*

仕事への想い 日記 普段の日常 趣味 鍼灸

感性に触れるだけでなく、そこから何を学べるか。

交流戦初戦はセ・パともに3勝3敗のスタート。過去実績を見ても圧倒的にパ・リーグの方が強かったですが、たくさんの素晴らしい投手が日本を去った今、首位争いだけでなくリーグとしてどちらが強いのか見るのも楽しみですね。

こんにちは!野外フェスで燃やしに燃やしたお灸。そのニオイがこびりついて取れなかったクリアケースにクリーニング屋さんから買った消臭スプレーを数滴噴射したら、見事にニオイが消えて驚いている鍼灸師のだんじょーです。

▼右のスプレーです( 2600円ほど )

今日の黒板はこんな感じでした。

女性は痛みに強く、また美容や健康への意識が男性よりも高い方が多いので、ボクらのような鍼灸院には圧倒的に女性が多くなりますが、本日は珍しく男性が6割。

ご自身の中で「 価値 」を感じて来て下さっているはずなので、ご期待を越えられるようしっかり施術させていただきたいと思います。

感性に触れるだけでなく、そこから何を学べるか

昨日は仕事終わりにいつもの中西氏と、ボクが今まで見てきた中で「 最もグルメな方 」と一緒に大阪福島にあるお寿司屋さんへ。

大通りから裏通りへ抜け、そこからさらに細い路地を入ったGoogleマップでも見つけにくい場所にあるお寿司屋さん。そんな場所で始めて現在で6年半になるそう。

伺った時も同じカウンターにMBSの超有名番組のプロデューサーの方が来られていました。

▼クセのない赤酢がまた美味しい

外食というと専ら焼肉が多いですが、たまにこうやってグルメな方にお連れいただくお寿司屋さん。

食べることやお話を楽しむのはもちろんなんですが、ボクの楽しみは大将の手捌き。

どういう包丁の入れ方をするのか、シャリはどのぐらいの量でどのぐらいの強さで握るのか、なぜそのひと手間を加えてお寿司を出すのか。なぜ…なぜ…と、そんなことを一人で勝手に考察しながらお寿司を楽しむとより一層味わいが深くなる感じがするんですね。

答え合わせも必要ですが、自分の中で考えて思考を巡らすことも大事。

ボクも弟子入りしている時によく言われた「 見て学べ 」の世界観が寿司職人さんにもあって、改めて「 食 」って「 エンターテインメント 」なんだなって感じさせられます。

お金を遣うところは人それぞれ。良い家に住みたい、良い車に乗りたい、良い時計や良いカバンを持ちたい、良い服を着たい、美味しいものが食べたい、綺麗で居たい、健康で居たいなど様々ですが、何かしらの価値を感じているからこそ消費するわけで。

ボクは良い服とか良い時計とかあんまり興味ないですが、ボクらが提供する健康や美容の鍼も同じことで、見る人にとっては「 服には出せるけど、健康にそんなお金出せねーよ 」という方も居るのも事実。

その中で全く違う業界でたくさんお金を払って体験をするってすごく大事なこと。そこから何を感じ、何を学び、どう活かすのか。すべてそこに繋がるんですね。だからこそ、良いサービスは常に受けていたいタイプの人間です。

高校生の時に北新地にある鉄板焼きステーキの発祥のお店で働けたことがボクの根幹になっていますね。物もサービスも、来られる方も行う所作も全然違うんですよね。学べることが非常に多かったです。

▼そしてレコードが聴けるバーへお連れいただきました

オーナーさんはまさかまさか高校の1学年上の先輩。ボクの幼馴染と同じクラスだった方で「 見たことあります 」と言われる始末。世間って狭いですね。笑

そんな素敵なお店でホットコーヒーをいただきながらこれまた素敵な体験をしただんじょーでした。

▼コーヒーは390円と安価過ぎる値段

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-仕事への想い, 日記, 普段の日常, 趣味, 鍼灸