*

カラダについて ホルモンバランス 仕事への想い 健康 女性のからだ 妊婦さん 日記 産後 豆知識 鍼灸 鍼灸やカラダについて

冷えは厳禁!でもなぜ冷えると、寝違えやギックリ腰が出やすくなるのか。

来季の戦力構想外と宣告された阪神の能見投手が9回に登場。スラリとした長い手足から148キロのキレの良い速球を連発。まだまだ活躍出来る力がある投手なので1年でも長く現役の姿を見ていたいですね。

こんにちは!早く映画を見に行きたくて鬼滅の刃のアニメを急ピッチで見ている鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

鍼灸師だんじょー調べではありますが、全集中すべき部門世界ランキング1位は「 冷え 」です。

北海道はもう雪が降っているそうですが、あまり雪が降らない街・大阪でもここ最近は朝晩がかなり冷え込んできております。

季節が変わると自律神経やホルモンバランスの乱れも出てきますし、こうやって冷えてくるとギックリ腰や寝違えのような「 強い痛み 」が出てきてしまうんですね。

冷やさないようにする、温かく過ごすというのが何よりも大切なことなんですが、何で冷えるとこうやって痛くなるのか。

もちろんご存知の通り「 筋肉が硬くなるから 」というのが理由なんですが、では何で筋肉が硬くなると痛みが出やすくなるのか。

それは「 その前から、すでに筋肉が硬くなっているから 」というのが原因なんですね。

買ったばかりの新鮮で「 柔らかく伸び縮みする輪ゴム 」と長年使い古して「 カチカチに固まった輪ゴム 」なら後者の方が圧倒的に千切れやすいですよね。

それと同じです。

人間の筋肉の場合、筋肉を硬くする要因がいくつかあります。

・冷え
・長時間の同姿勢
・体勢や姿勢の悪さ
・運動不足
・使いすぎ
・緊張、ストレス、疲れ、不安、悩み
・疲れへの無自覚

1つでも当てはまるようであれば、その日必ず疲れが溜まっています。

疲れは筋肉を硬くするので、知らない間に使い古した輪ゴムのようになっていくんですね。

そしてその硬くなった状態のからだに「 冷え 」がやってくるから強い痛みが出るんです。

なので「 痛めた首や腰の違和感を取ること 」はあくまで痛み止めに近いものであり、根本的に治していきたいと考えたら「 痛くならない生活を心掛けること 」ということが必要なんですね。

ボクは「 からだの不調でやりたいことが出来ない 」ということがキライな人間なので、セルフケアや痛めないからだのメンテナンスをオススメしております。

その方が仕事も育児も遊びもスポーツもパフォーマンスが上がるので、出来ればそっちの方がいいですよね。

どうしても人は「 からだをケアすること 」を後回しにして「 痛みを取ること 」にフォーカスしてしまいますが、それって実はすごくコスパが悪いですよというお話をさせていただきました。

とはいえ痛みが出ればしっかり診させていただきますので、その際はお気軽にお申しつけ下さいね^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年9ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-カラダについて, ホルモンバランス, 仕事への想い, 健康, 女性のからだ, 妊婦さん, 日記, 産後, 豆知識, 鍼灸, 鍼灸やカラダについて