*

だんじり 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常

ブラマヨ小杉氏や森脇健児氏も!大阪の伝統文化「 地車囃子 」が鳴り響く中、ランナーの方々が駆け抜けた大阪マラソン2019。@城東区・鴫野

西武のおかわりくんこと中村剛也選手が3億5千万円で契約を更改しました。年齢から考えれば成績が落ちてもおかしくない中でここ数年で最も素晴らしい成績を残したのはさすがですよね。稀代のホームランアーティストなので、1年でも長く野球をする姿を見ていたいですね。

こんにちは!定期的にメンテナンスに行っている歯医者さんで「 4ヶ月は来なくていいですよ 」とお墨付きをもらった鍼灸師のだんじょーです。歯もやっぱり大事ですね。

今日の黒板はこんな感じでした。

12月に差し掛かり、お仕事が忙しくなったり忘年会が多くなったり大掃除などでカラダを酷使する方が多く、年末年始にからだの不調を訴える方が多くなる季節に入ってきたので、そうならぬよう、早め早めに疲れを抜いて元気な状態で年末年始を過ごせるようにしたいですね。

土曜日のご予約は、12月7日11時15分~、12月14日9時~以外、全て埋まってしまいました。それ以外の時間帯はキャンセル待ちという形でお取りすることは出来るので、またお気軽にご連絡下さいね^^

鴫野の町を彩った大阪マラソン2019

昨日は朝からだんじり小屋の片付けへ。1年間お世話になっただんじりを眺めながらみんなで片付けをしておりました。

その後お昼ご飯を食べたボクたちは、鴫野のニンニクラーメンの向かい側にある、聯合本部へ。

蒲生四丁目方面から車に載せていただいていて降りたのですが、道路が通行止めで「 斜め向かい側 」に行くのに地下鉄鴫野駅まで向かい、そこから下を潜って反対側に渡り、またそれから蒲生四丁目方面まで歩くという「 まわり道 」をしました。

▼斜め先に行くだけで20分掛かりました

普段であればごく普通の交差点、我々がよく利用させていただているごく普通の道路が「 大阪マラソン 」のコースに選ばれたんですね。

▼通行止めの中、ランナーが駆け抜ける様子

この道路に出るまでは全くこのような景色が広がっているとは思わなかったので、これほどまでに大規模に通行止めをしていることも知りませんでした。そして何より「 鴫野にこれだけのランナーが走ってくること 」が今までなかったのでビックリ仰天でした。大阪マラソンおそるべし。

これまでなかった企画に対して我々鴫野の地元民は沿道であたたかい声援を送り、またあるお店ではランナーの方の栄養補給のスペースなんかも作られていました。

なんかほっこりしますよね。

そして我々がそんな日に、そんな場所で何をしていたかというと、城東地車聯合に依頼があり、大阪の伝統芸能「 地車囃子( だんじりばやし ) 」をランナーに向けて奏でていたんですね。

▼素晴らしい音色を奏でてくれた鴫野太閤舎若手メンバー

▼すぐさまテレビカメラも駆けつけます

その先には芸人・ブラックマヨネーズの小杉さんが居られました。足は痛そうでしたが綺麗な前傾姿勢で走られており、相当練習されてきたのがひと目でよくわかりました。

その後もだんじり囃子が鳴り響く中をランナーの方々が駆け抜けていき、元気をもらいながら最後の約3キロを進んで行かれました。

▼森脇健司氏と安田大サーカスの団長

だんじりの起源は大阪城築城の際に必要だった石を運ぶ際に使われたという説があります。

その際に太鼓や鉦( かね )を叩き、曳き手を囃し立てたのが「 地車囃子 」の始まりと言われておりますが、まさに今回の大阪マラソンでも元気をもらったランナーの方も居たのではないでしょうか。

古くから伝わる大阪の伝統文化と大阪マラソンの共演。鴫野の町も普段とはまた違った盛り上がりを見せましたし、すごく賑やかなイベントだったので、ぜひ来年も鴫野の町を通っていただきたいですね。

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-だんじり, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常