまでご連絡下さいね^^

で、そんなだんじり感満載の裏面に込めた想いとしては、これを見れば大体どんなヤツかわかるだろう、ということ。

「 とにかくやってみる 」「 何事も楽しく 」という普段から持っている気持ちを書いて、スマホをイジってTwitterに投稿して、カフェに行って撮った写真をInstagramにアップしているということを、毎日書いている黒板に載せて、それを法被姿で持っていれば「 あ、コイツ変わったヤツだな 」と、ちゃんと伝わるんじゃないかなと。

まぁもしそこで全てが伝わらなくても、気になってくれた方はQRコードスキャンや検索をするだろうし、興味が湧かない人はそれでスルーするだろうし、それでいいんじゃないかなぁと思います。

そういった意味でいえば、ホントに思った通りの仕事用名刺が出来上がりました。

こんな感じの名刺を、現在も専門学校・大学の教員をしているボクの師匠に見せたらおそらく発狂ものですけどね。笑

もちろんね、師匠から教わった「 治療家としての在り方 」みたいなものはきちんと守っていますし、大切にしていますが、こういった「 時代の変化に対応していく 」というのも治療院を存続させていくために大切なこと。

腕一本で、HPもチラシも、何の宣伝もおこなわずにフェリーに乗って患者さんが集まってくるような治療家は日本を見渡しても稀。誰もがその域に到達出来れば何もやらなくてもいいですが、やっぱりそれは実力だけじゃなく運も関わってくるのでなかなか難しいです。

なのでボクはボクの道を進もうと。てなわけでそんな感じの名刺に相成りました。

直接会った時に渡せるように携帯しておくので、欲しいというモノ好きの方が居ればお声掛け下さいね^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸整骨院は、
カラダ本来が持つ「 治すチカラ 」を高め、
薬に頼らないカラダを取り戻していく治療院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状、

不妊症やPMS、逆子や冷え症などの
婦人科系症状でお悩みなら、
お力になれますので、お気軽にご相談下さい

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。中学時代全国大会に出場するも、野球で右ひじを骨折し、左投げに転向。思うように好きな野球が出来なかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。その後数々の治療院で経験を積み、2012年10月、生まれ育った町・城東区鴫野で段上はり灸整骨院を開院。お灸とハリを用いて、頭痛・めまい・不眠の元となる「 自律神経の乱れ 」、生理痛・PMS・不妊の元となる「 ホルモンバランスの乱れ 」を調整する治療を専門におこなう。「 ほんの少し息が抜ける空間 」を作るため、施術はお一人ずつパーソナル、1日7~8名様限定で施術をおこなっている。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは2年6ヶ月以上毎日更新中!「 鍼灸師 ブログ 」でGoogle検索すると日本で最上位表示されるまでに。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, だんじり, ブログ, 仕事への想い, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常, 鍼灸