*

SNS オススメのお店 ブログ 日記 普段の日常

小売業・接客業として大切な部分と、これからのお店の在るべき姿。|OWNDAYSイオンモール四條畷店さんでメガネを購入しました!

ノーヒットで抑えられていた敗戦ムードを足でひっくり返した阪神・近本選手。赤星選手が居た2003年や2005年の優勝の際も、スピードで相手に脅威を与えていましたが、やはり野球は速い球を投げる、遠くへ飛ばすだけではないのがよくわかりますね。

こんにちは!高校1年生の頃は物理が苦手でテストの点数がいつも悪かったんですが、この成績を伸ばせば平均点が格段に上がると思って2年生・3年生の際は物理を得意教科に変えてしまったしたたか系鍼灸師のだんじょーです。

昨日はメガネを買うためだけに、車を走らせて四條畷のイオンへ。

▼お目当てのOWNDAYSさん

こちらのブログや施術の際のお話で何度も何度もご紹介させていただいている世界的メガネチェーンさんですね。

メガネは医学的な要素も含みますが、同時にファッションアイテムでもあり、アパレル的側面も含むもの。そういう視点で設計された、他のメガネ店さんより明らかにオシャレな店舗デザイン。

縁日BBQを企画・運営している幼馴染の肉スタグラマーこと浅野広大氏と共に行ってきたんですが、我々がそこへ行った理由は「 オシャレだから 」「 安いから 」という理由ではありません。

先日長野県へ行き、美容鍼と箱灸をさせていただいた短パンフェス主催者の短パン社長を通じてOWNDAYS・田中修治社長のことを知り、14億円の赤字メガネチェーンを買収して再生させたこと、総選挙で上司を決めること、社員の方々が楽しくお仕事をされていることを知りました。

中でも社員の方々がSNSやブログにて積極的に発信し「 メガネを買うためにOWNDAYSに行く 」ではなく「 〇〇さんからメガネを買うためにOWNDAYSに足を運ぶ 」という構図を作っていこう。ようは「 あなたから買いたい 」という状況へ持っていこうよという社風がとにかく素敵だなと。

その根底にあるのは「 AIの発達で、メガネ屋はいつか無くなる。その時に違う業種でもこれまでと同じように活躍できる人材を育成したい 」という田中社長の想い。

そういったことをSNSやブログを通して見てきて、また破天荒フェニックスという田中社長の本を通して目にしてきたら、メガネはOWNDAYSさんで買いたくなりますよね。

▼メガネ購入後の待ち時間はこの人と定番のお肉を

残念ながらSNSを通して見てきた方々とはお会いできませんでしたが、メガネを買い慣れていない、そもそも「 どのメガネが自分に合うのかわからない 」という我々に対して、親切丁寧にご説明いただきました。

「 お仕事でスーツを着ないなら、コチラのメガネはいかがですか? 」「 そちらももちろんオススメですが、ボクは個人的にコチラの方が似合うかなと思います! 」とハッキリ伝えて下さるのがボクらには嬉しくて嬉しくて。

「 どんなメガネを買っていいのか 」わからなかったので、その提案がなければおそらく3時間ぐらいメガネを買えなかったと思います。業種は違えど「 相手が何を望んでいるのか 」ということを掴むのは、やっぱりすごく大事ですね。

▼浅野氏フィッティング中

てことで素敵なメガネに出会うことが出来た我々であります。

▼どうですか?似合ってますか?

お店の方に了解をいただいて写真を撮らせていただき、SNSにアップ。

小売業・接客業として大切な部分と、これからのお店の在るべき姿みたいなのを感じさせて下さるような体験でした。

また次メガネを買う時も、イオンモール四條畷店さんへ行きたいと思います!

▼お酒も飲めないのに、立ち飲み屋さんに行って〆た我々

ご対応いただきありがとうございました!!

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, オススメのお店, ブログ, 日記, 普段の日常