*

カラダについて ホルモンバランス めまい 健康 免疫力 女性のからだ 妊活 産後 睡眠 自律神経 豆知識 鍼灸 鍼灸やカラダについて

ついつい人の顔色を伺って、自分の本当の気持ちを出せない方へ。

2打席連発、それも左右両打席でホームランを放った日本ハムの杉谷選手。プロ通算10本程の選手が、プロ野球の歴史でもたった19人しか達成していない大記録を達成しました。守備の人、ムードメーカーというイメージが強いですが、おそらく目につかないところで相当練習しているんでしょうね。

こんにちは!無給だった弟子時代のなごりで、パンを買う時は「 いかに300円以内で抑えるか 」に力を注いでしまう鍼灸師のだんじょーです。

5月28日(火)におこなわれる短パンフェスで着用するTシャツ、パーカー、法被が到着。お店を出店する人はこちらのカッコいいオリジナルパーカーを着るとのことで、祭好きなわたくしとしては俄然気持ちが上がっております。

そして本日の黒板はこんな感じでした。

「 人に気を遣うという行為は、人に気を配って( 渡して )しまうということなので、自分の気が減って疲れてしまいます。 」というようなことを、お灸に見識が深い友人のスキカラ氏が呟いていたので、引用させていただきました。

▼貼り付けられていた写真はコチラ

「 会いたくない人とご飯を食べていると疲れる 」というのは気が減っている状態ということですと、わかりやすく書いてくれていますね。

人間には2種類しかいない。さて、どちらとお付き合いしますか?

昨日お越し下さった聴覚過敏( 音楽とか人の声が聞こえすぎてしんどい )、不眠、食欲不振、不安感を訴える女性の患者さんと話していたのですが、カラダがものすごくしんどくなって自分でも制御できないぐらいになると、周りに居るお友達や家族、恋人なんかにその「 辛さやしんどさ 」を言えなくなる方が多いんですね。

公表せずに、自分だけで留めておこうっと思っちゃうんです。

え?何で?しんどいなら言ってしまったら楽じゃない?助けてもらったら?と思う方も多いと思うのですが、中には「 自分ではなく相手の方を最優先に考える方 」がいらっしゃるんですね。

その方々の心境はどういうものかというと「 今の自分の状態を伝えて変に思われないかな? 」「 こんな重たい話を相手にしたら、しんどいだろうな、迷惑が掛かるだろうな 」という気持ちなんです。

さっきのスキカラ氏の「 気を遣う 」状態で「 自分の気( エネルギー )を減らしている 」あまり良くない状態なんですね。

この思考だと、どんなに薬を飲んでも、鍼灸をしても、リフレッシュしても、ある一定のところまでしかいきません。

これを抜け出す答えは簡単で、ベクトルを相手ではなく自分に向けること。相手の顔色を伺って、心の中を勝手に想像して答えを出すのではなく、自分がどうしたいのかを最優先すること。

でね、この時に大事なのが「 自分が選んだ決断 」が必ずしも「 相手の負担 」にならないということ。

これはメモしてでも覚えておいてほしいんですが、こういう状況の際、人間にはそもそも2つのタイプしか居ません。

良い風に受け取ってくれる人と、悪い風に受け取る方です。

これはどんな場所に行っても、どんな国に行っても、どんなコミュニティに入っても2タイプ居られます。

「 わたし、今こういうカラダの状態で悩んでいて、ちょっと迷惑を掛けるかも… 」と伝えた時に「 あ、そんなん全然いいよ。無理しなくて大丈夫♪ 」と答えてくれる人と「 関係ないわ。そんな知らんから頑張れ。 」というタイプの方。

どうやっても2タイプ居て、自分が選んだ決断に対して言ってもらえて嬉しいという層と、負担と捉える層が必ずいます。

では、その時にあなたは前者の方とお付き合いするのか、それとも後者の方とお付き合いするのか、もしくは前者・後者のどちらも合わせた世界中全ての人とお付き合いするのか、どうしたいですか?ということなんです。

ボクなら圧倒的に前者です。

自分のことを受け入れてくれる人も居れば、悪く捉えて陰口を叩く人も居ます。

人から嫌われたくない気持ちもわかりますが、世界中全ての人に好かれるなんて絶対にあり得ない話です。ディーン藤岡とかキムタクでも「 カッコ良くない 」という層がある一定数居るんですから。笑

だったら、あまり好かれてない人に無理して好かれようとせず、自分のことを好きだって言ってくれる方に向けてエネルギーを注いで過ごした方が毎日楽しいし、頑張る必要がなくなるのですごく心が軽くなりますよ。

「 自分の奥底に沈めてしまった本当の気持ち 」を伝えて離れていくような友達なら、残念ながらそれはホントの友達じゃないってことです。

こんな自撮り一つとってもそう。笑

「 こんなヤツ気持ち悪い 」という人も必ず居られますが、それでも見て下さる方やボクのことを応援して下さる方が楽しんでいただければそれで良いと思ってます。

ま、長くなりましたが、自分を出せない、人の顔色を伺ってしまうという方は、自分が一体どういう方とお付き合いしていきたいかを考えてみて下さい。

それでも抜け出せなかったら、ジムに通うようにカウンセリングがてらリフレッシュしに鍼灸を受けにきて下さいね。きっと今より少し前向きになってお家に帰れるかと思います^^

という華麗な宣伝で幕を閉じたブログでしたが本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-カラダについて, ホルモンバランス, めまい, 健康, 免疫力, 女性のからだ, 妊活, 産後, 睡眠, 自律神経, 豆知識, 鍼灸, 鍼灸やカラダについて