*

SNS 仕事への想い 日記 普段の日常

「 SNSでよく見る人 」について、黒豆茶を飲みながら考察したお話。

オリックスの頓宮選手が2本目のホームランを放ちました。新人でありながら5番に据えられ、期待以上ではないものの、それでも着実に結果を残していく姿が新人離れしていますね。和製大砲として大きく飛躍してほしいですね。

こんにちは!「 精進 」と書こうとして「 精神 」と書いてしまったスポーツ根性満載の鍼灸師だんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

昨日は妊娠35週目の妊婦さんが3回目のご来院。2回目の施術の後の検診で逆子が治っていたらしく、昨日は逆子治療ではなく、スムーズに出産できるように安産灸と産後を少しでも楽に過ごしていただけるようにお身体のメンテナンスをさせて頂きました。

元気な赤ちゃんを産んで、またお顔を見させていただけたら嬉しいです♪

さてさて。

物を買う時や何かお金を払ってお願いをする( サービスを受ける )時は、その相手側の方が見ず知らずの方よりも「 知り合い 」や「 友達 」の方が嬉しいかと思いますが、道端ですれ違って顔すら覚えていない人よりも、居酒屋さんのカウンターで何度か見たことがある人の方がなぜか親近感が湧きますよね。

どちらも同じ「 見ず知らずの方 」なのに。

その違いが何かっていったら「 ( よく見る人という )情報 」があるかないか。ただそれだけですよね。

人ってその人のことを良いか悪いかを判断する時に、判断材料として情報がたくさんあった方が正確にジャッジが出来るんです。

第一印象で「 あ、この人嫌いだ! 」と思っていたのに、喋ってみると「 案外良い人なんだな 」と思って仲良くなっちゃうアレですね。

ようは「 情報 」が相手に伝わっている人の方が親近感は湧きやすいってことです。これ結構大事です。

はい。そんなことを言いながらも相も変わらず縁日BBQの準備を進めている私でございますが、一昨日は仕事終わりに友達のカフェ居酒屋さん( 京橋・灯 )に行っていました。

▼安定の黒豆茶

息抜きも兼ねてですが、縁日BBQで使用するプラコップ( ビールやお茶を入れるもの )800個を購入するためです。

えぇ、もちろん一人ではなく、二重アゴ先輩ならぬ、スマホに首ったけの同級生と。

▼デザイナーさんや参加者さんとやり取り中だそうです

( ハイボールを飲み始めた )彼が自分で乗ってきた車をお茶しか飲まないボクが運転して帰るのは日常茶飯事なので、敢えてここでは触れないでおきますが、こちらの「 お肉先輩 」がお店に入るや否や、初めて会ったはずの人たちが「 おーーーっ!! 」みたいない感じでもう何度か会っている人のようなキョリ感で話し始めたんです。

あれ?前に会ったことあったっけ?って聞いても本人も「 会ったことない… 」という始末。

不思議だったんで尋ねてみると、どうやら「 SNS上でよく見る人 」だったようです。

お店の店主のりちゃんとか、ボクとか、彼の友達とかのInstagramでです。

ホントに小さな規模ではありますが、芸能人みたいな存在になっていたってことです。あ、良い風に言い過ぎましたね。笑

でもね、その後ものすごいスピードで距離が縮まり、頭をはたく( ツッコミの時に頭をはたく )ぐらいの関係に。関西では一般的な光景ですが、さすがに初対面ではまず叩きませんよね。笑

それがたった数分で出来ちゃうぐらい「 親近感 」を抱いていたってことです。いやほんとすごいですよね、今の時代って。

で、彼が何の仕事をしているのかみたいな話になって「 大阪エヴェッサ 」の話を出すと「 行ったことある! 」とか「 バスケ見に行きたい! 」ってなって、彼の本業に繋がっていっちゃう。

不適切な動画を流す人もいるだけに難しいですが、やはりSNSっていうものは今の世の中に必要不可欠なものになっていますよね。いよいよ名刺も要らなくなりますね。

てな感じで黒豆茶を飲みながら、そんなことを思っていました。

のりちゃんのお店が4月28日(日)で最後になるので、行ったことがある皆さんはぜひとも最後に足を運んであげて下さいね~^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, 仕事への想い, 日記, 普段の日常