*

カラダについて 健康 日記 自律神経 鍼灸 鍼灸やカラダについて

鍼灸師が実体験で伝える、頭痛の主が「 ストレス 」である理由。

ソフトバンクの松田選手が2年総額9億円の契約を結び直しました。36歳にしてこの契約を提示されることはすごいことですが、これだけ素晴らしい見本であり追い越すべき選手がチーム内に居るというのは若手にとっては最高の成長材料ですよね。

こんにちは!先日北新地近辺を昼間にブラブラ歩いていて、過去にアルバイトしていたお店が数軒入れ替わっているのを見てお店の存続の難しさを改めて感じた鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。私事で恐縮ですが、インカメをする際は女性の方々に「 私より前に行って! 」と言われます。それなのにまだ顔が小さく写ってすみません。

さて。

早いもので1月も残すところあと1週間。明けましておめでとうございます!って言い始めたお正月からもう3週間以上が経ちました。

あっという間ですよね。1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると昔の方はよく言ったそうですがホントに仰る通り。

過ぎていく日々をただ漠然と過ごしているとあれよあれよという間に1年が過ぎてしまうので、毎日やりたいことを決めて、楽しく過ごしていきたいですね。

頭痛の原因の主は、ストレス

この時期になると受験生の方が治療院に足を運んで下さるようになります。もちろん施術を受ける側の方として。

一昨日も看護学生の方が鍼灸を受けに来てくれて、その他大学受験前の高校生や鍼灸学生さんなんかも来てくれたりします。

みんな目標に向かって勉強をしていて、毎日たくさんエネルギーを使ってるんですね。

大体どの子も首~肩、背中や腰まわりがめちゃくちゃよく張って、頭もカチカチになっています。

頭痛や眼精疲労、時にはめまいの症状を訴える子もしばしば。起きてもスッキリしないという子も多いです。

そりゃそうですよね、1日10時間とか机に向かって勉強してるんですから。症状が出てきて当たり前です。

なのでほんの少しでも楽になってもらって、そしてその時間だけでも息抜きしてもらって「 また勉強を頑張ろう! 」と思ってもらえるように毎度施術に当たっております。

ボクも鍼灸師になる前、そして同じく柔道整復師( 整骨院の先生の資格 )になる前の国家試験勉強中に「 左の首すじ~頭にかけて 」痛みが走り、ズキンと上に走るような頭痛がありました。どちらも症状は1ヶ月ぐらい継続。

気分が乗りやすいミスチルの音楽をかけ、夜中に勉強をしようとすると決まって左の首すじ~頭にかけて痛みが走り、思うように勉強に集中できなかったんですね。

幸いボクは自分で鍼を打てるので、肩・首・背中・コメカミ、時には足や手にも鍼を施し、痛みが治まってからまた勉強を再開したりしていました。

だけどそれもあんまり長く効果が続かない。そしてどちらの時も不思議なことに国家試験勉強が終わると、途端に症状が治まるんです。

鍼を打って筋肉がゆるんでいるにも関わらず症状が楽にならず、試験勉強が終わると症状が落ち着く。

これはね、筋肉が張っているから出ていたのではなく「 ストレスが溜まっていたから 」出ていたんですね。

今思えば「 頑張らなきゃいけない 」って無意識に肩に力が入っていたんでしょうね。もしくは勉強がイヤだったか。笑

ね、これも一種の自律神経症状。

「 頑張ることと休めることのバランス 」がうまく取れていないから起こるもの。

東洋医学の考えでは「 中庸 」という言葉がすごく大切に扱われていて、頑張り過ぎることなく、はたまたゆっくりし過ぎない「 ほどほどのところ 」がちょうど良いと言われているんですね。

やっぱりこういう頑張っている時に大切にしなきゃいけないのはリラックスすること。

息抜きですね。

たとえば勉強の手を休めて美味しいものを食べるとか、外の空気を吸いながら腕を大きくまわしてウォーキングするとか、はたまた1~2時間手を休めてマッサージや鍼灸を受けに行くとかね。リフレッシュすることが大事。

勉強ばっかりやっても気持ちが滞って凝りや痛みが出やすくなります。

飲み物で言えばハーブティー、食べ物で言えばレモンとかみかん、グレープフルーツなんかを摂取して「 滞った気 」を巡らせてあげるのもgood。

頑張り過ぎやストレス性の肩こりや頭痛は、受験生だけじゃなく大人でも多い症状。

今回のような受験という形だけじゃなく、お仕事で短期間に出力を上げることがあったり、ストレスの多い業務をされるという方は「 適度におからだを休めながら 」無理なく頑張って下さいね^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年6ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-カラダについて, 健康, 日記, 自律神経, 鍼灸, 鍼灸やカラダについて