*

仕事への想い 日記 鍼灸

鍼灸院もネイルサロンも、USJやスタバと同じものである。

FAの権利を獲得したプロ野球の選手たちが、軒並み権利を行使する姿がテレビや新聞を賑わせておりますが、長年球界に対して貢献した選手だけに与えられる権利。お仕事である以上、より評価し、より待遇良くオファーを出して下さる球団と交渉するのは当たり前の話ですよね。

こんにちは!パソコンの修理が完了したと連絡があったのに( 14万5千円の請求が )怖くて取りに行けない鍼灸師のだんじょーです。

というのは冗談で、朝も昼も夜も仕事終わりもあまり隙間がなかったので取りに行けませんでした。明日か明後日ぐらいに引き取りに行きたいと思います。

今日の黒板はこんな感じでした。

お仕事をしていると月~金曜日、もしくは月~土曜日など、同じように過ぎ行く毎日のように感じますが、お越し下さる方にとっては1ヶ月に1回、数ヶ月に1回といった貴重な機会で、個人差はあれど大切な時間に変わりはないんですよね。

ましてや淡路島からフェリーに乗ってお越し下さる施術というものは、施術者側の人間として有難いものだと強く認識した上で「 やっぱり行って良かった 」と思っていただけるように取り組まないといけないんじゃないかなと、改めてより強く感じさせていただける出来事であります。

これは何もキョリが近い遠いに限った話ではなく「 その1回の価値 」というものを施術者は、お越し下さる方に少しでも高く感じていただかないといけないわけです。

ようは少しでも満足度が高い形で帰っていただくということですね。

その意味で言えば「 痛みを取る 」「 不調を和らげる 」といったことだけが「 治療 」というものではないのではないのかなと。

例えば空間であったり、コミュニケーションであったり、信頼関係であったり。

施術というというものは信頼関係が薄いより強固な方がより効果も満足度も上がるので、患者さんとの距離感も遠いより出来れば近い方がいいわけですよね。

「 先生と患者さん 」という分断された関係性より「 仲の良いお友達のような近い間柄 」の方がより良くて、今の時代であればそれを構築するのもさほど難しいものではなくなってきております。

その意味で言えばUSJのようなテーマパークもスタバも同じ。なぜあれだけ人が行きたくなるのか、なぜ行った後にあれだけ満足度が上がるのかといったことも我々治療院業界の人間も理解しておかないといけないんじゃないのかなと思います。

今日の話は敢えて少し抽象的に書いているので分かりづらいかもしれませんが、もし興味がある方がいればちゃんとご説明しますので、直接お声掛け下さいね^ ^

てな感じで朝から母親の病院の付き添いで、病院のスマホが触れるスペースにて書いたブログは以上です!

それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、城東区鴫野にパーソナル施術の鍼灸院をオープン。完全予約制、1日7名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年以上毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-仕事への想い, 日記, 鍼灸