*

だんじり 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常 町会 趣味

「 祭 」という特殊な環境だからこそ学べる大切なこと。

楽天・美馬投手のロッテ移籍が決まったようですね。今年の防御率は4点台でしたが6回3失点、クオリティスタートを期待できる投手。ここ数年先発投手の頭数に悩まされているチームにとっては良い補強ですよね。

こんにちは!患者さんとスパイスカレーの話をしていて無性に食べたくなっている鍼灸師のだんじょーです。にんにくが食べられる休み前を狙って食したいと思います!

今日の黒板はこんな感じでした。

羽曳野市はボクの治療院まで電車で1時間超。キッカケはブログ。その日1日記事を更新するのは誰でも出来ること。それを毎日積み重ねるだけで見て下さる方もほんの少しずつ増えてくるもの。「 日本全国の方 」ではなく、これからもボクに興味・関心を抱いて下さるごく少数の方に対して全力でお仕事をさせていただきたいと思います。

「 祭 」という特殊な環境だからこそ学べる大切なこと

さて。

「 だんじり( を動かす )行事が終了したので 」と「 縁日BBQ 」の準備に取り掛かったわけですが、どっこい昨日の仕事終わりはまたまた祭の寄り合いでございました。

おいおい、秋祭も地車in大阪城が終わったじゃねーかとの声が聞こえてきそうですが、灯( ともしび )が消えたわけではありません。逆に秋祭と地車in大阪城が終わったからこそ次への課題が出てくるわけですね。

時代が変われば曳き方も変わるし携わる人間も変わる。生活スタイルや住む町の方々も変わる中でこのまま続けていって良い部分、それではいけない部分が必ず出てきます。その都度都度で話し合っていかないと祭という文化は存続しえない。

来年の祭も、またその先の祭も楽しく笑顔で終えられるようにまた少しずつ話し合っていきたいと思います。

「 今日こそは真っすぐ帰ろう 」と心に決めていましたが、先輩方がご祝儀をいただく鴫野のお店に飲みに行くということで同行させていただきました。なのでまた飲んでしまいました。あ、ウーロン茶ですが。

でね、昨日の寄り合いはボクが圧倒的に最年少。その後の鴫野のお店でもボクが一番年下。ということでタバコを買いに行く役目を喜んで務めさせていただきました。

▼タバコは吸ったことがないので箱を預かるタイプ

昨日はこれを計3回繰り返しました。ボクの年齢は今年34歳。世間一般で見ればわりかし良い年頃にはなりますが、祭の世界で見ればまだまだひよっこ同然。雨の日でも寒空の中でも我先にと走ってまいります。

何も苦にならずに出来るのは祭のお陰。これはボクだけじゃなく同い年の友達も当たり前におこなっているし、先輩方もより先輩の前では走って買いに行かれます。でもその際に「 自分の分も買っといで 」といった形でその後のフォローが必ずある。ボクはタバコを吸わないのでそれはありませんが、昨日の居酒屋さんのお金は1円も払わず過ごさせていただきました。

先輩からいただいた嬉しいことは後輩に還す。それが祭。その優しさの循環があるのがだんじりの良さ。

親しき中にも礼儀があり、上下関係もキッチリとしている。ただその中心には愛がある。でもアメだけじゃなく間違ったことをした時には鞭も必要。それを言える関係性、受け入れられる環境を作っておくのも互いに大切なこと。

10歳も20歳も離れた先輩と毎日毎日時間を共にしてお話を聞く機会なんてそうそうないわけで。ボクがもしサラリーマンだったら、いや、今の個人事業主という環境でもだんじりという熱狂するものがなければ友達としかご飯にも行っていないはず。

やっぱり自分たちより早く生まれ、長い人生を送られている方々。同じ空間に居て時間を共有すると必ず学ぶ事があるんですね。そういう部分に接することが出来るのも祭の良さなんじゃないかなと。

そんなことを学べる場、伝えていける場で在り続けられるようにこれからも真っすぐ進んでいきたいですね。

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-だんじり, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常, 町会, 趣味