*

日記 普段の日常

くら寿司で繰り広げられた、33歳のおじさんと14歳の甥っ子の血の滲む戦い。

メジャー移籍を表明した横浜DeNAの筒香選手。連日「 通用するのか 」という記事が踊っておりますが、野球なんて実際にやってみないとわからないもの。1年目がたとえ通用しなくても、そこから何かを得たものを活かして2年目、3年目へつなげていってほしいですね。

こんにちは!仕事終わりに美容院へ行き、祭の時のようにサイドを刈り上げた後から異常に寒さを感じるようになった鍼灸師のだんじょーです。

一昨日の肉会を終え、書類を作成しなきゃいけなくて先に帰宅したのですが、帰宅後に見たインスタグラムで、浅野くんが「 桃鉄のキングボンビー 」の姿になっていて大変面食らっております。

翌日の朝9時には地域のボランティアに参加していたという二面性にも驚きです。

気を取り直して、いや、目をしっかりと保養していただくためにこちらの画像を。

蒲生四丁目にあるカフェ、チンクエチェントさん。大阪で一番美味しいフレンチトーストが食べられるお店です。( だんじょー調べ )

味はもちろんお店も可愛いしお店の方も優しいので、良かったらぜひ行ってみて下さいね。

その後、甥っ子や姪っ子たちとくら寿司へ。

▼ビックらポンに夢中になる姪っ子

「 みんなでご飯へ行こう 」となり「 土曜日だからにんにくが食べたい! 」と声を発する前に、くら寿司に決まりました。また来週リベンジします!笑

▼小学生の姪っ子が好きなもの

小さなこどもちゃんが楽しめるようにもしているし、大人が食べられるものもちゃんとあって、その上安い。だからこそ常に人がいっぱいなんでしょうね。

ボクらがこどもの頃も人気でしたが、ここまでではなかった。今の状態に持ってくるまでたくさんの企業努力があったんでしょうね。

そんな考察をしながら中学2年生の甥っ子と「 どちらが多く食べられるか 」対決。

▼序盤はおじさん劣勢

おじさんは33歳。もうそんなにガッツリ食べる年齢ではないんですが、たまにはこんな勝負もいいかなと思って追い上げていきます。

それを見た甥っ子は2皿頼み、ボクも負けじと2皿。食べ終わるや否や、もう1皿頼むと甥っ子が2皿頼むという肉弾戦。

▼善戦及ばず、完敗

く、くるしい。笑

結果はボクが19皿。甥っ子が21皿。僅差ではありましたが、負けてしまいました。いや、勝てる気は元々してなかったです。笑

最後は一つにまとめて姪っ子のビックらポン用へ。

2つぐらいアタリが出たそうですが、スターウォーズのダースベイダーとかだったらしくテンションが上がらない姪っ子。笑

玄関を出たところに置いてあるガチャガチャで機嫌を取り直してもらい帰宅。

そんなゆるーい土曜日でした^^

今日はこれからだんじり小屋の片付けに行ってまいります!

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-日記, 普段の日常