*

日記

平和の祭典『 GO FOR TOKYO2020 +1 』

城東区出身・阪神の陽川選手が自慢の打撃だけでなく足でも魅せました。外国人選手とポジションが重なり、素晴らしい成績を残してもレギュラーダッシュとまでいかないようですが、ケガや不調もあるので腐らずに結果を残し続けてほしいですね。

こんにちは!たくさんのご予約をいただき、また仕事終わりに2件の予定があって漫画家さん並みに締め切り( ブログを書くタイムリミット )に追われている鍼灸師のだんじょーです。

鍼灸師の仕事ってこんなんでしたっけ笑

東京五輪が1年程度の延期へ

刻一刻と変わる社会情勢と世界の状況。

日本は少し落ち着いているといっても、いつイタリアのようになるかもわからない現状。

そんな現状を踏まえて日本中、いや、世界中の人たちが楽しみにしていた「 東京五輪 」が1年程度の延期になることが決定。

世界が、日本という国が、東京という街がこの東京2020のために準備をしてきた祭典なので、出来るなら今年の開催が見たかったのが本音。

選手たちはこのために4年間準備をし、またこの1年のために調整をしてきた選手もたくさん居たはず。

中にはこの東京五輪で日本代表のユニフォームを背負い、来年から日本を離れてプレーすることを考えていたアスリートも居たでしょうし、今年が体力的なピークだという選手も居たはずです。

それを想うとすごく心苦しいですが、しかしこの決断が下ったのだから、国も街も選手も我々ギャラリーも、準備するしかないんですよね。

不平不満を言ったって現状は変わらない。

中止という選択がなかっただけ有難いと捉え、そこに向けて最善の準備をしていくというのが最も賢明な考え。

ある意味「 東京五輪を楽しみに待つ期間がこれまで以上に増えた 」と捉えればプラスな出来事だし、アスリートで言えば「 調整する期間が増えた 」と捉えればこちらもプラス。

そんな五輪史上初めての出来事にボクたちが生きている間に経験出来たこともプラス。もうプラスしかないし、何より前を向くしかないんです。

今回のこのコロナウイルス騒動、そしてオリンピックの延期という現状を振り返って改めて「 スポーツというものは平和であるからこそ楽しめる 」ということがわかりましたよね。

戦争もダメだし、健康を維持することも大事。

オリンピックの理念に「 スポーツを通じて平和な世界の実現に寄与する 」というものがありますが、コロナウイルスに打ち勝ち、日本だけでなく世界中の人たちが安心してスポーツに集中出来る状況になって、この「 平和の祭典 」を見届けたいですね。

暗いニュースをポジティブな出来事と捉えて一緒に前へ進んでいきましょ~^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、城東区鴫野にパーソナル施術の鍼灸院をオープン。完全予約制、1日7名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年以上毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-日記