*

お休み・祝日診療ご案内 だんじり 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常 町会 趣味

「 祭 」という文化がある地域にしか存在しない、特殊な景色。

来日以来初めて黒星がついた阪神・ジョンソン投手。そんな安定感抜群の投手を搔き乱したのは打線ではなく増田大輝選手の足。一時はとび職も経験したという苦労人の磨き上げられた走塁はプロの世界でも超一流。もしかすると将来侍ジャパンに特別枠として選ばれるかもしれませんね。

こんにちは!スーパーや大型ショッピングモールに押されて縮小傾向にある商店街でお店をする人たちは、もっと「 モノ 」ではなく「 人 」にフォーカスして昔のようにたくさん「 コミュニケーション 」を図るべきだと、頼まれてもいないのにアレヤコレヤと考察している鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

7月13日(土)は夏祭のため休診。その振替えとして7月15日(月)を開けておりますが「 残り2枠 」なので、祝日しか行けねーよ!という方はぜひぜひこの機会にご利用くださいね^^

さて。

昨日はだんじりの先輩にお声掛けいただき、地元の名店・津門さんへ。

いつも祭でもご祝儀をいただくお店で、日曜日に若衆の子たちが10数名で足を運んでくれていたみたいです。10数名×5千円としても、5~6万はお店に落ちるということです。脈々と受け継がれる歴史、みんな流石ですね♪

あ、そうそう。だんじりの後輩・美容師のわたなべくんがむちゃくちゃ良いブログを書いてくれていたので、良かったらぜひ読んでみて下さいね^^

▼クリックするとページに飛びます

はい。

そんな昨日の津門さんへは、またまたこの方たちと一緒です。

▼お肉に目がない肉スタグラマー浅野広大氏と、それを実況するプロデューサー中西氏

お店の方が最高の状態で出して下さった絶品のトンカツを「 赤身が見えるように 」とお箸で小細工する整えるお肉に精通する人と、それを卑下した目で見る幼馴染。

先輩が「 広大、お肉好きやろ 」と、ステーキを注文して下さいました。

彼のインスタはこういう形で周りのサポートにより成り立っていることをここにご報告致します。

こちらのお店はその先輩が以前から頻繁に行かれていて、豪快にお金を遣う方なので毎回すごい金額をお店に落として行かれます。

昨日もお連れいただいたボクたち祭メンバー6人は1円も払わず全てご馳走していただいたのですが、大食漢のボクが「 もう食べれない 」という程の食べ物を注文していただき、酒豪のみんなが良い感じに酔うぐらいお酒もたくさん注文して下さいました。

お会計の金額は見てないですが、これまでボクたちがお店に足を運んできた肌感覚からすれば、おそらく10万円は超えているはず。また、たまたま隣に座った子が昔だんじりに出ていた後輩で、一緒に来ていた友達も含め、飲み物をご馳走して下さっていましたしね。

もちろんご馳走していただくのは当たり前ではないですが、ボクたち祭の世界ではわりとよくある景色。若頭という青年団の團長に相当する役や町元・会長という役を務める方は特に、後輩のためにお金を稼ぐ、みたいな部分も少なからず心の中にはあります。そしてお世話になっている、ご祝儀をいただく地元のお店に還元する。

今まで33年間生きてきてこんな過ごし方をする大人って「 祭関係者 」以外に見たことなくて、義理もあって人情もあって地元への心も大切にする。ボクはこの景色がすごく好きで。そして昨日もやっぱり思ったんですが、祭と地元のお店屋さんって切っても切り離せない存在なんじゃないかなと。

▼小学校の盆踊りのご祝儀の依頼。6年間お渡し続けてきましたが、未だに名前を間違えるシュールさ。笑

ボクも地元でお店をしているので、地域や町会の行事はもちろんのこと、今まで一度も祭のご祝儀を欠かしたことがないですが、やはりその「 気持ち 」に対して「 想い 」で返して下さる方が多いです。こういう循環って、祭がない地区にはない文化じゃないかなと。

▼香川県観音寺で祭をする仲良しのオジサンたちから送られてきたムービー

▼月曜日から豪快に飲む人たち。やっぱり行っているのは地元のお店ですね

この文化は大阪市内だけじゃなく、はたまただんじり界だけじゃなく、祭がある地区の万国共通の現象なんでしょうね。

▼一滴も飲まずに数百円を落としていく人も居ます

▼そんな人はこれまで多数拝見

てな感じで楽しい宴も23時過ぎには終了。お酒を飲まないボクが先輩を送って行き帰宅。本当にご馳走様でした。

津門さん名物、〆の稲庭うどんを食べながら思ったことは概ねそんなことでした。

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-お休み・祝日診療ご案内, だんじり, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常, 町会, 趣味