*

だんじり 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常 趣味

36℃の酷暑の中終えた、城東区・天王田の夏祭。

プロ野球も今日から後半戦が始まりましたね。貯金を多く持ったチームもあれば借金を抱えたチームもあります。その中でこれからどういう形で戦っていくのかに注目したいですね。

こんにちは!野球好き鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

 

土曜日は夏祭で休診。その振替えとして土曜日に施術が出来なかった方のために、少しだけ開けていました。

ボクも2日間の祭明け。そのカラダで全力で診ることが出来る人数は限られているので、出来る範囲の中で診させていただきました。

酷暑の中おこなわれた、城東だんじり夏祭が無事に終了!

暑かったー。とにかく暑かったーー。

尋常じゃないぐらいの暑さの中、何事もなく無事に終わって良かったです。笑

家に帰ってTwitterを見ると、たくさんの方がSNSにアップして下さっていました。

▼だんじり界最多のフォロワー数を誇るだんじり茶屋さん

▼いつも見に来て下さるまだお会いしたことがないayaさんも

▼城東区鴫野にある、宿カフェ・chelseasrainbowさんも

▼SNSを通じて施術に来て下さったプロカメラマン・外間さんも。写真のクオリティがハンパじゃないです

▼東大阪・古箕輪のだんじりのお二方も

▼駅前パレードへ向かう少し前の動画

ほんとにね、たくさんの方が「 天王田が良かった!! 」とSNSにアップして下さっていたんですが、今年に限って言えば全力で盛り上がったのは夜の曳行ぐらい。土曜日・日曜日ともに朝・昼は、楽しさよりしんどさの方が圧倒的に上回っていました。

それぐらい、36℃を超える猛暑、いや、酷暑は堪えました。

そんな暑さの中にも関わらず、今回の天王田の祭は史上最長の走行距離。そしてここ10数年で最も少ない人数だったんです。

いやー、ほんまにしんどかった。笑

▼木陰でポカリを飲みながら休む天王田メンバー

そんな大変な状況の中でも泣き言を言わず、若衆の子たちもみんな全力を出し尽くしてくれていました。感謝、感謝。

2日間ほぼほぼ後ろにへばりついてだんじりを押し続けていたボクたちを見かねて、先輩方もたくさん手伝って下さいました。ありがとうございました。

賄いを作って下さった女性部さんをはじめ、町会・子供会の方々も然り。

▼天咲会メンバーも朝早くから夜遅くまでありがとうございました

たくさんの方のご協力をいただきながら終えられた祭でした。

今までの祭で一番大変だった感がありますが、久々にみんなで一つになった祭が出来たんじゃないかなって感じています。一体感のある天王田らしい祭。

まぁまだまだ修正すべき点は多々ありますが、色んなことが見え、目指すべき道が見えたような気がします。今の気持ちを持って、秋祭はもう少し余裕を持ちながらより楽しく曳行したいですね^^

書きたいことはまだまだありますが、頭が整理できてないので今日はこの辺で。またゆっくり書きますね。本日は以上です!

皆さまお疲れ様でしたーー!!

そしてありがとうございました!!!!

 

城東区・段上はり灸整骨院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年6ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-だんじり, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常, 趣味