*

だんじり 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常 趣味

祭というものは、感謝の和・応援の和で成り立つ集合体。

11月におこなわれる日米野球に出場する侍ジャパンのメンバーが発表されました。次世代を担う選手たちが順当に選ばれましたが、個人的には過去に数度選ばれている山田哲人選手ではなく、同じポジションの浅村選手を選んで経験させてあげてほしかったです。

こんにちは!野球好き鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。このブログの常連、身長176センチを誇る田中絢子氏がメンテナンスに来てくれたことを面白おかしくお伝えしました。

彼女のように「 痛み→治す 」のではなく「 健康→よりアクティブにカラダを動かせるように 」ということが出来るのも鍼灸治療の強味。バリバリ動きたい、より元気に仕事も趣味も楽しみたいという方は鍼灸治療オススメですよ^^

そんな彼女を含め、たくさんの方を診させていただいた仕事の後、ボクはこちらへ。

またまただんじりの寄り合いです。

いやいや、何回集まんねんって感じだと思いますが、これが祭の前の日常。

もっと言うなら、ボクらが若衆( 青年團と同義 )だった30歳になるまでの頃は、週6~7日はみんなで集まってあーでもない、こーでもないって言い合ったり、バカ話をして騒いだりしていました。

いつも言ってますが、そんな「 他愛無い時間の繰り返し 」で絆って深くなっていくんです。

▼昨日も鴫野駅前のれんげさんへ

たしかに寄り合いが終わった後にすぐ帰るのもいいですし、そういう時ももちろんありますが、でもせっかくみんな集まったんだからその時間を有意義に使いたいなっていうのがボクたち祭をしている人間の考え方。

大前提として、祭は町の方々や地域のお店屋さん、会社を経営する方々に支えられて成り立っています。

もちろんボクたち参加する人間、後世に引き継いでいく役割を持つ人間も相当なお金も時間も吐き出していますが、やはり周りの方々の「 応援 」がなければ成り立たないのが祭組織の現実。

で、あるならば、こういう寄り合いの後にそのまま帰るんじゃなく、ちょろっとでもご祝儀をいただく地元のお店でご飯を食べて、お酒を飲んだりすることってやっぱり「 無駄 」じゃないと思うんですよね。

これはボクがお店を経営していて、かつ鴫野全町にご祝儀をお渡ししているのですごく気持ちがよくわかります。だって、やっぱりたくさん利用して下さった町の方々にはその分「 お返ししたい 」というのが本音じゃないですか。

そのありがとうの気持ちとか、応援したいという結果がご祝儀につながるわけで。そういう気持ちのある方が一人でも多い町にお金が集まるのは当然のこと。

例えばこういうことをせずにすぐに帰ったり、チェーンの居酒屋さんでばかりご飯を食べていたり、コーナンのような量販店で電球や備品を揃えたり、ディスカウントショップでお酒を買って「 節約すること 」ばかり考えていたら、結果としてその感謝の和、応援の和は減っていきますよね。安い・手軽だを理由にAmazonで何かを買うなんてもってのほか。

そういうことをボクたちは現在の会長である黒江さん、前会長の高間さんから教わり、10代からずっとそうしてきました。結果としてああいうボクたち3人が企画した縁日BBQが出来たのも、こういったことを教えていただいたお蔭です。

今までは当たり前のようにそれがみんな出来ていたのが、天王田だけを切り取ってみても、ここ最近はすべての年代でそれはだんだん希薄になってきているように感じます。

何もこれはご祝儀に限ったことだけでなく、人が集まる・集まらないという部分も、やっぱりそういうことの「 小さなことの積み重ね 」だよってことを昨日はみんなで話していました。

ま、そんな中でも昨日ブログで話したように、とにかく楽しく、そしてみんなが楽しめるように雰囲気づくりをして、良い祭にしたいですね。祭を9日後に控え、だんだんアツくなってきている現状をサラッとお伝えしました。

あ、ちなみにたらふく食べて飲んだ昨日のれんげさんのお会計は、1人換算3000円程でした。笑

鴫野も最も「 コスパが良い 」お店なので、また機会があればぜひ足を運んでみて下さいね~

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸整骨院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。中学時代全国大会に出場するも、野球で右ひじを骨折し、左投げに転向。思うように好きな野球が出来なかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。その後数々の治療院で経験を積み、2012年10月、生まれ育った町・城東区鴫野で段上はり灸整骨院を開院。お灸とハリを用いて、頭痛・めまい・不眠の元となる「 自律神経の乱れ 」、生理痛・PMS・不妊の元となる「 ホルモンバランスの乱れ 」を調整する治療を専門におこなう。「 ほんの少し息が抜ける空間 」を作るため、施術はお一人ずつパーソナル、1日7~8名様限定で施術をおこなっている。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは2年6ヶ月以上毎日更新中!「 鍼灸師 ブログ 」でGoogle検索すると日本で最上位表示されるまでに。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-だんじり, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常, 趣味