*

SNS 仕事への想い 日記 鍼灸 鍼灸やカラダについて

修業の必要が無い時代だからこそ、大切にしたい価値。

巨人から西武に移籍した内海投手。WBC日本代表にも選ばれた選手が、環境を変えてどれだけの成績を残すことが出来るか楽しみですね。また涌井投手・牧田投手・岸投手・菊池雄星投手と、近年エース級の投手が移籍していっている西武にとっては、若手の成長の糧になりそうですね。

こんにちは!観葉植物が枯れてしまうのは「 悪い気を吸ってくれているからだ 」と聞いて、自分のおこないを肯定し始めている観葉植物を枯らしてしまう系鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

夜中にサッカーを見るなんていうことはわりと余裕だったはずなのに、ここ最近は眠たくなってすぐに寝ちゃうので、出来れば決勝戦は22時キックオフ( 本当は23時 )を希望します。

さて。

ここ最近何人かの知り合いから「 職人の世界に弟子入りは必要なのか 」という質問をいただいたのですが、実際に弟子入りして技術を磨いたボクの答えはノー。

お灸をひねったり、ハリを打ったりといった「 技術を磨くだけ 」なら、今の世の中、YouTubeでもTwitterでもInstagramでも見て学べば、ある程度のところまで上達すると思います。

だからわざわざ師匠を見つけて、そこに弟子入りして、収入がない中で時間を削って何年も付きっきりで勉強する必要もないとボクは感じています。

ただ、ボクが4年間実際に弟子入りし、( 交通費1万円の )ほぼ無給( 交通費は本来3万円掛かっていたので、むしろマイナス2万円 )という環境で学ばせていただき、近くで勉強させていただく中で、SNSで学べない価値が「 2つ 」あるんじゃないかなと感じたので、今日はそれを少し書きますね。

1.息づかいを肌で感じられる価値

その一つは、息づかいを学べること。

臨床現場に20年以上( 現在は35年以上 )立ち続け、たくさんの患者さんと接してきた先生の「 一挙手一投足を肌で感じられる 」というのは、技術を磨くこと以上にすごく学ぶものがたくさんありました。

声の掛け方、ちょっとした心遣い、質問をされた時の受け答え、問診から施術への流れを含め、なぜ20年も続けて患者さんが来られるのか、なぜ施術前にベッドで横たわっただけの患者さんが「 楽になった気がする 」と言葉を発するのか、なぜ不安で不安で仕方ない初めての患者さんがカラダをすんなりと預けられるのか、そんなことを一番近くで学ぶことが出来ました。

これはきっとYouTubeでは伝わらない価値だと思うんですよね。特に「 魅せる場 」になっている今のSNS社会では「 大切な核の部分 」は誰もちゃんと伝えていないですから。

2.信頼出来る存在が居ることの価値

もう一つは、信頼出来る存在が居ることの価値。

これもさっきと似た部分なんですが、何か困った時、悩んだ時、気になった時に、自分の腹の中にあるものを全て出して相談できる方、頼ることが出来る方が居る価値ってめちゃくちゃあると思うんですよね。

SNSを否定するわけじゃないですけど、たまに居らっしゃる「 つながりだけ 」を目的にした関係と、長い年月を掛けて築き上げた中で生まれた関係とでは、信頼関係が全然違うと思っています。

今のところボクが治療院のことを本当に包み隠さず全て話すことが出来るのは、ボクの師匠と、その一門で一緒に学ばせていただいた兄弟子と弟弟子だけ。

大学時代の頃の友達より、小学校時代・中学校時代の気心が知れた友達との方が、一緒に居て楽なのと同じことです。たくさん時間を共有してきて、お互いの良い面・悪い面を知っているか否かってこと。

SNSを見ていても、中には「 あー、この人やべぇなぁ~ 」って感じるようなむちゃくちゃ胡散臭い感じの方も居られます。笑

簡単に情報を得られたり、たくさんの方とコンタクトを取れる便利な時代だからこそ、自分の中でちゃんと「 予防線 」を張って、軸を持って、ヘンな方向に行かないようにしないといけませんよね。

ま、そんな感じで技術を磨くだけなら弟子入りなんかしなくてもいいと思いますが、それ以上の2つの価値を求めるなら、たとえお金を払ってでも職人的な先生のところに勉強しに行くのもいいんじゃないかなと個人的には思います^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。中学時代全国大会に出場するも、野球で右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。その後数々の治療院で経験を積み、2012年10月、生まれ育った町・城東区鴫野で段上はり灸整骨院を開院。頭痛・めまい・不眠の元となる「 自律神経の乱れ 」、生理痛・PMS・不妊の元となる「 ホルモンバランスの乱れ 」を調整する治療を専門におこなう。頑張る毎日を送る方が「 ほんの少し息が抜ける空間 」を作るため、施術はお一人ずつパーソナル、1日7~8名様限定で施術をおこなっている。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年4ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログについてのアドバイスや講演も少し。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, 仕事への想い, 日記, 鍼灸, 鍼灸やカラダについて