*

日記 趣味 野球

2019年プロ野球開幕間近!セ・リーグ順位予想と、期待の若手紹介。

オリックスに移籍した阪神の西投手が開幕を前にしたチームの決起集会の様子をInstagramのストーリーズでアップしていましたね。ひと昔前だったら絶対に見れなかった光景。無理のない範囲でこういうことをシェアしてくれるとファンにとっては嬉しいですね。

こんにちは!センバツ高校野球とプロ野球開幕前は自分自身の気持ちも高まってしまう鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。自分で言うのもなんですが、結構良いことを書いているのでまだの方は良かったら見て下さいね。( 花粉症のブログはコチラ )

毎年その年のプロ野球を展望し、野球好きのボクが勝手に分析する記事ですが、mixi時代から続けていて未だに根強い人気を誇っているので今日も書きますね。

去年のブログもあわせてどうぞ。( プロ野球展望、セ・パ両リーグの優勝予想と戦力分析を勝手にしてみました )

去年の成績を振り返る

はい。では懲りずに2019年のもやりますね。

一部ファンには超人気企画ですが、野球が好きじゃない方にはむちゃくちゃおもしろくないブログなので、ここで閉じちゃって下さいね^^

まずは去年の成績をおさらい。

1位 広島

2位 ヤクルト

3位 巨人

4位 DeNA

5位 中日

6位 阪神

この順番に分析していきますね。

2019年のチーム別戦力分析

広島

言わずとしれた3年連続のセ・リーグチャンピオン。

タナ・キク・マルで形成する上位陣が広島の魅力でしたが、その一角、3番を打つMVP丸が巨人へ移籍。人的補償で長野を獲得するも、出塁率・打撃力・スピード・守備のどれをとってもやや劣り、その辺りがシーズンでどういう影響をもたらすのか非常に見もの。

また長くレギュラーを務め、近年成績を落としている田中や菊池を脅かす存在としてルーキーの小園、覚醒を待つ未完の大器・堂林、野間や西川といった選手が次々に名前が挙がるのがカープらしいところ。

捕手の会澤・石原を含め、守備や打撃にこれといった穴はないが、問題は先発投手陣。

オープン戦の勝ち頭・大瀬良を軸に、野村、ジョンソン、九里、岡田、床田と名前が挙がるが、盤石のリリーフ陣にどうつなげるかがチーム浮沈のカギを握る。それでも優勝候補筆頭であることは疑う余地がない。

個人的にはルーキー・小園、左の本格派・床田に注目している。

ヤクルト

2018年、セ・リーグで最も高いチーム打率(.266)を誇ったヤクルトスワローズ。

何といってもその中心に座るのは3度のトリプルスリーを獲得した山田哲人選手。チームが去年同様の成績を残すためには彼の成績が大きく関与することは間違いない。

また精神的支柱で去年も打率3割を超えた青木や抜群の長打力を誇るバレンティン、雄平、坂口といった結果を残す確率が高い選手が居るのは強み。また今年は19歳の村上が覚醒間近。彼が20発以上のホームランを打つようであれば、面白い戦いが出来るのではないか。

ただ懸念材料を挙げるとすればやはり投手陣。エースの小川、昨季7勝の石川、同じく10勝のブキャナンに続く投手が出てくるか否か。日本ハムから獲得した高梨がセ・リーグで大化けするかにも注目したい。

リリーフに関しても新天地で活躍を期す五十嵐と寺原、昨季も安定した成績を残した大下とコマは揃うが、今年も大味なゲームが続くのではないかと個人的には感じている。

少しずつ若返りを図ってきているチームなので、ペナントを戦いながら去年同様2~3年後を見据えた戦いをしていくことを楽しみに待ちたい。個人的には村上の大躍進を期待している。

巨人

オフに超大型補強をして世間を騒がせたチーム。

派手なイメージの強い球団ではあるが、獲得した炭谷と丸の加入により、炭谷( 小林 )・坂本・吉川尚・丸という鉄壁のセンターラインが出来上がった。長いシーズンを戦っていく上でここはすごく大きい部分。

また昨季出塁率.468を誇った丸の後に3割30本100打点を記録した岡本が座るだけに、1番を打つ吉川尚と2番を打つであろう坂本勇がどれだけ出塁出来るかが得点力アップの大きなカギ。

同様に5番を打つ陽・亀井・ゲレーロ・ビヤヌエバ・中島辺りの使い方もシーズンの順位を左右しそう。代打にそれらの選手と阿部が居るのは大きな強み。

投手陣では絶対的な柱・菅野を中心にヤングマン、畠、山口、メルセデス、高橋でスタートする模様。外国人の出来、新人の出来次第にはなってくるが、他に実績十分の田口や野上、今村といった投手が控えるだけに、そこが機能するようであれば非常に面白いのではないか。

ただやはり気になるのは今年もリリーフから抑えにかけて。抑えを務めていたこともある沢村が戻ってきたが終盤にゲームをひっくり返される試合が今年も多いのではないか。それでも余りある打線をもってすれば優勝候補を争うチームであるのは間違いない。

個人的には素晴らしい活躍を見せるであろう吉川尚と、思い切りの良い腕の振りをする坂本工に期待したい。

横浜DeNA

近年若手が力をつけ、躍進を狙うチーム。

侍ジャパンでも素晴らしいピッチングを見せた今永を筆頭に、石田・濱口・東といったイキの良い若手左腕が並ぶ。またドラフト1位で獲得した右の本格派・上茶谷のボールとマウンドでの表情が素晴らしく、京山と共にこの左腕王国に食い込んでくるようであれば非常に面白い。

また抑えに山崎という大投手、リリーフにパットン、エスコバー、三嶋、砂田といった投手が居るだけに、先発が試合を作ることが出来れば勝利の可能性は非常に大きくなる。

打撃陣も盤石で、宮崎・筒香・ソト・ロペスといった厚みのある打線に加えてオープン戦首位打者の楠本や足のある大和らが絡むと試合を優位に運べるのではないか。

梶谷や桑原、神里や中井といった選手たちが刺激を受けて本来の活躍を見せるようであれば投手陣が安定しているだけにシーズンを通して良い戦いが出来そう。個人的には楠本と上茶谷の姿を追いかけたい。

中日

ドラフト1位で入団した根尾の影響は大きく、京田や堂上、高橋周らは大いに刺激を受けた様子で全体的に戦力はアップしている様子。

ただ、大島・平田・福田・ビシエド・アルモンテらを中心とした打撃陣は少し迫力に欠け、何試合も大量点を望めるチームではないだろう。

そこで投手を頼りにしたいところではあるが、昨季復活の兆しを見せた松坂大輔がケガで出遅れ、山井・吉見・柳・笠原・大野の投手陣は他球団に比べると少し見劣りする。

リリーフ陣には田島や谷元、岡田、鈴木博といった良い投手が揃うだけに、若手が奮起し、先発投手陣と打撃陣に厚みを持たせてくれることを願いたい。

個人的には根尾が1年目からどのぐらいやれるのかに注目したい。

阪神

メッセンジャー、西、ガルシアという3本の柱、そこに岩貞・青柳・秋山・才木と続く先発陣は12球団1とも言える陣容。投手陣で言えば、高橋・石崎・能見・藤川・ドリスといった救援陣がどれだけ接戦をものに出来るかがカギ。

現状では未知数である藤浪・望月・小野・高橋遥あたりが力になるようであればおもしろい。

豊富な投手陣を揃えるだけに課題は野手陣。今年も糸井・福留頼りは否めない。

残る外野の枠を争う近本、高山、中谷、江越あたりが彼ら2人を脅かすようであればおもしろいが、大山・マルテ・木浪といった選手が期待通りの活躍を出来るかどうかで成績が大きく変動しそう。

2018年は最下位だったが、4番に座る大山が去年の巨人・岡本のような活躍を見せ、若い力が躍動すれば優勝争いも出来るのではないか。個人的にはやはり近本・木浪の若い2人を追いかけたい。

2019年セ・リーグ順位予想

今の分析をふまえて出した順位予想はこちら。

1位 横浜DeNA

2位 広島

3位 巨人

4位 阪神

5位 ヤクルト

6位 中日

広島や巨人の戦力はたしかに充実していて、また1位~4位はどのチームも上にあがる力を持っていますが、先発・抑え・主軸がしっかりしていて投打ともにバランスの良い選手が揃う横浜DeNAが最後逃げ切るシーズンになるのではないかと感じています。

シーズンは長くケガもあるのでまだわかりませんが、ボクの今年の予想はこんな感じでした。皆さまの順位予想はどんな感じですか?

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
カラダ本来が持つ「 治すチカラ 」を高め、
薬に頼らないカラダを取り戻していく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状、

不妊症やPMS、逆子や冷え症などの
婦人科系症状でお悩みなら、
お力になれますので、お気軽にご相談下さい

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。中学時代全国大会に出場するも、野球で右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。その後数々の治療院で経験を積み、2012年10月、生まれ育った町・城東区鴫野で段上はり灸整骨院を開院。頭痛・めまい・不眠の元となる「 自律神経の乱れ 」、生理痛・PMS・不妊の元となる「 ホルモンバランスの乱れ 」を調整する治療を専門におこなう。頑張る毎日を送る方が「 ほんの少し息が抜ける空間 」を作るため、施術はお一人ずつパーソナル、1日7~8名様限定で施術をおこなっている。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年4ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログについてのアドバイスや講演も少し。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-日記, 趣味, 野球