*

カラダについて ホルモンバランス めまい 健康 免疫力 女性のからだ 産後 睡眠 自律神経 豆知識 鍼灸

耳鼻科の先生が「 耳鳴り・めまいは、気にしないことが一番の薬 」と説明する本当の理由。

西武の森友哉選手が尋常じゃないぐらい速い打球のホームランを放ちました。カラダが小さいからプロでは大成しないとドラフト上位指名を避けたチームも多かった中、指名した西武。そしてその前評判を覆し続けている森選手は、ホントに素晴らしいですね。

こんにちは!野球好き鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。助けを求めたはずでしたが、相田みつを先生は「 自分で考えろ 」的な投げっぱなしジャーマンスープレックスでボクを突き放しました。お陰でこんな投稿が出来て感謝しています。笑

「 耳鳴り・めまいは、気にしないことが一番の薬 」の本当の意味

ボクの治療院に一度でも来て下さった方であれば、治療院の前の道がどれだけ通りに面していなくて、またどれだけ人通りが少ないかわかっていただけるかと思いますが、その見た目通りで「 通りすがり 」で来院される方は年間で2~3人ぐらいしか居ません。

いや、今年に関しては未だに0人なんで、もしかしたらもっと少ないかもしれません。笑

そんな治療院でも通りすがりで「 問い合わせ 」というものはたまーにあります。

先日も「 メニエール 」と「 耳鳴り 」に関してのご相談がありました。

もう数年間ずっと鴫野にある耳鼻科さんにかかっている方で、薬を飲み続けてほんの少しだけマシになったけど、それでも全然よくならない、ちょっと気持ちが落ち込むようになってきて、このまま続けていていいのかなと思って相談に来られました。

薬を飲んでいてもなかなか思うところまでいかないので、こういったお悩みをお持ちの方ってボクらのような鍼灸院によくお越し下さるんですよね。

その方の経緯と現在の状態をゆっくり聞かせていただき、これまでの経験や持っている知識を元に、耳鳴りやメニエールのことについてご説明させていただきました。

で、その時にもお伝えしたんですが、耳鳴りも、めまいも、メニエールも、すべてちゃんと原因があるんです。病院や耳鼻科さんで検査して異常が見つからなくてもね。

何にも原因がなくて、ただただ症状が出てくるなんていう不調・病気・痛みは、まずそもそも存在しませんから。

そして薬を飲むことは決して悪いことじゃないんですが、不調を生む「 原因 」と、耳鳴りやメニエールという「 結果 」というどこにアプローチするのかというと、薬は完全に「 後者 」なんですよね。

ようは、出てきた症状、その結果に対してアプローチするわけです。

だからね、ある一定以上良くならないんです。ずっと後追いだから。

今より状態を上げていくためには、その「 根本の部分 」が何であるかってことが重要。

たしかに血圧からかもしれません。耳からきているのかもしれません。もしかしたら自律神経からきているからかもしれません。ここまではどこに行ってもよく言われますよね。

そんなことではなく、ではなぜ血圧が上がったのか。なぜ耳の不調が出てきたのか。なぜ自律神経が乱れたのか。

その前の話が「 根本 」の部分なんです。

結局は「 普段の生活の中 」に「 答え 」があります。いつも言ってますが、ダイエットと一緒。

周りがビックリするぐらいめちゃめちゃ食べまくる生活をしているのに、たくさん運動したり、脂肪を燃焼するような健康食品みたいなのを飲んでても一向に痩せませんよね。根本は食生活にあるわけですから。

なので、食べ過ぎる生活にテコを入れ、それをしっかりと管理することが出来れば誰だって痩せることが出来ます。多少の差はありますが、ここに体質とかはあまり関係ありません。

耳鳴り、めまい、メニエールでいうと、ダイエットでいうところの食生活の部分( 根本 )は、ほとんどの場合が「 緊張型の生活 」をおこなっていること。

いわゆるストレス、他には不安、緊張、気にする、気を遣う、気に掛ける、心配する、頑張る、無理をする、集中するといったことの積み重ね。

めまいが出る方、耳鳴りが出る方、耳の詰まりがある方、それらすべてを伴うメニエール病の方は、生活の中にこういったことが必ずあります。数日間ぐらいなら大丈夫なんですが、そんな生活が毎日毎日続けば、さすがにカラダも疲れてきますよね。

その方を診られている耳鼻科の先生は「 気にしないことが一番の薬だ 」と言われているそうですが、この言葉はホントに理にかなっているんですよね。

「 気にする=緊張 」になり、自律神経の交感神経が高ぶり、血の巡りは悪くなります。そうすると耳への血流が少し滞ってしまい、耳の症状が出やすくなるからです。

「 気にしない 」っていう選択肢は難しいんですが、別のことに意識を置いて「 気を紛らす 」みたいなことが一番簡単なんですよね。

日常で、紛らせられるぐらい没頭出来るものっていったら、自分が好きなことだったり、楽しいものだったりするじゃないですか。だからね、いつもボクはめまいや耳鳴りを訴える患者さんには「 好きなこと、楽しいことを我慢せずおこなってください 」って伝えます。

我慢は緊張、楽しいことをやる時間はリラックスです。どっちがカラダにいいかった考えたら後者の方がいいですよね。

そういうことに意識を向けて楽しんで過ごせば、今よりカラダは絶対楽になりますし、薬も要らないようになっていきます。

だってね、カラダには自然治癒力っていう自分で治せるチカラがあるわけですから。それを引き出し、本来ある形に戻していくのがボクたち鍼灸師の役割。

ね、楽しく過ごすって大事なんです。それこそが耳鼻科の先生が言った「 気にしないことが一番の薬 」という言葉の本質です。

我慢は緊張ですからね。いつかやろう、良くなったらやってみようは我慢です。

やってみてダメだったらまた考えればいいんです。やってもやらなくても考えてしまうなら、楽しいことを経験出来た後に考える方が良いじゃないですか。

そうやって楽しいことを積み重ねていけば、不思議と耳鳴りもめまいもメニエールも落ち着いてきますよ。実際に薬がいらなくなった方、良くなられた方はそれを実践された方ですので、騙されたと思ってそちらに意識を向けていって下さいね^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸整骨院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。1児のパパ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。500人規模のフェス「 縁日BBQ 」を主催。「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは6年間毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-カラダについて, ホルモンバランス, めまい, 健康, 免疫力, 女性のからだ, 産後, 睡眠, 自律神経, 豆知識, 鍼灸