*

めまい 健康 免疫力 女性のからだ 日記 産後 睡眠 自律神経 豆知識 鍼灸

鍼灸師・段上 功が取り組む、誰でもかんたんに出来る養生法。

今日の試合で先頭打者本塁打を放った西武・外崎選手。西武に入団するまでは一般の野球ファンに決して名前が轟いていた選手ではないですが、侍ジャパンに名を連ねるほどになりました。センスももちろんですが、本人の努力がやはり大切な世界なんでしょうね。

こんにちは!休み前には「 にんにく 」と決めていて王将のギョーザを食べ過ぎ、お腹をギュルギュル言わせながらブログを書いている鍼灸師のだんじょーです。

大切なのは真ん中に戻すこと

下痢しながら書いてる34歳のオッサンが言うのもなんですが、普段から「 だんじょーくんは元気だね 」と言っていただきます。

そこそこアクティブに過ごしているのでそう言っていただけるのですが、昔はあまりからだが強い方ではありませんでした。

こどもの頃は未熟児で生まれましたし、アトピーもぜんそくも持っていて、小児科によく行っていたのを覚えています。( 超猫背で姿勢矯正ギブスも買ってもらってました )

中学校の頃も野球の影響で右ヒジを骨折し、左投げに転向して左肩を痛め、ランニングばかりしていたら股関節の炎症、足にある種子骨を骨折したりと、もうとにかくずっと病院通い。

専門学校時代は肩こりもあったし、( 勉強のストレスで )頭痛もあったし、腰痛も股関節痛もありました。

肋骨も2回骨折しましたし、足首を捻ってヒビが入ったこともありましたし、ひと通りの不調やケガは経験したんじゃないでしょうか。

いつ頃からか姿勢やからだの動き、なぜ痛みが出るのかを勉強するようになり今に至るのですが、色んな痛みや不調を経験したからこそメンテナンスに来られる方の気持ちが理解できる部分もありますし、お伝え出来ることもあるんじゃないかなと思います。

色んな不調や痛みを経験してきて行き着いたのが「 未然に予防すること 」の大切さ。

肩こりでも頭痛でもめまいでも、必ず不調を生む原因が日々の生活の中にあって、その「 毎日の積み重ね 」によって、症状が生まれてきます。

なので疲れたら休む、冷やしたら温める、頑張ったらご褒美をあげる、食べ過ぎたら少しひかえるということを日々無理なく続けていくのが大事。

マイナスが積み上がっていくのを放っておくのではなく、マイナスになる出来事があったら一旦「 プラスマイナスゼロの位置 」に戻すようなイメージ。

毎日するか、溜め込むか。簡単に言うと掃除と一緒ですね。

東洋医学ではこの真ん中に戻す考え方を「 中庸( ちゅうよう ) 」と呼ぶのですが、これを頭に入れておけば何も気にせず過ごすよりかは元気にアクティブに過ごせますよ^^

てことでボクはからだが強いのではなく、自分のからだを理解し、養生しているという表現が正しいですね。

それでもなかなか自分のからだを理解するのは難しいかと思うので、自分はどんなタイプなのかわからない方はいつでもお気軽にご相談下さいね^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年6ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-めまい, 健康, 免疫力, 女性のからだ, 日記, 産後, 睡眠, 自律神経, 豆知識, 鍼灸