*

SNS 日記 豆知識 趣味

カット中に美容師さんに話した、Instagramの凄さの話。( 全文 )

東京五輪前の最終テストとなる侍ジャパンのメンバーが発表されました。清宮選手・村上選手・大山選手・岡本選手・吉田選手のメンバー入りは、これまで常連だった松田選手・中田選手・筒香選手の後に続く選手を探す意味も含まれているでしょうね。良い結果を残して常勝軍団・日本を作り上げてほしいですね。

こんにちは!小学校時代に友達同士で夕方にこっそりたこ焼きを買って食べたりすると、晩ご飯が全く食べられなくなって毎回親にバレていた鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

急激な気温の上下が多いこの2月はギックリ腰や自律神経系の症状を訴える方が多く、わりと忙しい日を過ごさせていただいておりましたが、本日は「 なぜこんなに時間があるんだ 」というぐらいマッタリday。

確定申告もありますし、事務的な作業が進んでいなかったので、そういう時間に今日は充てたいと思います。

SNSの雄・Instagramの本当の凄さ

先日髪を切ってもらいに行っていたのですが、そこでカットモデルデビューを果たしただんじょーです。あ、ただお店のInstagramアカウントに載っただけです。

高校1年生から、かれこれもう18年ぐらいお世話になっているオーナーさん。ボクの開業の時にも御花をいただき、反対にお店の10周年の際に御花を贈った間柄。

そんなお世話になっているオーナーさんのお店でも、ようやくInstagramアカウントを開設したというので早速フォロー。

色々と質問を受けている中で「 Instagramの凄さ 」みたいなのをボクが延々と語ってたんですけど、せっかくなのでコチラでそれをお伝えしておきますね。

写真中心アプリからの変遷

Instagramといえば言わずと知れた写真中心のSNS。今は随分派生してきていますが、元々は純粋な写真を載せるアプリで、そこまでコミュニケーションも活発じゃなかったんです。

ボクも出始めたタイミングですぐにインストールしたんですけど、使い方もわからないし、おもしろくもないのですぐに辞めちゃったぐらい。

それがFacebook、Twitterといったツールがスマホの普及に合わせてより身近になっていき、その後ろでジワリジワリと歩を進めてきたのがInstagram。

その後、Facebook全盛だった時代から一気に逆転。「 写真を撮って手軽にアップ出来る 」という気軽さから、10代・20代を中心に支持を得て、現在に至るのはみんなが知る事実。

「 インスタ映え 」なるものが流行語として選ばれ、写真を撮ってInstagramにアップするということが日常化。良い写真を載せたいということを最大の理由として行動する人も出てきたほど。

そうするとどうなるかっていうと、写真の投稿に「 時間が掛かる 」ようになったんですね。

「 気軽に写真をアップ出来る 」から「 より良い写真をアップしたい 」に変わり、そのために加工アプリを使って、サイズを編集して、1つの投稿にめちゃくちゃ時間を消費するようになったんです。

そうなると始まるInstagram離れ。

こうやってSNSって衰退していくんだろうなーって思っていたら、そこでInstagramが出してきたのは「 ストーリーズ 」という24時間で投稿が消える機能だったんです。

スナップチャットというアプリがそのストーリーズの原型なんですが、その頃もうネイティブ世代の10代の子たちは「 スナチャ 」で遊んでいたんですね。

そこに目を付けてこの機能をInstagramに搭載。

「 24時間で消える投稿 」は、言い換えれば「 作りこまなくていい投稿 」で、Instagramが始まった頃のような気軽な感じ・手軽な感じをもう一度味わえたんですよね。

これが大当たりし、爆発的に人気に。

そしてそのストーリーズに「 スタンプ 」や「 メッセージ 」を送ることが出来る機能を追加し、ダイレクト( 人から見えない形 )でメッセージのやり取りが出来る機能まで作っちゃったんです。

そうなるとコミュニケーションが活発になり、LINEの役割まで果たせるように。

実際にこの機能により「 LINEの交換 」より「 Instagramをフォローし合う 」方が効率的になったんです。

でね、それでも止まらないのがInstagramの凄さ。

今度はその24時間で消える「 ストーリーズ 」が勿体なく感じてきたんですね。

手軽にサクッとアップしている投稿の中に「 あれ、結構良かってんけどな 」という投稿がチラホラ出てきたんです。24時間で消えちゃうのは勿体ないと。

そしたらね、その過去のストーリーズの投稿を「 残してまた見ることが出来る 」という「 ハイライト機能 」を追加。

いや、痒い所に手が届くとはまさにこのことで、こうしてほしいな、ああしてほしいなと思った時にはもう次の一手を打っているんです。

でもそんなInstagramにも失敗があって、過去に「 位置情報をストックしておく機能 」があったんです。

ようは自分が行ったお店、チェックインしたお店や場所を、日本( 世界 )地図上に表示して、後で眺めるというもの。

これによって「 あぁ、おれはこんなところにも行ったのか 」とか「 まだ三重県って行ったことないんだ 」みたいなことをチェック出来たんです。

ただ、それにはデメリットが一つあって、その地図を誰もが見られたこと。ようは、参考にしているグルメな人や活発にInstagramを投稿している憧れの人が、どこに行ったか確認出来たんです。

それによって「 この場所にこのお店があるのか 」を確認出来たのは良かったんですけど、同時に「 この女性( 男性 )は、この地域によく居るのか 」ということがわかったんですよね。

ストーカーみたいな人が出てしまうということです。

それを危惧してか、社会問題になる前にその機能をカット。この判断が非常に早かった。インスタ映えという言葉が流行った時点にはもうこの機能が無くなってたんです。

ね、凄いでしょ。

で、やっぱり振り返ってみて何が一番すごいかというと、トライ&エラーをおこなうスピードが異常に速いんですよね。とにかくやってみる、ダメだったらすぐに辞めるの精神が。

これだけの大企業がこのスピード感で出来るのがInstagramの強みでもあり、またボクたち一般人や個人事業主はマネしないといけない部分。

そんなブログを書きながらInstagramを開いていると「 縦スクロール 」すらもめんどくさく感じきている自分が居て、また近いうちに「 この部分 」に対しても何らかの手を打ってくるんじゃないかなと思ってます。

とまぁ、髪を切ってもらいながらこんな話をしていました。

以上、考察しだすと止まらなくなるタイプの理系の鍼灸師だんじょーでした。

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、城東区鴫野にパーソナル施術の鍼灸院をオープン。完全予約制、1日7名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年以上毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, 日記, 豆知識, 趣味