*

だんじり 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常 町会 趣味

今年でお手伝い16年目!だんじり&町会役員の一員として天王田の地蔵盆へ。

ダルビッシュ投手を含めた現役トップ選手と往年の名選手との「 投げ過ぎ・球数論 」が過熱していますね。たしかにスポーツには反復練習が必要。カラダに沁み込ませるというものは大切ですが、靭帯は基本的に強く太くならずに消耗していくので、少ない反復練習で出来るだけ効率的に取り組むというのがやはりベストなのでしょうね。

こんにちは!毎日たらふく食べていますが、1日4食を摂れていないので少し体重が減ってしまった鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。かしこまってご挨拶を申し上げましたが、8月が終わりなだけであって、だんちゃんとこの鍼灸院はまだまだ続きますので悪しからず。

さて。

昨日のブログにも書いたように、一昨日は城東まつりへ。

その後、42万円分のお肉を焼く大BBQをおこない、天王田若衆たちと毎回ご祝儀をいただいている地元のお店へ。

一人、また一人と倒れていってお開きになったお話をしましたね。帰宅したのが夜の12時30分頃。

そこからお風呂に入って明日着る服の準備とお届けするブログの整理をし、眠ったのが夜2時前。

6時間ほど眠って朝8時に起き、朝は天王田町会の地蔵盆のお手伝いへ。

「 統一感のある3人 」を含め、後輩・同期を中心に、眠たい目をこすりながらみんな集まってくれていました。

▼甘党三銃士

▼ボクは香川県の酒のタニーズTシャツを着用して参加

開業してもうすぐ7年。地蔵盆の参加は今年で16年連続となりましたが、地元で開業する小さな鍼灸院の院長としての務めも欠かさずキッチリと果たしております。

▼毎度の如くお酒は地元の中西酒販さんで購入

これをしているからといって地元の方が来て下さるわけでもないんですよ。むしろそれを期待して出しているほどボクも浅はかじゃないです。でもこれが当たり前の務めだとボクは思っています。

そして「 少しでも安く済ませる 」なら酒のディスカウントで買った方が良いに違いないです。だけどお酒を飲まないボクはこういう時にしか貢献出来ないので、お供えやお祝い、手土産の際は必ず地元の酒屋さんで購入します。

こういうことも祭を通して先輩方から学んだこと。そうすれば少しでも地元にお金を落とせますしね。

患者さんのお身体を診させていただいた対価としていただいたお金をボク一人で留めていくより、より多くの方に届けて巡っていった方が絶対に良いし、きっとその方が明るい社会になると思っています。

こんな話をしだすといつまででも書いていられるので一旦ストップ。少し前置きが長くなりましたが、一昨日たくさん動き回ってくれた若衆の女の子たちも朝から来てくれていました。

▼さすがにちょっと眠たそうですね。笑

こどもさんの数は毎年少なくなっており、今年は今まで一番少ない人数。だんだんこういう時代になってきているのかなとも思いつつ、やはりこの大切な文化をしっかりと残していきたいなという想いも強くあります。

▼残したいこの景色

同じ町に住む小さなこどもさんとお年寄りの方が同じ場所に集うことが今は少なくなってきている。その中で祭や地蔵盆、町会行事というものはそれを繋ぐ大切なイベント。

人生の先輩方から素敵なお話を伺ったので、地蔵盆についてはまた明日ぐらいに深く書こうと思います。

そして会館で懇親会をおこない、その後一旦帰宅。

ぶっ飛ばして16分でブログを書いて、先輩・後輩が待つ、こちらもいつもご祝儀を下さる地元の鶏焼肉のお店・しぎの家さんへ。

▼海鮮物も美味しいです

普段あまり集まらないメンバーでプライベートな話、バカ話、祭の話と、色んな話が出来てすごく有意義でした。またこのことについても別の記事で書きたいと思います。

最後に一人だけオムライスを注文し、一人で平らげた大食漢の鍼灸師だんじょーの投稿は以上です!

それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋いでみんなが楽しめる場、500人規模のフェス「 縁日BBQ 」を主催。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは5年間5ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-だんじり, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常, 町会, 趣味