*

SNS 仕事への想い 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常

小さなお店のオーナーも、サラリーマンも、情報発信が大切な時代。

ソフトバンクの柳田選手が楽天・岸投手の内角低めのボール球を打ち返し、ライトスタンドにライナーでホームランを放ちました。あんなスイングが出来る選手は日本人にはあまり居ないのでワクワクしますが、メジャーでどれだけ出来るのかも見てみたい気もしますね。

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

今日の黒板はこんな感じでした。

こんなことを書くと意外と予約が入るという法則があって、朝一番にご予約が入り、ブログを書き始めた今もご予約が入りました。笑

やっぱりこういうことも伝えていかないといけませんね^^

そして昨日は縁日BBQの集計を。どんな感じになるかわかりませんが、楽しいことは間違いないでしょうね。

小さなお店のオーナーも、サラリーマンも情報発信が大切な時代。

昨日のお昼間に、中学時代お世話になった硬式野球チーム・大阪東ボーイズ( 旧・大阪東ジャガーズ )の副代表さんから電話がありました。

「 段上さんのブログを拝見し、監督がえらく喜んでいて、すぐに電話をしてくれということでご連絡をさせていただきました。 」と。

▼その時のブログはコチラ

そう思っていただいて嬉しいな~っと思っていたら、まさかまさかお仕事に関する提案もいただきました。

球団のことを一人でも多くの方が知ってくれて、一人でも多くの方が入ってくれればいいなと思って書いた記事だったので、そんなお話が来るなんて全く思ってもいませんでした。

次から次へと色んなことが起こるブログってやっぱりすごいですね。やってなかったらと思うとゾッとします。

そんな情報発信を始めて2年2ヶ月。ご存知の通りブログもTwitterも毎日欠かさず投稿していますが、これはボクらのような小さなお店の経営者さんも、大会社の社長さんも、一般のサラリーマンさんも、こういったことはやるべきなんじゃないかなって感じます。

情報を発信する側にまわるとわかりますが、アウトプットはインプットがなければ成立しないわけですから。インプットするためには、その「 情報 」を取りに行く作業が必要です。

それがすごくためになります。

何か新しいことを始めようと思っても、結局「 自分の頭の中 」以上のことは生まれてきません。「 発想 」とか「 ひらめき 」って、あくまで「 自分が経験してきたことの集合体 」なんで、より良いものを出そうと思ったら、いかに自分の知らない知識を得るかってことになります。

だからこそ、感性が豊かな人たちの「 情報を取り入れる 」って大事なんじゃないかなってボクは感じます。

そんなことを、あのホリエモンが近畿大学を卒業する学生さんに語っていて「 ビビビッ 」ときたので写真でシェアしますね。

▼これからはただ働くだけじゃなく「 情報を取り入れることが大切だ 」と

ね、面白いこと言っていますよね。

興味のある方は、Youtubeで「 ホリエモン 近畿大学 」とご検索下さい。

あ、でも後で知ったんですが、これは平成26年なので4年前に語っていたことだそうです。考えていることが革新的ですよね。

そんなクリエイティブな頭を持てるように、素晴らしい方から日々情報を取り込み、自分の言葉で情報を発信していきたいと思います。

▼ちなみにボクの同級生も発信しています

バリッバリのフツーのサラリーマンの彼ですが、Instagramでお肉の発信をし続けていたら、お医者さんや社長さんたちで構成される「 美食会 」なる素敵な会に声が掛かるようになったそう。

そんな繋がりをたくさん持っているサラリーマンって会社にとったら貴重な存在ですよね。SNSで情報を取り込んでいるので、焼肉屋さんの情報もめちゃめちゃ持っていますし。笑

スマホネイティブ世代の子たちが、これからもっともっと新しいことを生み出していくはずなので、その波に乗っていけるようたくさん行動していきたいと思います!

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸整骨院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、
お気軽にご相談下さいね

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。1児のパパ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。500人規模のフェス「 縁日BBQ 」を主催。「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは6年間毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, 仕事への想い, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常