*

城東区や鴫野のこと 日記 野球

プロ野球選手のセカンドキャリアを拓く、道なき旅。|クリケット日本代表・木村昇吾選手

ホームランしか要らないと高らかに宣言する西武・山川選手が状態を上げてきましたね。去年は50本を目の前にして失速。それでも47本のアーチを架けましたが本人は納得がいかない様子。王貞治氏が持つ日本記録を目指して打ちまくってほしいですね。

こんにちは!縁日BBQの出席者リストを追加する際、こどもさんの年齢が去年より1歳上がっている事実を見た時になぜかニヤニヤしてしまう鍼灸師のだんじょーです。

たくさん参加表明をいただいていますが「 申込み 」をしていただかないとご参加いただけないので、コチラのブログを今一度確認し、ご連絡いただければと思います。

( 2019縁日BBQ詳細 )

今日の黒板はこんな感じでした。

おおさか東線開通に伴い、最寄駅・鴫野から新幹線乗り場・新大阪までの「 鴫野→新大阪間 」が3月16日(土)より乗り換えなしの電車一本で行けるようになります。

もしかしてもうアプリで見れるのでは?と勝手に仮説を立てて見てみると、もうすでに更新されていました。いやしかし、13分は嬉しすぎますね!!

プロ野球選手のセカンドキャリアを拓く、道なき旅。

はい。昨日もこのブログの冒頭で少しお伝えしましたが、こどもの頃からお世話になっているクリケット日本代表・木村昇吾さんの特集がテレビで放送されていました。

地元の先輩、中学の硬式野球チームの先輩でもある木村さんはボクの姉と同い年で、5つ離れたボクに対しても気さくに声を掛けて下さる優しい方。

まだボクが硬式野球チームに居た中学生の頃、木村さんは香川県の尽誠学園高校から甲子園に出場し、華々しい活躍をされていたのを今でも鮮明に覚えています。

今でもその頃のビデオ( VHS )が家にありますし、甲子園出場時とプロ入り前にいただいたサインも飾ってあります。

プロ野球の世界でいうと松坂大輔投手と同じ「 松坂世代 」の選手。それも横浜( DeNA )ベイスターズのドラフト11巡目という指名。

正直なところ横浜ファンもスカウトも「 活躍したら儲けもん 」ぐらいの期待度だったと思うのですが、広島カープに移籍してからユーティリティー( 何でも出来る器用な )プレイヤーとして大ブレイク。

その後西武へ移籍するも、膝の靭帯損傷もあり、戦力外通告。

そこからトライアウトを受けるも「 日本のプロ野球選手 」としてのオファーは来ず、プロ野球選手という道を引退。プロの世界で15年活躍出来たという事実がすごいですよね。

ですがここからがもっとすごかった。

通常、プロ野球選手は引退後、コーチ・監督・裏方といった球団に属する形、もしくは解説者や野球教室の講師といった野球に関する仕事をされることが多いですが、それもほんの一握り。

その狭き門をくぐれなかった選手は、今まで経験したことのない一般のお仕事をされる方が多いです。これはテレビ( プロ野球戦力外通告的な番組 )でも見たことありますよね。

木村さんは「 プロ野球選手としてオファーはなかったが、アスリートとしてオファーをいただけた 」と、クリケット選手という道を選択。

プロ野球戦からクリケット選手への転身は、日本どころか、世界で初めての出来事だそう。

そこに挑戦を決めたのは「 チャレンジしたい 」という気持ちだけでなく「 プロ野球選手のセカンドキャリアを切り拓いて道を作りたい 」という気持ちがあるそう。

そのためには誰かが世界のトップのリーグでプレーしなきゃいけないと。

そういった木村さんの「 想い 」が随所に垣間見える特集だったので、見ていただければと思って、ツイートした4つの動画をここにまとめました。

お時間のある方は良かったら見て下さいね^^

▼Twitter連動の調子が悪く、クリックするとTwitterページに飛んでから見られます

「 約束されたユーティリティープレイヤーという立場ではなく、もう一度レギュラーとして勝負したい 」とFA宣言した広島カープ時代と一緒で、常に険しい道、また楽しい道を選ぶ姿はやっぱりカッコいいですね。

木村さんがクリケットのトップのリーグに所属したら外国まで応援に行こうと思っているので、その時は治療院を閉めて出るのをお許し下さいね^^笑

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。中学時代全国大会に出場するも、野球で右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。その後数々の治療院で経験を積み、2012年10月、生まれ育った町・城東区鴫野で段上はり灸整骨院を開院。頭痛・めまい・不眠の元となる「 自律神経の乱れ 」、生理痛・PMS・不妊の元となる「 ホルモンバランスの乱れ 」を調整する治療を専門におこなう。頑張る毎日を送る方が「 ほんの少し息が抜ける空間 」を作るため、施術はお一人ずつパーソナル、1日7~8名様限定で施術をおこなっている。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年4ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログについてのアドバイスや講演も少し。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-城東区や鴫野のこと, 日記, 野球