*

SNS 仕事への想い 城東区や鴫野のこと 日記 鍼灸 鍼灸やカラダについて

身近な方にしっかりと想いを届け、選んで頼って頂いた方に喜んで頂く。 小さな町の鍼灸師の在るべき道。

7回無失点、これで2試合連続勝利で16回連続無失点を続けている楽天のルーキー・弓削投手。190センチを超える長身、しなやかな腕の振りからキレの良いストレートと鋭く曲がる変化球をコーナーに投げられると、打者はもうお手上げですね。

こんにちは!食べ物飲み物は少しでも安く手に入れたいはずなのに、コンビニでお茶を買う人が後を絶たない現象を楽しく眺めている鍼灸師のだんじょーです。

同じものをスーパーでは安く売っているのがわかっていてついつい便利さに価値を見出す部分に「 モノを売る本質 」が隠れていますよね。

今日の黒板はこんな感じでした。

開幕前に予想したプロ野球優勝予想。横浜DeNA・日本ハムを1位にした時には多くの方に鼻で笑われましたが、現在はどちらも2位。ただの野球好きのボクの分析の上での順位予想ですが、最終の結果が楽しみですね。

価値あるものなのに、まだまだ認知度が低い鍼灸業界について

昨日あるツイートを発見しました。

鍼灸のWEB媒体の編集長で、河内長野市で開業するさまんさ先生。

▼ツイートはこんな感じ

何十年も付き合ってきた腰痛にかなりの改善が見られた患者さん。 「鍼灸なんかで治るんかいなと思ってた」と言われたので、「鍼灸なんかで治るもんで良かったね」と伝えた。 鍼灸なんかで治るならめちゃラッキーやんか。

このツイートが素敵だなって思った。

というのも「 鍼灸なんかで治るんかいなと思ってた 」にも関わらず「 あなたに任せるよ 」と身体を預けたわけ。

このツイートには「 患者さんが抱くさまんさ先生への信頼 」が含まれているんですね。だからこそ何十年も付き合ってきた腰痛に改善がみられたわけ。信頼が生まれず、お願いをすることがなかったらその結果はないわけですから。

だからこそツイートの表面的な部分だけでなく「 信頼 」という部分にも共感し、ボクはこんな引用リツイートをしました。

よく似た考えで共感。 価値あるものなのに認知度は低い。それが鍼灸の置かれている立場で、数十年変わらない現状。 広く遠く、多くの方に届けようとする努力も大切ですが、自分の身近な方にしっかりと届け、選んで頼って頂いた方に喜んで頂く。 我々町の鍼灸師はその繰り返しが一番大切だと感じる。

ね、ホントにそう思います。

鍼灸の受療率( 受けたことのある人の割合 )はたったの5%。たくさんのメディアで取り上げられているにも関わらず、なぜ今も昔もずっと変わらないのか。その答えをボクの高校の同級生が呟いてくれました。

やっぱ痛い怖い以上に、よくわからんブレスレットとかと同じ扱いのように思われているとは思う。残念ながら信頼できるヒトにあたるまではその問題は解決しないと思われる

これが本質。みんなが思っている心の声です。

では我々はどうすればいいのか。答えは明白。「 信頼される存在 」にならないといけないわけです。

ボクも開業してもうすぐ7年。

長年やっていて感じるのは「 鍼灸を受けたい 」と心から願う方は少なくて「 鍼灸は怖いんやけど、だんちゃんがやっているから 」と頼って来て下さる方が多いんですよね。

技術や手技を磨くことも勿論すごく大切なんですが、やっぱり信頼してもらえる状況を作る努力をしたり、興味を持って頂ける存在になる努力をしないといけないんです。

ボクは数年前にその考えに達し、行動してきました。

今はSNSもブログもあって、自分のアツイ想いや考えを伝えるツールがたくさんあります。

多くの方が「 からだを良くしたい 」という想いを持っていて、その上で良い治療院を探している。なのに出会えない。その方々に向けてしっかりと届けられていないから受療率が5%になる。これは紛れもなく鍼灸師の怠慢なんです。

日本中の方に鍼灸を受けてほしい、幸せになってほしい。もちろん出来るのならそれがベスト。だけど実際には無理な話。だって一人のキャパなんて限れるわけですから。

だからこそ身近な方や、自分という存在を頼って選んで来て下さったごく一部の方にしっかり向き合って、喜んでいただく。とにかくその繰り返し。それが小さな町の鍼灸師の在り方なんじゃなかなと感じます。

色んな考えがあるかと思いますが「 その他大勢の方 」じゃなく「 身近な方が喜ぶ社会 」を作れると素敵ですよね。一緒に頑張りましょー^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, 仕事への想い, 城東区や鴫野のこと, 日記, 鍼灸, 鍼灸やカラダについて