*

仕事への想い 日記 普段の日常

吉野家の牛丼を食べて頭に浮かべた、鍼灸・弟子時代の師匠の振る舞い。

阪神の大山選手がオープン戦第4号となる豪快なホームランを放ちました。去年の終盤から覚醒し、今年は4番での開幕が濃厚ですが、焦らず一歩ずつでいいので、4番は君だと言われるような選手になっていってほしいですね。

こんにちは!オムツ替えシートがありますという看板を見て、もう少し前に行って、膝を曲げた方が腰にいいですよとツッコミを入れたくなる鍼灸師のだんじょーです。

休日の今日は朝から車の点検へ。

「 お好きな席へどうぞ 」と言っていただいたので、迷わず高校野球が見える席をチョイスしました。しかし習志野高校の応援はすごかったですね~♪

ちょうど終わった時間がお昼時だったので、ご飯を食べることに。家まで帰る道の中で車を停められるお店に入ろうと考えていたら、目の前に吉野家が。

▼牛丼大盛りと半熟卵をチョイス

吉野家へはちょこちょこ来るのですが、半熟卵を注文したのは久しぶり。おそらく鍼灸の弟子時代ぶり。だからなんかふと思い出しちゃいました。

見るに見かねて親に買ってもらった小さめのスニーカーを履いていた当時、無給+夜中のアルバイト生活のため、お昼ご飯は100円以下のパンを3つか王将の天津飯、そして牛丼並盛がメイン。

昼食は極力300円以下って自分の中で決めていて、基本的にそれをオーバーすることはなかったんですけど、バイトを遅くまで頑張った次の日とか、ちょっと疲れが溜まっている時は吉野家で「 半熟卵 」をプラスして食べていたんです。ご褒美的な感じでね。笑

ま、この頃はこれが楽しかったので別に苦労したとか頑張ったとか無理していたとかは全くないので、ボクの中ではすごく良い思い出です。

ボクの師匠もボクのように弟子入り時代は無給で学んでいて、新聞配達のアルバイトをして生活をしていたとのこと。だからね「 実技は学校で一番になれ 」という言葉と共に「 おれは経営のこと( お金の稼ぎ方 )はわからへん 」といつも話されていました。

開業から6年半やってきて、実際にお店を運営していくに当たって経営っていうのはやっぱり大事だと思うのですが、大切なのはそこだけじゃないと思うんですよね。

▼1年に2回スリッパを新調

▼エアコンのフィルター掃除

ホントにささやかな部分なんですが、ボクの師匠はこういうことを大切にしていました。なのでボクも開業以来変わらず同じようにしています。

ま、同じことをし続けても師匠を超えられないので、学んだ大事な部分は残しつつ、また超えるべきところはしっかり超えていきたいと思います。

吉野家の牛丼を食べてそんなことを頭に浮かべてました。本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、城東区鴫野にパーソナル施術の鍼灸院をオープン。完全予約制、1日7名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年以上毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-仕事への想い, 日記, 普段の日常