*

健康 日記

我々日本人は、大災害から何を得るのか。

筋骨隆々な阪神の糸井選手が筋トレを始めたのは打者に転向してから。バットが重く感じたからとのことらしいですが、しなやかな筋肉も大事だし、カラダを大きくすることも大事。二極化して議論されがちですが、どちらも取り入れるのが一番良いんじゃないかなと感じております。

こんにちは!木曜日なのにギョーザ( にんにく無し )を食べることが出来て2020年で一番喜んでいる鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

水前寺清子さんは1日1歩、3日で3歩、3歩進んで2歩下がるそうですが、本物のチーターは「 2秒で時速72km 」まで達するそうです。世界最速の動物、恐るべしですね。

我々日本人は、大災害から何を得るのか

今日は2020年1月17日。あの未曽有の大災害、阪神淡路大震災から丸25年が経ちました。

地震が起こったのは1995年。

当時まだボクは9歳。25年前になるので小学校3年生だったはず。

地震が起きた時は家の2階で姉2人と並んで3人で寝ていて、ボクはまだ夢の中だったのですが、母親が大きな声と赤らめた顔で守りに来てくれたのを覚えています。

落ち着いてから眺めていたテレビの報道を見て、幼いながらに「 普通ではない出来事であること 」を理解しました。とにかく衝撃的だった阪神高速道路のあの姿。

毎朝届く新聞の見出し欄に表示される死者と行方不明者の数。その数が毎日増えていくのを眺めながらより理解していく地震の怖さ。

あれから25年。まだ傷は残れど、それだけの出来事があったことすらわからないぐらい平穏を取り戻した街になりましたが、決して忘れちゃいけない出来事。

もちろん阪神淡路大震災だけじゃなく、東北地震も、中越地震も、熊本地震もそう。

2011年に起こった東北地震の際は震災から2ヶ月後の5月と、4か月後の7月に、当時の職場の方々と共にボラティアで鍼灸治療を行いに宮城県へ行きました。いや、もうガレキ除去でも何でもやろうという気持ちで。

仙台市を抜け、快調に進んでいた2台の車の運転手が声掛けもせずブレーキを踏み、全員が車内から降り、何も言葉を交わさずに手を合わせた程の悲惨な情景。とにかく凄かった。

ボランティア先であった宮城県東松島市の施設内で、段ボールで各家族分の仕切りをし、毛布にくるまって生活する被災者の方々のあの姿もまた忘れられません。

とにかく「 リラックス 」には程遠い生活を送っている方々ばかりで、血圧が180や200を超える方もたくさん居られました。

だからこそ皆さま口を揃えて「 ちゃんとしたベッドに寝られるだけで幸せ 」だと話して下さっていました。

その時に気付いたんですね。鍼灸師というお仕事で大切なのは、痛みを取るとか不調を取るとかではなく、心からリラックスしていただくことだということに。

この経験はボクの治療家人生ではすごく大きなものであり、大きなターニングポイントになりました。

大きな災害が起こると当たり前が当たり前ではなくなります。だけどその分、優しさや強さみたいなものが出てくる。

数日間の施術を終えて大阪に帰るボクたちを引き留め「 お世話になったから 」と、何度断っても「 配給のイチゴ 」を渡して下さる方も居られました。どう考えても必要なのはボクたちじゃないんですけどね。そのお気持ちがすごく嬉しかった。

人って、追い込まれたり、先が見えないと感じた時の方が「 より人間らしさ 」みたいなものが生まれるんだなって感じました。

実際、命なんていつ失うかわからないもの。

だからこそ一日一日を大切に、好きなことややりたいことを我慢せず、とにかく毎日楽しく過ごしたいですよね。

災害大国であるからこそ、そこから何かを学び、前に進んでいきたいですね。

本日は以上です!それではまた明日^^

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、城東区鴫野にパーソナル施術の鍼灸院をオープン。完全予約制、1日7名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年以上毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-健康, 日記