*

だんじり だんじり祭り 日記 普段の日常 趣味

鴫野泰平会の一員として、今年も岸和田だんじり祭へ。

西武の平良投手がリリーフ登板して2勝目を挙げましたね。丸い身体からは考えられないような質の良いストレートを投げる姿を見ると、どうしても将来を期待してしまいますね。いつか侍ジャパンのクローザーを背負ってほしいです。

こんにちは!未だパソコンが立ち上がらず、「 スマホでブログを書く 」という試練を頂いて3日目になる鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

岸和田だんじり祭は終わったところですが、11月に「 地車in大阪城2019 」もありますし、10月には城東地車聯合の秋祭もあります。予定が目白押しで時間を遣うことが多いですが、いつもと変わらず一日一日楽しく過ごしたいと思います!

そんな昨日は岸和田へ。

鴫野泰平会として100名程の参加。後ろの方に僕も居ますが、すごい人数ですよね。

だんじりの写真はこちら。

肉会にも参加していただいていて、普段から交流のある山本さんとの写真を少し。

その後、休憩時間を利用していつも岸和田に来たら挨拶に伺うファミリーのところへ。

いつもむちゃくちゃおもてなしをして下さるのですが、今年はベーコンエピを手作りで作って下さっていました。お世辞抜きに、売れるレベルです。今年も本当にありがとうございました!!

そしてその後は提灯を点けた灯入れ曳行へ。

僕たちが来るからと「 お小遣い 」の中からアイスクリームを買ってくれていた小学生のこどもさん。

その「 気持ち 」が何より嬉しく、涙脆い我々オジサンズは手持ちのお金をはたいて、こどもたちと一緒に屋台を行脚。岸和田の町に散財してまいりました。笑

でも人のためにそうやって思える気持ちって素敵ですよね。お父さん・お母さんから沢山の愛を注いでもらってるんだな〜と思うと共に、彼はきっと一流に営業マンになるなとみんなで話しながら詰所へ。

感極まったのか、単に酔っ払っただけなのかわかりませんが、詰所前で眠ってしまった親友の浅野くんを車で自宅まで届けて僕の任務は終了。

そんな楽しい一日でした^ ^

本日は以上です!それではまた明日〜♪

 

 

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-だんじり, だんじり祭り, 日記, 普段の日常, 趣味