*

健康 普段の日常 産後 豆知識 鍼灸 鍼灸やカラダについて

年末年始に多いギックリ腰。|寝正月にならないために大切なこと2つのこと。

先日からスポーツニュースの記事になっている元近鉄・ラルフブライアント選手。70試合そこそこで30本以上の本塁打を放った超人的な助っ人ですが、日本の相撲の世界で活躍した小錦や曙の忍耐力を見て、野球の世界はまだまだ甘いと感じて自分を律していたとのこと。やはりそういう選手が活躍するんでしょうね。

こんにちは!SNSで「 生理なんかなくなればいいのに 」的な投稿をしている人を見ると「 鍼灸 」を勧めたくなる生粋の鍼灸師だんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。もう皆さんお忘れかと思いますが、今日は2018年最後のプレミアムフライデー。

もうその言葉すら死語になりつつりますが、そんな言葉をもう一度流行らせてやろうと思ったのか、プレミアムな寒さと共にやってきましたね。

で、こんな寒さが急にやってくると出てくるのが腰痛と風邪ひき。

おそらく今日もギックリ腰やギックリ背中のように「 ピキッ! 」と痛めている方が多いのではないかなと思います。それぐらいやっぱりカラダにとって「 冷え 」はよくありません。

なので本来であれば、普段から毎日湯船に浸かって、出来るだけいつも同じような状態で過ごせているのがいいのですが、この年末年始に限っては「 いつもと違う生活 」がやってくるので不調をきたしやすくなります。

年賀状、忘年会に引き続き、大掃除や車や電車での帰省などなど。

「 日々の生活で知らず知らずのうちに溜まっている疲れ 」にまして「 いつもと違う生活での疲れ 」が足されると痛みが出る確率がすごく高くなります。

その上この寒波ですからね。笑

なので結構「 年末年始にギックリ腰になって動けませんでした 」とか「 風邪をひいて寝正月でした 」という方も多いんです。

もちろんボクたち鍼灸師も例外じゃなく、そういうことになる可能性が皆さまと「 同じ確率 」でありますよね。

ではそうならないように、その確率を少しでも下げるようにするために普段からボクが心掛けているのが「 体勢 」と「 その日のうちに疲れを少しでも抜くこと 」です。

例えばこんな感じでひざを伸ばして腰を丸めた体勢でモノを取ったりなんてほぼほぼしません。

こういうことをやると「 痛める確率 」が高くなるからですね。おそらくこんな大勢の時にピキッときたことがある方も多いのではないでしょうか。

なので面倒くさいですが、モノを取る時はしっかりと腰を落として膝を曲げて、背中から腰が一直線になるようにピンと姿勢を正しておこなって下さい。

これだけで「 ギックリ腰になる確率 」は格段に減らせます。

いやいやそんな面倒くさいこと出来ないよって方も多いと思うんですが、きっと「 動けなくなって寝正月になる方 」が超絶面倒くさいと思うので、そうなりたくない方はぜひぜひ実践して下さいね^^

大掃除の時にバケツに入れたお湯で雑巾の汚れをゆすぐ時なんかも立ったまませず、しっかりしゃがんでおこなって下さいね。

あ、あとは冷蔵庫の一番下の引き出しを開ける時とかも出来ればしゃがみましょう。

地味ですが、この「 ちょっとした積み重ね 」で「 勝率 」が大きく変わってきます。

で、後はやっぱり湯船に浸かったり、銭湯に行って疲れを抜いたり、ゆっくりストレッチをしたりして「 その日の疲れはその日のうちに 」抜くように心掛けて下さい。

痛みや不調は「 疲労の蓄積 」が原因です。

その疲労ってどこで溜まってるの?ってなったら結局あなた自身の日々の生活にしかないんですよね。

なので、そのお仕事や育児家事を頑張って溜まった疲れは翌日に持ち越して貯金せず、その日のうちにスッキリと使い切って、次の日には「 無一文の状態でスタートする 」というイメージを持っていただけたらと思います。

それでも「 あかん! 」となった時はぜひとも年明けに段上はり灸整骨院にご連絡下さいね♪笑

ま、そんな感じで腰痛にフォーカスして書きましたが風邪やその他の不調も同じですからね。その日の疲れ、その日のうちにです。

ぜひぜひそういったことを頭に置きながら楽しく有意義な年末年始を過ごしましょう!

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年6ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-健康, 普段の日常, 産後, 豆知識, 鍼灸, 鍼灸やカラダについて