*

仕事への想い 日記 普段の日常

口コミ上位店でも派手な外観でもない、洋食店を選んだ理由と考察。

阿部監督率いる読売巨人軍の2軍相手に快勝した早稲田大学の選手たち。その中にあってドラフト有力選手である早川投手は思うような投球が出来ず。この悔しい想いを力に変えていい準備を進めてほしいですね。

こんにちは!焼肉も大好きですがハンバーグ先輩も大好きな肉好き鍼灸師のだんじょーです。

昨日のお昼は久々に先輩でした。

今日の黒板はこんな感じでした。

人間なんですんなりと言葉が浮かんでくる時もあれば浮かばない時もあります。

でもそれを心配して「 自分は続けられない 」とか「 字も上手くないし 」といった先のことばかり気にせず「 自分はどうしたいか 」ということの方が大切なんじゃないかなと感じながらボクは日々生きています。

お店を選ぶ判断基準のお話

2月初めの出来事ですが、お昼前に心斎橋で用事がありました。

用事を終わらせてから次の予定まで時間があって、ゆっくり美味しいご飯を食べて帰れる状況でした。

場所は新町寄りの心斎橋。お店は山の数ほどある場所で1つを選ぶのが非常に難しい。

そんなお昼ご飯探しの際、頭に浮かべる選択肢ってこんな感じだと思うんです。

1.知り合いがやっているお店

2.知人がオススメするお店

3.インスタで見つけたお店

4.食べログランキングが高いお店

5.歩いて見つけた雰囲気の良いお店

ボクの場合は断然1か2。もしくは3。

この時もまずはじめに「 知り合いがやっているお店 」を頭に浮かべたのですが、そこはランチがやってなかったので対象から外しました。

知人がオススメするお店もパッと思い浮かばず、インスタで見てもどれも美味しそうで選べませんでした。

で、たまたま施術にお越し下さった方がその周辺に住まれていて「 周辺でオススメのお店ないですか? 」と聞いたら「 洋食手嶋さんが美味しいよ 」と前日に教えて下さった。

▼むちゃくちゃ美味でした

よくよく考えてみると、洋食手嶋さんは別の知り合いもオススメされていたお店で、もうこの時点で行くことを決定。早速伺った次第であります。

せっかくなのでこの体験をちょこっと分解して「 学び 」に変えてみます。

最終的に2の「 知人がオススメするお店 」を選びましたが、正直美味しいランチをいただけるなら「 洋食 」じゃなくても、ラーメンでもハンバーグでもどこでも良かったんです。

ラーメンもハンバーグも同じ当落線上にあったということです。

どこも平等に選ばれるチャンスがあるのに「 選ばれるお店 」と「 選ばれないお店 」が出てくる。

その中で1の知り合いのお店に貢献できるなら尚良いし、なければ2の知人がオススメするお店へ行きたかった。

前者は「 応援したい 」という気持ちがあって、4とか5を選ばなかったのは「 失敗したくない 」という気持ちが根底にあるんだと思う。

どんなサービスでも商品でも、やっぱりお金を遣う際は間違いはしたくないですよね。情報が溢れている今は、飛び込みでお店に入るということが極端に少なくなりました。

そう考えると「 お店を持つ人がやるべきこと 」は5の店舗の外観をオシャレにすることが最優先じゃないし、はたまた3のInstagramに投稿したり、4のランキングサイトの順位を上げたりすることでもないはず。

もちろん、色んなツールで、色んな導線があって知っていただく機会を作るのは大事です。

でも、食べログ上位のラーメン屋さんと、内装をむちゃくちゃオシャレにしたハンバーグ屋さんが選ばれなかったのがどういう意味かということを考えると、自ずとやるべきことが見えてきますよね。

てな感じでいつもこんなことを考えている鍼灸師のだんじょーの戯言でした。

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年6ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-仕事への想い, 日記, 普段の日常