*

カフェ 仕事への想い 日記 趣味

もしも竹内涼真くん・石原さとみさんが、日本で一番太いハリを使った鍼灸院を経営していたら。

4年連続2ケタ勝利を挙げたソフトバンクの千賀投手。育成から這い上がり、気付けば日本球界のエースへと昇り詰めました。きっとたくさんの苦労はあったと思いますが、それ以上に人よりたくさん努力したからこそ今の結果があるんでしょうね。

こんにちは!今日はブログを書く時間が30分もないのに今この段階で内容を何一つ思いついていない鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。

「 大阪の鍼灸院の中で一番太いハリを使っています 」という冗談をただ書いただけのようですが、一応そこに「 メッセージ 」が込められているんですね。でもおそらく誰もその意味を読み取れないと思うので補足説明しておきますね。

ブログを見た方だけの特権ですね。いつもお読みいただきありがとうございます^^

よく、鍼灸というものをお伝えする時に大体どの鍼灸院さんも「 うちのは日本で一番細いハリを使っています 」「 ハリは全く痛みがないです 」と謳います。

そういう風になぜお伝えするかというと「 鍼灸への敷居を低くするため 」なんですよね。

痛くないですよ、怖くないですよ、なので良かったら一回どうですか?的な。

人間って「 未知 」のものに遭遇した時やはり不安になるので「 そういう部分 」を解消していく行為は非常に大事。でも、鍼灸の受療率( 受けたことがある人の割合 )が日本で5%と言われている理由はボクは「 そこ 」にあるんじゃないかなと。

先日のブログの冒頭で書いた「 技術の日産 」と一緒ですね。うちの技術はすごいですよと言われても、そのPRに響く人は「 車の性能とか技術に詳しくて好きな方 」だけ。ほんの一握り。

車を乗るほとんどの方が求めているのは、車の技術うんぬんではなく、この車を買うことでどんな体験が出来るのか、家族とどういう過ごし方が出来るのか、キャンプに行った時、荷物を載せる時にこんな形で使い方が出来て便利ですよとか、その車を手に入れた先のストーリーなんですよね。

だからね、本質から言うと誰も鍼灸師が使うハリの太さなんか気にしていないんです。求めているのはその鍼灸師に対する安心感とか、それを受けることによってどんな生活、どんな体験をすることが出来るのかという部分。

おそらく竹内涼真くんや石原さとみさんが日本で一番太いハリを使って鍼灸院を開業してても、みんな行くでしょ。ボクだったら行きたいですもん。笑

ね、スペックじゃないってこと。解消しなければいけない不安点はそこじゃないんです。

▼高校の先輩がやっているレコードBAR。

大阪市内。玉造にあって、深夜3時頃まで営業していて、夜のカフェ利用も可能なレコードBAR。好きなレコードをリクエストすることも出来る落ち着いたお店。そして店員さんがイケメン。( ボクの高校の先輩 )

ね、行きたくなりますよね。笑

( お店情報はコチラ )

何でかっていうと、もうそれだけで自分がそこでどんな体験が出来るのかをイメージ出来たから。そしてボクの知り合いだからという点も大きい。

「 受療率を上げるため 」に鍼灸業界がやらなきゃいけないのはスペックじゃなく、こういうところ。知ってもらって、興味を持ってもらって、好きになってもらう。4年もほぼ無給で弟子入りして鍼灸を学んだ技術畑( 技術ありきの考え方 )の人間ですが、今はやっぱりそこが大事だと感じています。

ま、見て下さった方、伝わる方にだけ届けばいい内容なので、それを受けて何かを感じてくれる鍼灸学校の先生、鍼灸師さん、鍼灸学生さんが一人でも居てくれたらボクは嬉しいです。

何も考えずにスタートして何とか今日もブログを書くことが出来ましたね。笑

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-カフェ, 仕事への想い, 日記, 趣味