*

お休み・祝日診療ご案内 だんじり 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常 趣味

未来のために。|目先の利益じゃなく、そこから何を学べるか。

大船渡高校・佐々木投手がプロ志望届を提出。世界が注目する逸材がスタートの場に選んだのは日本。牽制やフィールディングを含めた細かい技術を日本でしっかりと学びたいという意思でしょうね。基礎をしっかりと身に付けて、誰も見たことがないスーパー投手になってほしいですね。

こんにちは!毎日のブログの更新もご予約の連絡も全て今は全てスマホで行なっておりますが、果たして今スマホが潰れたらどうなるのか、考えただけでフリーズしそうな鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

サラッと書きましたが、10月19日(土)は祭礼のため休診、振替えで10月14日(月)をオープンしております。まだ空きがありますので、休みの日にしか行けないという方はぜひぜひご利用下さいね♪

さて。

そんな「 日本で一番祭礼でお休みを頂く鍼灸院 」を営む彼ですが、11月2日・3日に地車が33台集まる地車in大阪城2019というイベントでもお休みを頂く予定とのこと。

有給制度のある会社員ではなく、あくまで自営業。休めば当然収入が減るわけで可能なら彼も休みたくはないはず。年間で最低5〜6回はあるわけですからね。寄り合いで早く閉めること、地元のお店屋さんや地域のイベントにお金を落としていくことも考えたら「 損害 」は非常に大きいはず。

だけどそれ以上に「 得るもの 」が沢山あるんだと聞きます。( だんじりバカの鍼灸師が言ってました )

町の人や同じ趣味を持つ日本中の祭好きの方々と仲良くさせて頂けるのも、祭に携わっているから。祭をしていなければ町会行事も顔を出してないだろうし、後輩にもお金を使わず服にお金を費やしていただろうし、ここまで外に出ていくこともなく現在のようにこれほどまでに人と接点を持っていなかったはず。

そんな経験をしてきたからこそ「 縁日BBQ 」というイベントを行えているし、人の縁もあり得ない程広がったし、結果お仕事に活きている分もあるわけです。

不思議ですよね、お休みを取って「 自ら収入を減らす行為 」をしているのに、巡り巡ってお仕事として還元されるって。

でもね、お仕事とか人生ってそんなものだと思うんです。自分の利益とか自分のお金のことばっかり考えてても良い循環は決して生まれない。後先とか目先のことなんて考えず、人がとにかく喜ぶような選択をしている方が人生は楽しいし、未来も明るくなる。

だんじりもね、たしかに大変な部分の方が多い。このブログでは伝えきれないしんどい事もたしかにあります。だけどそれを苦労と思うか思わないか。それから何かを得ようと思うか思わないか、そんなことを考える方が建設的なんじゃないかなと。

どんなことであれ、必ず突き進んだ先に「 学ぶもの 」があります。人と人の絆を強固にしてくれる祭なんて、携わった人間にしかない分からない素晴らしさがありますからね。

祭のような地域コミュニティがある方が災害からの復興が圧倒的に早いという話も聞きます。めちゃくちゃよく分かるし、凄く大切なこと。

そして何よりボクたちには「 未来のこどもたち 」にしっかりとこの文化を届けるという使命がありますからね。しっかり前を向いて進んでいきたいですよね。

▼楽しみながら練習する未来のだんじりファイター

途絶えさせることなく、より良い形でバトンを繋いであげられるようみんなで協力して取り組んでいきたいですね。

先日参加した囃子の練習でそんなことを改めて感じました。

本日は以上です!それではまた明日〜♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-お休み・祝日診療ご案内, だんじり, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常, 趣味