*

SNS 仕事への想い 日記

お菓子缶のその後の世界観。|マツコの知らない世界で紹介された、清水社長のお菓子缶のお話。

移籍が濃厚となっている広島・丸選手がセ・リーグのMVPを獲得。素晴らしい成績での受賞となりましたが、大変なのはこれから。4年20億以上とも言われる年俸をいただきながら野球をやるわけですから、その中で彼がどういう結果を残していくのか楽しみにしたいですね。

こんにちは!日本の男性鍼灸師の中で最もハンドクリームの消費量が多いことで有名なアラサー鍼灸師だんじょーです。

その刷り込みのせいか、患者さんからいただいたお土産がまさかのハンドクリームでした。

移動中なんかに使いやすいサイズなので、カバンの中に入れて使わせていただきます。ありがとうございました!!

で、今日の黒板はこんな感じでした。

またしょーもないことを書いてしまいました。笑

まぁでも今日はまだ温かいですが、かなり朝晩の冷え込みがキツくなってきています。「 大丈夫 」と言って放ったらかしていると後でドンと不調が生まれるので、早め早めに寒さ対策はしておいて下さいね^^

お菓子缶のその後を提案した世界観

見られた方もおられるかと思いますが、お世話になっている東大阪市の菓子缶メーカー清水社長の会社で作ったカンカンと、お菓子入り缶を販売する東京のショップが「 マツコの知らない世界 」で紹介されていましたね。

見ていない方は「 TVer 」というアプリをダウンロードして「 コチラ 」からご覧下さいね。

▼東京・恵比寿にあるショップ

▼コチラはお菓子缶

この宝石箱みたいなものもお菓子の缶です。

ボクも以前この缶を持っていましたが小学生の姪っ子にプレゼントしました。今でもアクセサリー入れとして大切に使ってくれているようです。

ボクらは普段から清水社長のSNSの投稿を見ているのでそれが「 当たり前のような感覚 」でいましたが、お菓子を入れる缶に光を当て「 その後どういう風に使うか 」また「 どう使ってほしいか 」を想像して作られているってホントにすごいことですよね。

本来であれば「 お菓子を入れるためだけの缶 」なわけですから。

それがお菓子の缶に光が当たったことによって「 お菓子の缶を目当てに、お菓子を買いに行く 」という逆転の消費行動が起こるようになったわけです。

そうなると喜んでいただきたいので洋菓子屋さんもその缶を使いたくなりますよね。また、その「 キラキラした缶に合わせた洋菓子を作る 」といった発想も生まれてくるわけで、洋菓子の世界観、いや、世界缶も変わります。

でも小ロットではなかなか作れないお菓子缶。

その中で今のようなことをやろうと思うと、相当な資金と努力と技術が必要なんだと思いますが、それでもそのチャレンジに踏み切ったお陰で、お菓子缶の作り手さんも、洋菓子屋さんも、購入者さんも、みんなが笑顔になれたわけですからね。

ボクらも鍼灸という治療、お話を聞くという時間、セルフケアを伝えるという行為だけでなく、患者さんがその後にどういう生活を送られるのか、また送りたいと考えているのかという部分をもっともっとイメージしなきゃいけないなって感じました。

それにしてもホントにすっごい数の投稿がTwitterで広がっていたので、最後に少しご紹介して終わりたいと思います。 ( Twitterを貼り付けると上手く表示されなくなったので、スクショです )

▼清水社長のツイート

▼奥ノ谷さんのツイート

▼デザイナー中川さんのツイート

▼長野県・白馬でホテル業をされているゆかりさんのツイート

▼城東区から一番近くでコチラのお菓子缶を購入できる、東大阪市八戸ノ里・モンガトウのマダムのツイート

▼同じくお菓子缶を置かれている新潟のウチコさんのツイート

▼建築会社を営むシノハラさんのツイート

▼Twitterを投稿するとバズりまくる畜産農家・カズマさんのツイート

▼いつもスマホばかり触っている香川県の甘酒屋さんのツイート

もっともっとありますが、という感じで相当数のツイートがされています。

先日地元・鴫野のお店がテレビで紹介された時はボクを含めてたった数件ぐらいしかツイートされてなかったのを見ているので、いかにSNSやつながりが大事かもあわせて感じさせられました^^

そんな可愛らしいカンカンとお菓子を地元・鴫野から一番近くで購入できるのは、東大阪市八戸ノ里にあるパティスリーモンガトウさん。良ければぜひ行ってみて下さいね♪

本日は以上です!それではまた明日~

 

お菓子のミカタ

 

城東区・段上はり灸整骨院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。中学時代全国大会に出場するも、野球で右ひじを骨折し、左投げに転向。思うように好きな野球が出来なかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。その後数々の治療院で経験を積み、2012年10月、生まれ育った町・城東区鴫野で段上はり灸整骨院を開院。お灸とハリを用いて、頭痛・めまい・不眠の元となる「 自律神経の乱れ 」、生理痛・PMS・不妊の元となる「 ホルモンバランスの乱れ 」を調整する治療を専門におこなう。「 ほんの少し息が抜ける空間 」を作るため、施術はお一人ずつパーソナル、1日7~8名様限定で施術をおこなっている。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは2年6ヶ月以上毎日更新中!「 鍼灸師 ブログ 」でGoogle検索すると日本で最上位表示されるまでに。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, 仕事への想い, 日記