*

カフェ 仕事への想い 日記 普段の日常 趣味

15年ぶりに頂いた1杯1000円のコーヒー|太閤園の喫茶スペース

開幕から素晴らしいスタートを切ったダルビッシュ有投手。奥様のブログに登板後の食事メニューが載っているのですが、ご飯と麺類のどちらを食べるかわからないから両方用意していたとのこと。プロスポーツ選手も大変ですが、支える奥さまのサポートもあっての結果だということがよくわかりますね。

こんにちは!ペットボトルに付いた水滴避けとして使っているカバーのキャラクターがムーミンであることをこのブログで初めてお伝えした鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

コロナ禍のあまり陽の目を見ない損害ですね。もう手動でいいんじゃね?と思っているので当分それでいきたいと思います。

2周年を迎えられた玉造・totoバーガーさんの2周年記念バッグを手土産に持ってきてくれたエアコンクリーニングの森野氏。

本人も、お店も、ボクもみんな喜ぶ三方良しの手土産。

野球で甲子園に出て国体も優勝して身長も180センチを超えたイケメンでありながら、そんな三方良しのチョイスをしてくるなんて天は一体ナンブツ与えれば気が済むのでしょうか。笑

さて。

日曜日に朝から地蔵盆の準備をおこない、その後すぐに太閤園さんにて結婚式の打ち合わせをおこなっていたことをこちらのブログで書きました。

▼お庭の景色が素敵です

大阪市内、それも京橋周辺にこんな素敵な景観のお庭があるなんてにわかに信じがたいですが、こちらで結婚式を挙げられる方のほとんどが、この素敵なお庭が好きで選んでいるのだと思います。

そんな素敵なお庭は結婚式を挙げなくても、入り口正面にある喫茶スペースでお茶をすれば体験できるんですね。

写真右下に少しだけ写っているかと思いますが、コーヒーをいただきながらお庭の景色を眺め、はたまた結婚式を挙げて祝福を受けている新郎新婦の姿や前撮りの撮影をされている様子も眺めることが出来ます。

▼そこで少し休憩していました

そんな素敵な喫茶スペースには大相撲の後援会さんのパーティーでお囃子を叩かせていただいていた19歳~20代前半頃よく入らせていただいていて、町の長老にコーヒーをご馳走していただいておりました。

「 このコーヒーは1杯1000円するんや 」と教えてもらいながら苦いコーヒーをちびちび飲んでいたのを覚えています。

先日は打ち合わせと打ち合わせの間に少し時間があり、ブログを書くためにコーヒーを飲める場所が必要でした。

京橋はたくさんお店があり、はたまたコンビニの100円ほどのコーヒーを買って車の中で飲むということも可能だったのですが、もう少し広いところでゆっくりくつろぎながら過ごしたいと太閤園の喫茶スペースへ。

1杯1000円のコーヒーなんて普段飲むことがないので、ボクの心のもったいない精神が沸いて出てきたのですが、ホントに1000円だったかの確認も込めて入ったらホントにその金額でした。笑

それでもね、ゆったり落ち着いた空間で、景色もいいし、幸せな気分になるしホントに素敵な空間です。

コーヒーの中に入っている氷もコーヒーで出来ていて、溶けて水っぽくなるのではなく、時間が経てば経つほどコーヒーの量が増えるので「 ゆっくり過ごして下さいね 」という長居することを想定した設定。

はじめから「 羽を伸ばしていただくこと 」をコンセプトにしているからこその価格設定。

空間とか体験価値ってすごく大事だなということをセミナーに行かず1000円で体験出来たと感じれば安い投資ですよね。

そして約15年ぶりに飲む1000円コーヒーの味は決して絶賛するほど美味しいものではなく、空間がなければ頼まない代物だったことをお伝えして本日の記事を〆たいと思います!笑

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年6ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-カフェ, 仕事への想い, 日記, 普段の日常, 趣味