*

仕事への想い 日記 普段の日常 鍼灸

同じ釜の飯を食った仲間・兄弟子・師匠との学びの時間。

プロ野球も前半戦が終了しましたね。オールスターを挟んでの後半戦は一体どこが調子を上げてくるのか楽しみですね。

こんにちは!野球好き鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。ホントにInstagramからのご予約はほぼ全て美容鍼。SNSを使うユーザーの違いって確実にありますよね。

▼来て下さった方はコチラの女性

Twitterにアップしたらすぐに「 ダイナちゃん! 」とコメントが殺到しましたが、マックスブログ塾で一緒の敏腕ネイリスト・ダイナちゃんことさきちゃん。( Instagramのフォロワーさんも10000人を超えています→コチラ )

前からずっと気になっていたらしく、カラダのケアも兼ねてわざわざ鴫野まで来て下さいました。

久しぶりに会えて嬉しかったです!また時間を見つけて息抜きしにきて下さいね~^^

同じ釜の飯を食った鍼灸師仲間

はい。昨日は仕事終わりに梅田へ。

師匠・並川先生を中心に、中川先生、蓮元先生、熊本から松尾先生、滋賀から安江先生が集結。

▼需要が少ないことはわかっていますが、生きていることをPRしておきます

師匠・並川先生をはじめ、集まった6人のうち1人を除いて開業しており、2人を除いて学校の教員。

出会いの話から始まり、ボクらが弟子時代の話、卒業後の話、現在の話、業界の現状と今後の話など、深----い話をたくさん聞かせていただきました。この内容、DVDとかにしたら買いたい人が続出するだろうなーっていう内容。それぐらい濃いお話ばかりでした。

まぁ中でもやっぱり嬉しかったのは、みんな変わらず患者さんファーストであること。

簡単な例で言えば口臭。

ボクが休みの前日以外しか「 ニンニク 」を食べないのは皆さんご存知だと思いますが、それを10数年徹底出来ているのは師匠・並川先生の教えのお陰。

ある時、仕事帰りに友達たちとの飲み会があって、遅れてきたボクのために「 だんじょー、これ食べぇや 」と渡してもらって食べたひとかけらの唐揚げに、ほんの少しのニンニクが入っていて、次の日にめちゃめちゃ怒られたんですよね。そのニオイは同じ空間に居る患者さんに失礼だと。もういいから帰れと。

そんな体験をボクだけじゃなくみんなしていて「 あの時怒られていて良かったよなー 」なんて話していました。言われてなかったらそれが当たり前になって、患者さんに不快な想いをさせていることにすら気付けていないわけですからね。

中には大好きなお菓子のカラムーチョですら、休みの前日にしか食べないという先生も。いや、カラムーチョって可愛いな。笑

ボクらの一門はお灸とハリは「 学校で一番上手くなれ 」というのが合言葉だったので、みんな鍼灸が上手です。これは自信を持って言えます。

そして開業している全員が自費施術をおこなっていて、師匠は治療費1万円、中川先生も1万円、熊本の松尾先生で8千円とそう安くない金額でやっています。それでもみんなたくさん患者さんが来られていて、たくさんの方に喜ばれています。

ボクも全身治療は7.5千円。決して安くない金額をいただいているからこそ、その対価に値するような施術( 空間含め )を常におこない続けられるよう、意識し、行動し続けなきゃいけないなって改めて感じました。

同業者の馴れ合いみたいなのがキライで、愚痴っぽい話ばかりする飲み会は好きじゃないんですが、師匠や兄弟子たちと集まるとそんな話は一切なく、ポジティブな話ばかり。

やっぱりここがボクの原点。実際に釜の飯は食べてないですが、長い期間を共にした仲間は何とも言えませんね。

たくさんいただいたその刺激を行動に変え、また一日一日頑張りたいと思います!

本日は以上です!それではまた明日~♪

▲松尾先生、ありがとうございました!

 

城東区・段上はり灸整骨院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-仕事への想い, 日記, 普段の日常, 鍼灸