*

日記 普段の日常 趣味 野球

妻のスイングは意外と豪快?夫婦で新森バッティングセンターへ。

12球団合同トライアウトで3者連続三振を奪った日本ハム・宮台投手。右打者の外角低めいっぱいに決まるチェンジアップとストレート、左打者の外角に逃げていくあのスライダーがあれば、まだまだプロの世界で活躍出来そうですね。

こんにちは!トライアウトが全く見られなくても後からTwitterで動画を拾っていけば色んな情報を取得できることを知っている鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

元メジャーリーガー、阪神時代にボクはずっと下敷きを持っていた大ファンの新庄剛志選手。

48歳、14年のブランクがある中でプロを目指すと発言し、そしてそこに向けてまわりを楽しませながら努力していく姿はやっぱりスターですよね。

どこかの球団が獲得して、またプロの世界でプレーする姿を見てみたいものです。

そしてそしてこちらも大ファンの藤川球児投手がYouTubeを開設されました。

ボクの24時間がまた削られることが必至ですが楽しみに拝見させていただきたいと思います。

さて。

そんな野球好きなだんじょーですが、毎日毎日野球関係のYouTubeを見ているとだんだん野球がしたくなってきて、先日妻とともにバッティングセンターへ行ってきました。

おそらくバッティングセンターに行ったのは甥っ子が小学校4~5年生の頃なので、5~6年ぶり。

城東区・鶴見区あたりで野球に携わっていた方なら一度は行ったことのある、新森バッティングセンターへ行ってきました。

学生時代にテニスをやっていたという妻はそこそこスイングの形が出来ていて、テニスとは少し違って「 右脚に体重を乗せて打つ 」という話をしたら快打を連発していました。

▼おぬし、なかなかやりおるな…

ボールを打つという行為自体はテニスも野球も同じなので、テニス経験者の方はやはり野球の上達も早いですね。

しかしながら体重を乗せるという意識が強すぎて一度四股を踏むようにどっしりとしゃがんで、外国人助っ人みたいでした。笑

そして私だんじょーの出番。

5~6年ぶりのバッティングセンターだというのにいきなり110キロのボールでチャレンジ。

バットは重いし、ボールは速いし、しっかりと脚に力が入らずふにゃふにゃするしで散々な結果でした。笑

なので次はゆっくりめなスピードに変えて、自分のフォームを思い出しながら丁寧に打っていきました。

タイミングさえ合えばしっかりと打球が飛んでいくことにビックリ。今よりもっとひょろひょろだった学生時代よりは体重が増えている分よく飛ぶんでしょうね。

代償として昨日と今日は脚が筋肉痛で筋肉痛で。またでもこれが心地いいんですけどね。笑

たまにはいいですね、こうやってからだを動かしてバッティングするって。

お気付きの通りワタクシだんじょーは野球があまり上手くないですが「 左右両方の打席で打つこと 」が出来ます。何なら打つだけじゃなく、少しぐらいなら左で投げることも出来ます。

それは学生時代にヒジを壊したから。

どのスポーツ整形に行っても「 1年間投げてもいけないし、打ってもいけない 」と言われたので「 ほんなら左投げ左打ちに変えてやったるわ! 」と負けず嫌いなだんじょー少年は一時、左投げ左打ちでプレーしていました。

なのでどちらもあんまり上手くないですし、むしろ右投げも右打ちも中途半端なんですが、下手くそでも楽しむことが出来るのが野球の良さ。

動画をアップしたら「 ウチに助っ人に来ない? 」と何人かの方に誘っていただいたのですが、明らかに足を引っ張るのでもう少しトレーニングしたいと思います。笑

最後に右脚に体重が乗って、ボールをしっかり引き付けられている妻の写真を載っけて本日のブログを終えたいと思います。

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。1児のパパ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。500人規模のフェス「 縁日BBQ 」を主催。「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは6年間毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-日記, 普段の日常, 趣味, 野球