*

ヒストリー 仕事への想い 城東区や鴫野のこと 日記 鍼灸

複数の素敵なオファーを断り、26歳の若造が地元・鴫野で独立開業を選んだ理由。

2020/03/13

高校球児たちの夢の舞台である甲子園でおこなわれるセンバツ高校野球の中止が決定。球児たちは悔しいでしょうし、応援する側からしても寂しいですが、運営側サイドの方も苦しい選択だったはず。球児たちはこの悔しさを力に変えて、夏の甲子園を目指し、またこの経験を大きなプラスに変えて彩豊かな人生を送ってほしいですね。

こんにちは!文章は夜書くより朝書いた方が効率が良いということを提唱しながらも、本日は夜にブログを書いている鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

たまには「 何にもせず、だらだら過ごす 」ということを目標に掲げるのも大切。

ホントに何もしなかったらもうそれで「 目標達成 」なので、ちょっと高めで美味しいハーゲンダッツを買って食べたり、自分にご褒美を与えてあげて下さい。

自律神経の調節って自分でどうすることも出来ないと言われていますが、こういう形で操作してあげることは可能です^^

26歳の若造が、地元・鴫野での独立開業を選んだ理由

普段お仕事をしていると「 先生はいつからここでやっているの? 」とご質問いただくのですが、ボクはこの鴫野の地で開業して8年目、今年の10月で丸8年になります。なので7年半ぐらいって感じですね。

開業したのは2012年。当時ボクはまだ26歳でした。4年間ほぼ無給で弟子入りして学んだ鍼灸を中心とした技術にだけは自信のあった若造でしたが、人の縁に恵まれ、開業時にたくさんの方から御花やお祝いをいただきました。

▼これだけじゃなく中にも入り切らないぐらいたくさんの御花をいただきました

「 いさおのとこ、パチンコ屋みたいになってるやんけ。笑 」と地元の先輩からメッセージをいただいたぐらい、初日の患者さまの数より御花の方が多かったです。笑

本当にありがとうございました。今でも御祝を下さった方のお名前とお顔とお気持ちは忘れておりませんし、今後も忘れません。

もう一つよくご質問いただくのが「 こちらへ来られる方は近くの方が多いですか? 」というもの。

たしかに地元の方もたくさんお越しいただいておりますが、保険診療を撤廃して鍼灸での自費診療1本にしてからは遠方の方が圧倒的に多くなり、今では近隣の方3割、遠方の方7割というイメージです。

今月初めてお越しいただいた方を見ても、吹田市、東大阪市、鶴見区、堺市、富田林市、門真市、城東区と、大阪市以外の方が多いです。

お近くの方ももちろんですが、遠方から通っていただけるのは本当に有難い限りですね。

からだを診てくれる治療院なんて大阪だけでも星の数ほどあるのに、開業した当時はまさかまさかそんな遠方からお越し下さると思っていなくて、とにかく「 お世話になった地元・城東区や鴫野に、しっかりと診てくれる治療院が1軒ぐらいあってもいいんじゃないかな 」と思って地元での開業にこだわりました。

「 しっかりと診てくれる 」というのは技術ももちろん、自分がからだを預けたい、安心や信頼出来るという意味で、失礼ではありますが、当時はそういった整骨院さんや鍼灸院さんが( ボクの中では )1軒もなかったんですね。

だったら自分で作ろうと。

それでお世話になった地元や、地元の方に喜んでいただいて、町がより豊かになればいいやと思って周囲の反対を押し切って鴫野で開業しました。( ちなみに院がある鴫野・天王田は、城東区で一番過疎な町です )

出資するから関目に出さないか、オーナーを引退するから整骨院を引き継いでくれないか、鴫野に出してもいいから院長をやってくれないかといった素敵なお話をたくさんいただきましたが全てお断りしました。

なかなかなオファーだったので、どれかを受けていれば今ごろ金のネックレスでもジャラジャラとさせてたかもしれませんね。( 例えが古い件。笑 )

それでもね、自分の想う通りの形で運営したかったので「 細々とやっていく道 」を選択しました。

今も昔も変わらず頑固者で、自分のやりたいことをやりたい通りにやらないと気が済まないタイプなんですね。笑

色んなことにチャレンジするし、楽しいことには飛び込む人間ですが、自分がやりたいと思わなかったらキッパリと断る芯はわりと強めなタイプです。

▼開業当時、26歳のだんじょー

▼もうこんなにオジサンになりました

ここまで地元愛が強くなったのは間違いなくだんじりの影響。

「 だんじり祭 」に携わる中で地域行事に参加し、町の方と顔を合わすうちに自然と町に貢献したいという気持ちが芽生えていったんですね。

現在は遠方の方が多く、当初の予定とは少しばかり違いますが、城東区以外の方が鴫野という町へ足を運んで下さり、ボクのところで施術を受けた帰りに鴫野のお店でご飯を食べたり、お茶菓子を買って帰ったりして下さっているので、結果的には町に少しは貢献出来ているんじゃないかなと思います。

ボク一人でやっている小さな小さな鍼灸院なので、大きな病気をしたり骨を折ったりすると代わりがきかない、強い風が吹けば倒れかねないところですが、これからも頼って下さる方の生活をほんの少しでも明るく出来るよう楽しくお仕事をしていきたいと思います。

てな感じでたまにはこんなエピソードも良いかなと思って書いてみました。

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。1児のパパ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。500人規模のフェス「 縁日BBQ 」を主催。「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは6年間毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-ヒストリー, 仕事への想い, 城東区や鴫野のこと, 日記, 鍼灸