*

仕事への想い 日記 鍼灸

真摯に、まじめに、コツコツと。

ソフトバンクの37歳、中田賢一投手の阪神へのトレードが決定。かつてFA宣言した際に阪神が手を挙げた右腕。来季38歳になる投手ですが、少し手薄感があった先発投手として頑張ってほしいですね。

こんにちは!プロカメラマンさんにオススメして頂いたカメラを買ったのに、描いていた写真が未だに撮れない鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

本日のご予約の約半分が美容鍼。

加古川市や寝屋川市や東大阪市など、近隣の方だけでなく遠方の方もわざわざ足を運んでいただいてありがたい限りです。

メディア露出が増え、昔に比べて鍼灸への敷居が低くなり、特に芸能人やインスタグラマーさんの影響で美容鍼の需要はここ数年相当増えているのを肌で感じております。

何でもそうですが、需要が増えると必ずその「 群れの中から 」どうにかして抜け出そうとする方が増え、方法を工夫したり、魅せ方を変えて派手にしたり、値引きを大きくしてプロモーションをするようになります。

こればっかりは何もおかしいことではなくて自然の摂理。

数年前から少しずつ逸脱した方が増え出し、今はもうかなりの方が逸脱を完了させました。ということは振り切ったはずなのに、自分が飛び立った位置が「 逸脱 」ではなく「 当たり前の場所 」になっちゃうんですね。砂時計的な感じですね。

今の鍼灸・柔整業界はそんな感じ。

先日、経営に悩む知り合いが、業界の方がされている経営セミナーに参加したそう。

「 増税後は金額を上げます 」という誘い文句に負けて飛び付いたそのセミナー代は100万円超。もちろん1回ではなく10回程度開催。それでも1回10万円を超える金額。

そこで放たれた言葉は「 あなたたち治療家は治療技術を求めますが、経営に技術はいらない。月に500万円ぐらいならすぐに稼げますよ 」だったそう。

何だよそれ!って感じだと思いますが、今この業界はそれがスタンダードになりつつあって、ホームページもオファー( 値引き等 )も謳い文句も似たものになってきています。

ボクは大嫌いなんでそういうやり方はしませんが、今はそのやり方が安定経営につながるそう。

でもね、その時代ももうそろそろ終わりますよね。だってみんな同じやり方。同じ手法。選ぶ側の方もバカじゃない。段々見透かされてきていることを頭に入れなきゃいけない。

SNSがこれだけ普及した時代。一人の方の投稿を見続けていれば「 その方がどんな人間なのか 」「 果たして信頼出来るのか 」ということが見えるようになってきます。

だからこそ今も昔も、真摯に、まじめに、コツコツと。とにかく選んで来て下さるお一人お一人の方に対して、きっちりと向き合っていく。ボクはそれが一番大切なんじゃないかなと感じています。

人の人生は十人十色。色んな人生があって然るべきなので特に意見はしませんが、ボクは「 沢山の方 」に対してではなく「 あなたのところで施術を受けたい 」と言って下さる「 ごく少数の方 」に向けて楽しく全力でお仕事をしたいので、これからもこんな感じのスタンスでお仕事をしていきたいと思います!

本日は以上です!それではまた明日〜♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年9ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-仕事への想い, 日記, 鍼灸