*

SNS

北は北海道、南は奄美大島まで!仕事を3日間休んで、平日開催のフェスに長野県白馬村まで大人が集まる理由。

ガン告白から百数十日程で1軍へ復帰した阪神・原口選手。本人の活躍が同じ病気に立ち向かっている方の気持ちを後押しすることになるはずなので、お身体に気を付けながら、我々が想定する以上の結果を残してほしいですね。

こんにちは!短パンフェスの余韻から現実世界に戻ったはずなのに、ある素敵な記事のお陰でまた振り出しに戻っている鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

甥っ子の成長速度がエンゼルス大谷くん並みなので、これからが非常に楽しみです。

短パン社長は待ち合わせ場所

楽しかった短パンフェスからはや1週間。

▼香川の祭好き森さんの素敵な写真

▼キャンドルも素敵すぎました

▼樫谷さんに撮って頂いた写真も宝物です

もう一週間経ったのかという気持ちと、まだ一週間なのかという不思議な感情が交錯しておりますが、唯一言えるのはとにかく楽しかったという思い出は変わらないということ。

そんな楽しかった短パンフェスを今一度味あわせてくれるような記事を編集長のモギーさんがアップして下さいました。

▼クリックするとページに飛びます

5月28日(火)、大阪から車で6時間、長野駅からでも1時間ほど掛かる白馬村の平日の昼間に、なぜ450名もの人たちが全国から集まったのか。

そんなことが編集長さんらしい切り口でわかりやすく書いて下さっているので、ぜひ一度お読み下さいね。

どんな内容か、わからないけれど、短パン社長がフェスをやるなら絶対楽しいに決まってる。

何かとんでもないことが起きるに違いない。この場所でしか感じることができない何かがきっとある、そんな確信がありました。

ホントにこの言葉に尽きるんですが、ボクも全く同意見。

売上とか正直どうでもよくて、白馬?平日?準備・片付け含めて3日間休むの?と二の足を踏んでしまいそうな環境でありながら「 どうしたら参加することが出来るのか 」だけを考えて、GWと日曜日を返上して「 参加出来る状況 」を整えました。

これはきっと北は北海道、南は奄美大島から集まった出店者さんみんな同じだと思います。だからこそ、一体感があるイベントになったわけで。

でも今回のフェスの一番のミソは、大の大人たちを「 そんな気持ちにさせたところ 」にあるとボクは思います。

ボクのSNSやブログを通して「 短パンフェスって何? 」「 短パン社長って何者なの? 」と会う人会う人にたくさん質問されました。

テレビやメディアにも引っ張りだこのむちゃくちゃ影響力のあるすごい方ですが、もとを正せば我々と同じ一般の方です。

ようは一般人の代表格であるような私だんじょーが「 平日の長野県白馬村でフェスやるよ! 」って言って「 行きたいです!! 」と共感して下さる方々が3日間仕事を休んで、北海道や大阪、香川や奄美大島から集まり、また450名もの参加者が集まったのと同じってことです。

普通むりでしょ?笑

そう例えるとどれぐらい異次元なことだったかよくわかるかと思います。でも短パン社長はそれを可能にしちゃったわけで。

実際SNSやブログをしている人としてない人の温度差があるのですが、それがすごく重要で「 SNSやブログを通してそれだけの大人を熱狂させたところ 」に今回ボクたちが学ぶべき点があると思うんですね。

▼香川県の酒屋さん

▼大阪の島珈琲さん

▼北海道からは小樽政寿司さん

▼10分しか影響しない香川の大庄屋さん

▼兵庫県の洋菓子屋さん・リビエールさん

▼新潟の洋菓子屋さん・ハッピーシュガーさん

▼地元・白馬のお店も出店

▼松葉杖ビジネスの方も

▼福岡のもつ鍋屋さんを始め、全国からお店が集結

▼神奈川県のあこさん率いるネイリストさん達

フェスに来られる方にとにかく楽しんでもらいたい、喜んでもらいたい、もっというなら自分自身もその場を楽しみたい、そんな想いを短パン社長がブログやSNSを通じてアツく語っていたのを見ているからこそ、全く同じ温度の人たちが集まってきたわけで。

だからこそ「 良い空気 」にしかならないんですよね。

そんな想いが合致している出店者さんたちと準備・フェス・片付けと3日間ともにし、たくさんの学びを得るとともに「 祭 」を通して良い関係性を築くことが出来ました。

この体験から何を学ぶかですね。

ボクも曲がりなりにも「 縁日BBQ 」というイベントを企画・運営している身。そして同じく一緒に運営している同級生の中西氏も、家族を連れて3日間白馬へ応援しに来てくれました。

ほぼ全ての店舗さんでお金を落とすといういかにも中西氏らしい行動をすると同時に「 自分たちのイベントに活かせる点・学ぶべき点 」を冷静に見てくれていました。また意見をぶつけ合って、来年の縁日BBQでも、より皆様に喜んで頂ける場を提供したいと思います。

「 書を捨てよ町へ出よう 」という寺山修司さんの英文で「 Throw Away Your Books, Rally in the Streets 」の streets を shortts fes に変更して「 考える前に行動しようフェスに行こう) 」という意味が込められている短パンフェス。

ようは行かなきゃわかんねーよってこと。

素敵な体験が待っているのはわかっていましたが、実際に足を運んでみた景色はその数倍上でした。とにかく、楽しかったで終わらないよう行動していきたいと思います。

▼出店者メンバー、これでも全員じゃないです

本日は以上です!それではまた明日~^^

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年9ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS