*

ヒストリー 仕事への想い 日記 鍼灸

穴の開いた靴下で、毎日楽しく過ごしていた23歳。

エンゼルスの大谷翔平選手が素晴らしい弾道、素晴らしい打球速度のホームランを放ちました。今年は左膝の状態も良さそうなので投打二刀流でこれまで以上の成績を残してくれそうですね。楽しみにしています。

自分の好きなことをしたいと言って大学を辞めてパソコンを触る道から足を洗ったのに、ブログを書くために毎日パソコンと睨めっこしている鍼灸師のだんじょーです。( プログラミングは苦手ですが、文章を打つのは大好きです )

今日の黒板はこんな感じでした。

家に帰ったり、部屋に入ると空気清浄機が稼働、いや、躍動し始めます。心当たりはありません。

穴の開いた靴下を履く23歳

先日吉野家へ行ったら「 この時間はテイクアウトのみですがいいですか? 」と言われて、生まれて初めて吉野家の牛丼をテイクアウトをして家で食べました。

牛丼大盛、半熟卵付きをいただきながら「 鍼灸の弟子時代のこと 」を一人で振り返っていました。

このブログでも何度か書いていますが、無給で学んでいたボクにとって吉野家の牛丼は高級品。1ヶ月に一度ぐらい、たまの贅沢で食べていました。

育ち盛りの19歳とか20歳ですがとにかくお金がないので( お汁で )お腹を膨らすために注文は大体「 並盛+つゆだく 」。

19歳から4年間無給が続いたので、吉野家の半熟卵( おそらく50円ぐらい )をトッピングするのもためらうぐらいの23歳でした。( ご褒美の際は牛丼大盛+半熟卵 )

自身の弟子時代に早朝の新聞配達をおこなっていた師匠からは「 お金で物事を決める人間になるな 」というのはずっと言われていたので、それが当たり前なんだと思って特に苦にはなりませんでした。

しかしながら23歳にもなって破れた靴下にもお金をまわせないような生活をしていて「 自分って、ホントにちゃんと生活できるようになるのかな?笑 」という不安に駆られた時もありました。

その頃は周りと比較なんてしませんでしたが、今思うと「 自分に存在価値はあるのか? 」と悩んでもおかしくないレベルですよね。

全く悩みませんでしたが。笑

そのくせ夜中に必死でアルバイトして稼いだお金をだんじりの後輩たちに振舞う始末。( お金が貯まらない人間の典型 )

お金はないですが、めちゃくちゃ楽しく充実した毎日でした。

弟子入り先( 西淀川区と此花区 )、学校( 我孫子 )、アルバイト先( 北新地や工場など )ということで「 電車賃が月3万円以上していること 」に気付き、後に中古で20万円ぐらいのバイクを買うのですが、お金がないので親に立て替えてもらって毎月1万円ずつ返していました。

親に感謝感謝です。

そんな経験をしているので基本的に節約志向。服も17~18歳の時に買ったものを「 そろそろ何か買ったら? 」と周りの人から言われながらも今でも着まわしてますし、モノを大切にするとか、無駄遣いをしないといった心は身に付いたのかなと思います。

知り合いのお店屋さんを応援しようとしてもお金が必要なのでたしかにそれも大事です。

でもそれ以外にも大切なことがたくさんあることを知れたのがボクとしては大きかったなぁと強く感じています。

色んな働き方がありますが、いつ死ぬかわからない人生なのでとにかく自分自身が楽しく働ける環境をしっかり整えて、そしてその上で自分を頼って下さる方に全力で応えて喜んでいただく。

今までもこれからも、それが何より大切だなとボクは感じます。

「 吉野家の牛丼を食べただけ 」で1700文字もブログを書ける鍼灸師はおそらく日本でボクぐらいだと思いますが、あんまり話すとくどくなるので今日はこのヘンで^^

いつもありがとうございます!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋いでみんなが楽しめる場、500人規模のフェス「 縁日BBQ 」を主催。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは5年間5ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-ヒストリー, 仕事への想い, 日記, 鍼灸